« はっきり断る勇気を 消費生活モニター啓発講座など | メイン | アチチ中央銀行12代総裁に佐藤氏 »

2017年7月28日 (金)

日出総合高校生が職場体験

 大分県立日出総合高校(廣田陽一校長)はキャリア教育の一環として生徒の職場体験を、28日まで行っている。総合学科2年生79人が参加。

0728o

 別府市、日出町、杵築市の41事業所で5日間の職場体験を通じて働く上で大切なことや社会人のルールなどを学び、3年生時の進路選択の参考にする。
 一般社団法人別府インターナショナルプラザ(隈田京子代表)が案内業務を行っているJR別府駅構内えきマチ1丁目別府・B-Passageの外国人観光案内所では、総合学科自然科学系列の大石雄平さん(17)が案内所に訪れた観光客をバス乗り場まで案内。目的のバス停に着くまでの間、簡単な英語や身振り手振りで積極的に交流をしていた。
 大石さんは「外国人の方の対応に最初は慣れなかったけど、話しているうちに少しずつ英語で説明できるようになってきた。『ありがとう』と言ってもらえて、とてもうれしかった。英語の勉強をもっとしたいと思った」と笑顔を見せた。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気