« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

「背広」と「制服」

 稲田朋美防相の引責辞任を経て、改めて問題点を確認整理してみよう。
 南スーダンPKOの「日報」隠ぺいが暴露され、指揮官としての能力、資質がウンヌンされた。
 冷静にふり返ってみよう。防相就任当初は将来の首相候補と持ち上げたマスコミの責任もある。議員2回当選が何で、ポスト安倍の有力候補になり得るか。次いで彼女が就任直後に発言した『防衛白書』は面白くない!」――当り前だ。深刻な国防問題、諸外国の日本侵攻を想定した分析文書が面白いワケがない。防相としてふさわしくない服装。立ち振る舞い。都議選時の応援演説。森友学園の顧問弁護士としての活動。――大枠その程度だが、深層はそこにはない。
 稲田氏と防衛省首脳との確執、陸自の文書リークの方が一大事。防相の首を取ったということは、陸自の「クーデター」。内部文書のリークは自衛隊法第58条にキッチリ抵触する。出来の悪い防相のために防衛事務次官、陸幕長が首を連ねたが、内部文書を流した制服組と、稲田氏の存在をことごとく潰しにかかった防省幹部や制服組に問題がある。この者達を探し出し、処分しなければ、第2、第3の「クーデター」が発生する危険性がある。
 稲田氏の防相執務は明らかにこれまでの方針に反する傾向がある。しかしだからといって、己の意に沿わぬ程度で業務怠慢あるいは静かなる反逆の志を抱くことは、「シビリアンコントロール」の原則から逸脱している。換言すれば「反逆の罪」に通じる。
 業務内容が深大化する「PKO」において、最高指揮官の欠落する資質は、引いては前途有意な若者をムダ死にさせることにつながる――百も承知二百も合点ながら、だからといって反旗を翻す事は、国家崩壊の序曲を自ら奏でることになるのではないか。
 防相引責7月27日をもって制服、背広の垣根を越えて北ミサイルに対処すべきだ。「背広」も「制服」も同じ志を抱く日本人同志として、等しく身に纏うべきものではないか!
     (陽)

 

別府市中体連の激励壮行会

別府市は、平成29年度九州・全国中学校体育大会等に出場する選手の激励壮行会を31日午前9時半から、市役所で行った。

0731t3

 各大会は、8月4日から25日(一部競技は11月から来年2月)まで、九州各県を中心に全国で開催される。別府市でも、4日から6日まで、市営青山プールで水泳競技の九州大会、第48回全国中学校卓球大会がべっぷアリーナで開催される。
 別府市からは、バレーボール(男・女)、バスケットボール、卓球(男・女)、空手道、陸上(男・女)、水泳(同)新体操、バドミントン、テニスに団体の部6校、個人の部39人が出場する。
 重岡秀憲別府市中体連会長(山の手中学校長)は「皆さんは県代表として九州や全国大会に出場するが、ふるさと別府の代表でもある。その名に恥じない正々堂々とした戦いを期待している」とあいさつ。
 長野恭紘別府市長が「思い切り部活動が出来る環境を整えてくれている人たちに感謝を忘れず、素晴らしい大会にしてほしい。心身共にベストな体調で臨んでもらいたい」と述べ、市スポーツ振興奨励金を各学校の代表に手渡し、握手を交わした。
 選手を代表して、山の手中学校水泳部の山本馨主将(15)が「予選で負けていった仲間やライバルのためにも、良い成績を残してきたい。ここにいるのも、顧問の先生、保護者、地域の皆さんのおかげです。感謝の気持ちを忘れず、精一杯試合に臨みたい」と力強く決意表明をした。

