本紙購読

特集ページ

« 町内70カ所のカーブミラー清掃 | メイン | 今日新聞2万号 激励メッセージ »

2017年5月23日 (火)

別府市の公共交通活性化協議会

別府市公共交通活性化協議会(会長・阿南寿和副市長、23人)の平成29年度第1回会議が22日午後2時半、市役所で開かれた。
 今回から、より多くの利用者などからの意見を聴くため、市身体障害者福祉団体協議会と一般社団法人別府インターナショナルプラザからの代表者が委員に加わった。

0523t2

 長野恭紘別府市長が「全国を上回るスピードで高齢化や人口減少が進んでいる。中山間地域をはじめ様々な地域で公共交通をどうもっていくのかが大きな課題となっている。さらに話し合いながら、考えていく必要がある。持続可能な公共交通をどうするか、皆さんの知見をお借りして、しっかりと作り、守っていかなければいけない」とあいさつ。
 議事に入り、28年度の事業・決算報告、29年度事業計画案・予算案について審議、承認した。28年度は、市地域公共交通再編実施計画のアクションプランの作成、おでかけ公共交通マップの作成・配布、スマート時刻表の作成・配布、東山地区での乗合タクシー実証運行計画の審議などを行った。
 委員から、スマート時刻表は、目的地別に主要なバス停の時刻や運賃が書かれて見やすいと好評だった。中でも、外国人観光客には便利だと喜ばれているとの話があった。
 29年度は、東山地区における乗合タクシーの本格導入に向けた計画審議を行う他、異なる事業者が運行するバス路線の石垣線においてバス停の共同利用の実現形態の検討、先進地視察などを予定してる。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気