本紙購読

特集ページ

« 東荘園健康志民の会と別大コラボ | メイン | 檀上榮会長死去 »

2017年6月12日 (月)

別府市民フィルハーモニア管弦楽団

 別府市民フィルハーモニア管弦楽団(内田博実行委員長)の第24回定期演奏会が11日午後2時、ビーコンプラザで開催された。

0612t3

 別府市民フィルハーモニア管弦楽団は、市内で活躍する音楽家とそれを支援する県内外の音楽家で1933年に「別府市民交響楽団」として結成された。昨年から名称を変更し、活動を続けている。
 後藤龍伸氏を指揮に、世界で活躍するバイオリニストの竹澤健さんをゲストコンサートマスターに迎え、ブラームスとモーツアルトをテーマに行われた。
 1曲目はブラームスの「大学祝典序曲Op80」。2曲目は竹澤さんをソリストに迎え、モーツアルトの「バイオリン協奏曲第3番ト長調K216」を演奏。竹澤さんは優しく繊細な中にも力強い演奏で観客を魅了した。最後は、ブラームスの「交響曲第1番ハ短調Op68」で約40分間にわたる演奏を繰り広げ、終了後は大きな拍手で会場が包まれた。

0612t3_3

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気