【団体の部】▽バレーボール・男子=朝日(佐藤学留、河野悠太、木元直人、三戸大輝、下岡博貴、岩野冬雅、相良琉翔、倉富弘太朗、上甲正一郎)▽同・女子=朝日(金子沙耶、小野瑞貴、奥園愛弓、佐藤のぞみ、藤原亜朱花、本田栞奈、東夢羽、塚本瑞生、塚本陽向、本田美月、黒佐明椰、明石望歩)▽バスケットボール・男子=明豊(木下岳人、浦田琉衣、近藤怜己、染矢楓、佐藤大地、田村雄帆、石橋佑生琴、小林巧、阿南虎太郎、穂満健太、加藤智也、田川諒、安田歩、木内奏汰、山本尭生)
 ▽卓球・男子=明豊(中村和覇、立麻楽斗、岩間充晃、平賀龍生、井上航平、田原翔太、高橋拓希、門脇康太)=九州・全国▽同・女子=明豊(新野奈月、篠田穂乃香、渡邊濃乃、秋吉翼、後藤寿來、梅木ちとせ、平賀愛梨沙、五所那智)=同▽空手道=朝日(高橋茉佑、溝部梨琴、上山朋華)
【個人の部】▽陸上・男子=後藤滉太、工藤太陽、佐藤快(北部)山本秀哉(中部)小関晃太郎、植原茂樹(青山)▽同・女子=安部晴香、西村鼓、山田文香、安部日菜、久松美優、國廣汐音(青山)國廣南海(朝日)▽水泳・男子=山本馨(山の手)=全国、藤本陽、丸山野虹輝、松川平蔵、田村烈士(鶴見台)伊東政輝(中部)小野文殊(朝日)▽同・女子=大野芹奈(朝日)佐土原里菜、佐藤愛、寺田梨和、楳木麻央(中部)
 ▽新体操=下田響己、宇都宮将輝(中部)▽卓球・男子=中村和覇、田原翔太=九州・全国、平賀龍生、立麻楽斗(明豊)▽同・女子=新野奈月、秋吉翼=九州・全国、篠田穂乃香(明豊)▽バドミントン=藤本裕也(朝日)▽テニス=木村寛治朗、高田快、高見直良(山の手)太田佳人(朝日)

 

べっぷ駅市場で丼フェス開催

べっぷ駅市場商店会(平尾隆雄会長)は「丼フェスべっぷ駅市場」を、29、30日午前11時から同市場で開催した。

0731o

 丼フェスでは受け付けで白飯入りの丼を受け取り、市場内の高田青果、野田商店、丸栄鮮魚店など9店舗(各日7店舗ずつ)でシラス、卵焼き、とり天、刺し身、ウインナーなどの具材を丼の上に次々に載せて完成させる「べっぷ駅市場丼」を、各日300杯限定で販売。参加者は出来上がった丼を休憩所でおいしそうに食べていた。
 市内在住の宮崎倫成さん(46)は「いろんな店の味がいっぺんに楽しめますね」と笑顔を見せた。
 このほか会場ではスリランカやタイなどの多国籍カレー販売や、手作りサンキャッチャー、消しゴムはんこ、ブリザーブドフラワーなどのワークショップ、別府大学短期大学食物栄養科のアイドル育ドル娘による食育の紹介を行った。

べっぷ火の海まつりが閉幕

 べっぷ火の海まつり(別府まつり振興会、同まつり実行委員会主催)で29、30日、スパビーチ会場でさまざまなステージイベントが開催された。

07312_2

 29日午後4時半から、大和撫子コンテストが開催された。どの年代も「ゆかたに親しみ、楽しむ」がコンセプト。親子や成人女性が特設ステージのランウェイを歩いた。
 続いて、ヒットパレーダースなどの演奏によるロカビリーナイト、フラ・ハラウ・オハルや大分みらい信用金庫フラ部「みらガール」によるフラダンスなどが披露された。
 翌30日午後5時から、陸上自衛隊第41普通科連隊音楽隊が「テキーラ」などを演奏。会場は大いに盛り上がった。

 午後6時からは、納涼音頭大会が行われた。大会に先立ち、梅野朋子別府まつり振興会長(市観光協会長)が「会場に来た別府市民、観光客の皆さんの参加で、盛大に開催されることにお礼申し上げます。踊りに参加する皆さんは、日ごろの練習の成果を発揮して下さい。最終日を楽しんで下さい」とあいさつ。

07313

 来賓の長野恭紘別府市長、堀本博行市議会議長が紹介された。
 長野市長は「本日、楽しみにしていました納涼音頭大会と花火大会が開催されます。熱中症対策をして、暑くて汗だくになるなら楽しく踊って下さい。湯~園地は29、30日で一万人が来場しました。その7割が県外の人でした。昼間は『湯~園地』で、夜は『火の海まつり』を楽しんでもらう趣向です。例年にない賑やかな音頭大会と花火大会になるでしょう」。
 堀本市議会議長は「火の海まつりの最後を飾る音頭大会と花火大会です。しっかりと盛り上げて、記憶に残る音頭大会、思い出に残る花火大会にしていきたいと思います」とそれぞれあいさつ。

 音頭大会は、大分みらい信用金庫、大分銀行、JAべっぷ日出、亀の井バス、中村病院など25団体約1400人が、それぞれ揃いの浴衣やハッピなどに身を包み、踊りの輪をつくった。ステージ上では、別府市民謡連合会(藤田久美子会長)が「別府音頭」「温泉踊り」「ヤッチキ」を唄い、自然と耳に入ってくる太鼓の音が響いた。

