本紙購読

特集ページ

« 国道10号をスクランブル交差点に | メイン | 由布・鶴見岳自然休養林保護管理協議会 »

2017年7月 5日 (水)

湯~園地アトラクションで最終試験

 7月29日から31日まで実施される、遊べる温泉都市構想「湯~園地」のアトラクション「湯~園地名物!温泉バブルジェットコースター」の最終的な試験運行が5日午前10時、別府ラクテンチで行われた。

0705t3_2

 これまで、動画にあった温泉を入れたジェットコースターを実現するため、話し合いを重ねてきた。実際にお湯を入れると重量の問題で安全性が確保出来ないため、当初は実現は無理ではないかと考えられていた。しかし、実行委員会で試行錯誤しながら、温泉と植物性オイルをブレンドした「温泉バブル」を作ることで、課題をクリアした。植物性オイルは口に入っても安全なものを利用。お湯を入れるよりもはるかに軽いため、24ある座席すべてに温泉バブルを入れて運行できる準備が整った。
 この日は、立命館アジア太平洋大学(APU)の学生がコースターに乗り込み、体験。コースターが勢いよく下り、カーブを曲がるたびに泡が宙を舞った。1周2分20秒ほどで、学生たちは「楽しい」と大喜び。
 試験運行を見た、清川進也総合プロデューサーは「大切にしたのは、泡の質感。温泉に浸かっている感じがするか、泡が口に入っても安全か。そして、フル稼働しても、全員が乗って体験することが出来ない可能性もあるので、乗らずに見ているだけでも楽しめるものに出来るかを考えた」という。実施に清川氏も体験乗車し「最高だった」と振り返る。「このチャレンジを支えてくれているのは、別府市民」と話した。
 これで、湯~園地で楽しめるアトラクションは、9つになった。


google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気