本紙購読

特集ページ

« 高円宮賜杯学童軟式野球の県大会 | メイン | 南部、北部、西部の児童館まつり »

2017年5月29日 (月)

塗魂ペインターズがボランティア

全国規模でボランティア活動を行っている塗魂ペインターズ(宮嶋祐介会長、愛知県春日井市)が児童養護施設栄光園(江口敏一施設長、南荘園町)内の遊具などへの塗装を、26、27両日に同園で行った。九州各地から集まった同団体のスタッフと、栄光園の児童など約50人が参加。

0529o

 塗装業界の地位向上や自他共の幸福を図るための社会貢献を目的として、全国160社の塗装業社が加盟し、各地の小学校や公民館などで塗装ボランティアを行っている。大分県内では初の活動となる。
 26日と27日の午前中にスタッフが遊具、ゴールポスト、施設の壁などを塗るための下準備をし、27日午後1時から同園の子どもたちと共同で塗った。子どもたちは汚れないようにカッパを着て、好きな色を使って彩った。多目的棟の壁には葉の生い茂った大木、虹、ドラえもんの絵などが描かれた。生まれ変わった設備の前で、子どもたちは笑顔を見せた。
 午後3時からセレモニーが行われ、長野恭紘別府市長が「今回の共同作業の思い出は、子どもたちの心に深く刻み込まれたと思います。これからも活動を続けてください」とあいさつした。岩屋毅衆議院議員が「栄光園を美しくしてくれて、ありがとうございます。塗装を通して人、地域、社会に愛されるように努力する皆様に敬意を表します」と話した。昼食を提供したカレーレストラン・プルニマ別府店(野口元町)のケジャブ・カンデルマネージャーが「ボランティアに感動しました。また機会があったら頑張りたいです」とのべた。
 長崎県から来別した萩岡幸洋塗魂ペインターズ九州長は「子どもたちは普段経験できないことを体験して、思い出の残るものになったと思います。将来就職活動をするときに、この塗装の経験を思い出してもらえたらうれしいです」と話した。江口施設長が「施設そのものが地域の方々によって支えられています。今回のご厚意に感謝し、これからも道具を大切にしていきます。子どもたちは塗装をするのが初めて。やり方や要領を学び、もし塗装業に就きたいという子が出てきたら、自己実現のために重要なことだと思うので、応援したい」とお礼の言葉を述べ、萩岡九州長に感謝状を手渡した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気