07312

 午後8時からの花火大会では、開始に先立ち、九州北部豪雨の犠牲者に対して黙とうが捧げられた。
 今回は「Sukiyaki」(Ahmir)や「楽園ベイベー」(RIP SLYME)などの曲に合わせて、約8千発の花火が打ち上げられた。ネコの形に開いた花火には、女性から「キティーちゃんだ。かわいい」と歓声があがった。
 また、烟台市市民訪問団22人も見学に来ており、花火などを楽しんだ。

2017年7月29日 (土)

「湯~園地」きょうから開園

 遊べる温泉都市構想「湯~園地」が29日から、別府ラクテンチで開園し早朝から大勢の人が訪れた。

0729t3

 昨年10月にイメージ動画を市民約150人が参加して撮影し、11月の「ONSENアカデミア」の中で、公約連動型動画として、100万回再生されれば、実現するとしたところ、3日間で100万回を達成した。その後、「税金は一切使わない」という公約の下、インターネットで一般から支援金を募るクラウドファンディングを実施した。支援金は21日現在で8182万8088円が集まり、チケットは3日間で8312枚が売れた(当日券はない)。また、ボランティアも約930人が登録し、3日間で述べ約1200人が運営を手伝う。
 開園前には、大分県出身の芸人ダイノジと大分県住みます芸人の野良レンジャーが長野恭紘市長と一緒にカウントダウンで会場を盛り上げ、予定よりも少し早く開園した。
 早い人で午前7時から来ていた人もいて、水着の上にタオルを巻いたり、Tシャツを着るなどして準備万態。ゲートが開けられると、いっせいに園内に流れ込んだ。

0729ta2

 アトラクションは全部で12種類。▽坂道を利用した「絶叫!かけ湯スライダー」▽温泉ミストが降り注ぐ「絶景!湯~覧吊り橋」▽地獄をモチーフにし、ショーも楽しめる「Oh~極楽!遊べる地獄大露天風呂」▽馬車の部分に檜の桶を設置した「湯めぐり!温泉メリーゴーラウンド」▽温泉成分の泡がたっぷり乗った「湯~園地名物!温泉バブルジェットコースター▽周辺のバーからミストが出る「散泉飛行!スプラッシュぐらいだー」
 ▽ラクテンチ名物のあひるの競争を足湯に浸かりながら、人工知能AIならぬOU(オーユー)が予想する「OUと体験!元祖あひるの競争」▽アザラシの形をした遊具に乗って水上を移動する「浮湯(ふゆ)~!ゆらゆらクルージング」▽観覧車に乗って夏の暑さをまんま体験する「別府一望!そのまんまサウナ」▽ブランコに乗って濡れた髪を乾かす「速乾!暴風ドライヤーチェア」▽温泉水を含んだ水鉄砲でもって遊ぶ「熊八ゾンビハンティング!幽~湯~列車」▽泡を入れたバーティーバスルーム「パーティーバスルーム!音楽湯~とぴあ」。

0729tb2

 他にもタレントのYOU、おすぎ、大分県出身の俳優・竹内力、園内音楽を担当した世界で活躍する日本人DJテイ・トウワさんらが来園する。
 ジェットコースターでは3時間待ちという中、熱中症対策として、水鉄砲で水をまいたり、ボランティアがうちわで仰いだり、声かけをするなどをして注意を促した。
 また、日田市観光協会もブースを設置し、水分たっぷりの美味しいスイカを販売し、人気だった。
 公開記者会見では、ボランティアの代表者らもステージに上がり、長野市長は「あっという間に100万回達成した。多くの皆さんがどうやったら出来るか考えた努力の結晶が実を結んだもの。ここまでくるまでに大成功だと思っている。このレガシーをどう残すかというよりも、これを可能にしたレガシーがこれからいろんなことをする時に、必ず出来るという土台になったと思う。こんなに楽しいことをやってしまったな、という充実感でいっぱい」と思いを語った。
 「湯~園地」は31日まで開催され、3日間で約1万2千人が訪れる見込み。

「べっぷ火の海まつり」スタート

 「べっぷ火の海まつり」(別府まつり振興会、別府火の海まつり実行委員会主催)が28日午後6時、開幕した。歩行者天国となった駅前通りの夕涼みワイワイ市(29日まで)や、海門寺公園のべっぷ屋台村(31日まで)は大勢の人で賑わった。

