« 国保税軽減判定ミス相次ぐ | メイン | 水道週間 »

2017年5月18日 (木)

アルゲリッチ氏と小澤氏共演

 第19回別府アルゲリッチ音楽祭「ベスト・オブ・ベストシリーズVol・5室内オーケストラ・コンサート」が17日午後7時、大分市のiichiko総合文化センター・iichikoグランシアタで開催され、約2千人が参加した。
 水戸室内管弦楽団が、組曲「ホルベアの時代より」op・40(グリーグ、第1曲:前奏曲、第2曲:サラバンド、第3曲:ガヴォット、第4曲:アリア、第5曲:リゴードン)と、小交響曲変ロ長調(グノー、第1楽章:アダージョ―アレグレット、第2楽章:アンダンテ・カンタービレ、第3楽章:スケルツォ、第4楽章:フィナーレ)を演奏した。演奏が終わると、会場から拍手が贈られた。
 20分の休憩後、マルタ・アルゲリッチ総監督と小澤征爾氏が登場すると、割れんばかりの拍手が会場に鳴り響いた。

05183

 小澤氏がタクトを振るい、アルゲリッチ総監督がピアノを弾き、水戸室内管弦楽団とのコラボレーションが実現した。ピアノ協奏曲第1番ハ長調op・15(ベートヴェン、第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ、第2楽章:ラルゴ、第3楽章:ロンド、アレグロ・スケルツァンド)の演奏後、来場者の大きな拍手が鳴りやまなかった。
 花束を贈呈された両氏が退場しても拍手は鳴り響き、アンコールとしてアルゲリッチ総監督がピアノソロでソナタニ短調K・141=L・422(スカルラッティ)を演奏した。
 続いて、広瀬勝貞県知事からアルゲリッチ芸術振興財団のアルゲリッチ総裁に、旭日中綬章が伝達された。
 広瀬県知事は「心に残る演奏でした。アルゲリッチ氏には毎年、大分県に来て演奏していただき19回目となりました。長年にわたる芸術活動の功労に、天皇陛下から贈られました」と祝辞を述べた。
 アルゲリッチ総裁は「非常に嬉しく思います」と答えた。
 最後にサプライズとして、小澤氏の指揮で水戸室内管弦楽団が「ディヴェルティメントK・136より第1楽章」(モーツァルト)を演奏した。
 福岡から来た女性は「グノーは聞いたことがなかったから、とても良かったです。アルゲリッチ氏のベートヴェンが聞きたくて、とても楽しみにして来ました。19回中15回来ましたが、年々チケットが取りづらくなってきました。今回はノートパソコンやスマホなどを使ったが、なかなかつながらず1時間半後に何とか繋がって席を確保しました」と話した。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気