本紙購読

特集ページ

« 7月9日まで市工芸研究所展開催 | メイン | 80歳の創作意欲 »

2017年6月27日 (火)

酒井寅義さんの理容店に美術作品

 酒井寅義さん(80)が経営する酒井理容店(松原町13-7)の店内には、酒井さんが制作したお面や仏像などの作品が飾られている。

0627o

 海に流れ着いた木や発泡スチロール、割れた茶碗、蛸壺などを材料にして作った、般若やおかめ、ひょっとこ、天狗、大仏などのお面、神仏の像や鶴、人形など多彩な作品約200点を、壁や台の上などに展示。
 酒井さんは宇佐神宮で見たガラスケース内の能面に魅了され、「自分でも作れるかも」と思い立って独学で制作を始めた。約40年間作り続けている。
 面は木をノミで叩いて削り、頬や鼻などの曲線を繊細に表現。大仏の髪の毛は松ぼっくりを使った。像は流木の元々の形をできる限り生かして作っている。
 酒井さんは「材料探しで毎日海に出かけている。流木はなんと言っても形が面白い。どんな作品が作れそうか、いつも考えている。お面は裏側を削るのが難しい。表からは見えない部分をキレイに仕上げるのが重要。私から見ればごみは『ご美』、魅力ある美術品」と制作の魅力を語った。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気