07293

 オープニングセレモニーが28日午後5時半、JR別府駅前ロータリー特設ステージで行われた。
 主催者の梅野朋子別府まつり振興会長(市観光協会長)が「まず、このたび九州北部豪雨で被災した方々とご家族の皆様に、衷心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興と復旧を祈念しています。これから3日間、『べっぷ火の海まつり』が盛大に開催されます。別府市民はもとより各方面の皆さん、十分にまつりを堪能して下さい」。
 来賓の長野恭紘別府市長は「『火の海まつり』の名称に戻って、2年目を迎えました。昔の賑わいに負けないようにと、ワイワイ市があり、べっぷ屋台村があって、豊の国酒蔵展があり、花火大会では8千発を上げます。湯~園地を含めたこれからの4日間は、世界で一番熱いホットスポットは別府ということで、楽しんでもらえると思います」とそれぞれあいさつ。

07292_3

 続いて、来賓の長野市長、堀本博行市議会議長、松川峰生市議会観光建設水道委員会委員長、西謙二別府商工会議所会頭、関啓二大分みらい信用金庫理事長、照山秀逸別府駅前通商店街振興組合理事長、甲斐裕明九州旅客鉄道株式会社別府駅長、後藤恭典株式会社トキハ別府店長、山口巧別府市タクシー協会会長ら、主催者の梅野会長、丸山徹別府火の海まつり実行委員長が紹介された。
 丸山実行委員長が開会宣言をし、まつりムードが一気に高まった。
 特設ステージでは、韓国慶憲綜合芸術団による祝賀公演が行われた。
 駅前通りは、ワイワイ市スタート時から出店している本音會など46店・団体が70の露店を出し、家族連れ、友人同士、留学生などが空揚げ、かき氷、焼肉、電球ソーダなどのグルメや、金魚すくい・くじ引きなど「まつり」を楽しんだ。
 海門寺公園会場の「べっぷ屋台村」では、たこ焼き、焼きそばなどの店舗が並び、多くの人が舌鼓を打った。

07293_2

 ステージでは、北浜美人クイズ王決定戦やべっぷ屋台村カラオケ大会が行われて盛り上がった。
 また、同公園東側では、「おんせん県おおいたinべっぷ 光のアート」が行われており、別府溝部学園短期大学のライフデザイン総合学科の学生が作った灯篭が並んでいる。
 まつりの29日以降のイベントスケジュールは、次のとおり。
 ▽別府駅前通り会場=夕涼みワイワイ市(29日午後6時から午後10時)▽海門寺公園会場=べっぷ屋台村(29、30日午後1時から午後10時半)、光のアート(29日午後6時から9時)、ステージ(29日午後2時・午後4時から演歌歌手山内二郎ショータイム、午後5時から国際パフォーマンスショータイム、午後7時からライブ、30日午後5時からダンスコンテスト、午後7時半から太鼓演武「豊勇會」、午後8時からHANABIコラボUCCHi&miniRAライブ、午後8時45分からライブエースベンチャーズ、午後9時20分からベリーダンス「studioAmani」、午後9時50分からフィナーレ)▽別府スパビーチ会場=第1回大和撫子コンテスト(29日午後4時半から午後6時半)、ロカビリーナイト(午後6時半から午後7時半)、納涼音頭大会(30日午後6時から午後7時40分)、納涼花火大会(午後8時から午後9時)▽北浜公園=豊の国酒蔵展(29、30日午前11時から午後5時)▽トキハ別府店大屋根下=ビューティーマルシェ(29、30日午前10時から午後5時)▽▽本願寺別府別院=お坊さんが本気で考えたお寺できもだめし(31日午後5時から8時、入場料はお賽銭)

2017年7月28日 (金)

指揮官の資質

 南スーダン派遣部隊の「日報」問題で、陸上自衛隊幕僚長の岡部俊哉陸将が辞意を固めた。
 岡部氏は1959(昭和34)年、福岡県の出身。防大25期、着任は第2師団第9普通科連隊が皮切り。このあと我が国唯一の落下傘部隊である習志野第1空挺団に。初級幹部の時代、日航第123便墜落事故(1985=昭和60年)で災害現場出動。第1陣の小隊長として活躍した。26歳の若さである。無論空挺、幹部レンジャー課程を修了した直後の派遣任務だった。このあと小倉40普連の中隊長。函館第28普連隊長、第1空挺団長、第6師団長、北部方面総監の要職を経て昨年7月に第35代陸上幕僚長に就任、将来的には次期「統合幕僚長」の呼び声も。尚武の地、九州出身の根からの職業軍人タイプ。
 南スーダンの「日報」は派遣隊員が「戦闘」があったと記載。この「戦闘」が自衛隊の海外派遣規定に抵触するため、情報の「隠蔽」とされ、引責の形を取った。この隠蔽では稲田防相や岡部氏、黒江哲郎防衛事務次官らもかかわったとされるが、岡部氏以外の去就については直後に稲田氏が辞意表明。引責は当然大臣にもあるが、遅すぎだ。加えて防衛省内局にもある。特別防衛監察の結果公表は28日(本日)。結論を待たずに逸早く決断した岡部氏にある種の敬意の念を覚える。
 基本的に防衛に関わる諸情報は、はたして全国民に知らせるべきものか、否か。その線引きは非常にせん細。全情報を公表する愚かは、国家の安全保障の面で大きくマイナスにはたらくからだ。ただ、南スーダンで「戦闘行為」が存在したなら、即座に公表して、派遣活動の継続か撤収かを政治判断させるべきだったのでは。
 岡部氏の「切腹」は今後問題を追及されてもトップの引責により、陸上自衛隊という組織を身を挺して守りぬいたことになる。一方、後出しの稲田防相、職にすがりついた不様な姿に映った。
 口を開けば「憲法改正」「9条改正」、自衛隊違憲状態を打ち破る―――など聞こえのよい、耳ざわり派手な言葉が出て来る。安倍首相の重なる庇護も見苦しかった。
 お国のために闘う、武人の嗜みを備えた部下の後を追うような身の振り方、我が国の憲法を論ずる資格はない。法解釈―――そういえば彼女、弁護士でもあった。
     (陽)

 

予言は的中!

 先日、上人ケ浜海岸で行われた親子自然観察会(コープおおいた日出センター主催)は、雨により開会が遅れた。
 関係者全員で雨宿りをしながら、開催の判断を待った。雨は止むどころか次第に強さを増してきた。これは中止かと思いかけたその時、岳尾充敏センター長がスマートフォンで天気図を見て「あと5分で止みますから始めましょうか」と言いだした。5分後に本当に止んだ。
 スマートフォンが便利なのは分かっていたが、そこまでとは…。(大平)

アチチ中央銀行12代総裁に佐藤氏

 別府の温泉文化の源泉である共同温泉を支援する地域通貨「湯路(ゆ~ろ)」を発行する、アチチ中央銀行の第12代総裁に、別府八湯温泉道名人会の佐藤正敏理事長(45)が「風呂の日」の26日に就任。梅園温泉復興湯路(縦6・7㌢、横12・7㌢)を1万枚発行すると発表。記者会見を25日午後3時、市役所で行った。第7第総裁の高崎富士夫さん、第8第総裁の菅健一さんが同席した。

0728t2_4

 「湯路」は、まち歩きのウォークや各種イベントに参加するともらえ、登録している15カ所の共同温泉で使うことが出来る。1湯路は100円相当。これまで、買い物などにも使えていたが、当初の目的達成のため、今回は共同温泉のみで使うことができる。利用期限は、通常1年間だが「梅園温泉が復興する日まで」とした。イラストは、第11代総裁でえんぴつ画家の勝正光さんが担当し、別府観光の父・油屋熊八と梅園温泉の風情が描かれている。
 裏面には、昨年の熊本地震のため、取り壊された梅園温泉再建のための寄付を呼びかけるものになっている。佐藤総裁は「共同温泉の支援というところに戻し、新たに使える温泉も4カ所増えた。これをきっかけに、共同浴場に行く人が増えて、梅園温泉のことも忘れずに支援していただけたら」と話した。湯路に関する問い合わせは、名人会事務局(電話248812)へ。

日出総合高校生が職場体験

 大分県立日出総合高校(廣田陽一校長)はキャリア教育の一環として生徒の職場体験を、28日まで行っている。総合学科2年生79人が参加。

0728o

 別府市、日出町、杵築市の41事業所で5日間の職場体験を通じて働く上で大切なことや社会人のルールなどを学び、3年生時の進路選択の参考にする。
 一般社団法人別府インターナショナルプラザ(隈田京子代表)が案内業務を行っているJR別府駅構内えきマチ1丁目別府・B-Passageの外国人観光案内所では、総合学科自然科学系列の大石雄平さん(17)が案内所に訪れた観光客をバス乗り場まで案内。目的のバス停に着くまでの間、簡単な英語や身振り手振りで積極的に交流をしていた。
 大石さんは「外国人の方の対応に最初は慣れなかったけど、話しているうちに少しずつ英語で説明できるようになってきた。『ありがとう』と言ってもらえて、とてもうれしかった。英語の勉強をもっとしたいと思った」と笑顔を見せた。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気