« スポーツマンの愛郷心 | メイン | 市暴追事業体協議会の第35回総会 »

2017年7月15日 (土)

事故ゼロ運動開始前日に交通死亡事故

 おおいた夏の事故ゼロ運動開始前日に、別府警察署管内2人目の交通死亡事故が起きた。

07153

 14日午前11時52分ごろ、石垣東10丁目の県道で、軽四貨物自動車が歩行者と衝突する事故が起きた。軽四貨物車を運転していた西野口町の自営業、友永静弥さん(79)にけがはなかったが、道路横断中だった石垣東の無職、小原玲子さん(77)は頭部打撲、頭部からの出血、左足骨折などで由布市内の病院に搬送された。小原さんは、治療中だったが容態が急変し、2時間43分後の午後2時35分、搬送先の病院で多発性外傷による出血で死亡が確認された。
 調べによると、友永さんは軽四貨物車を運転し交差点を左折したところ、車前部が道路横断中だった小原さんと衝突。小原さんの下半身が車の下に潜り込んだ。事故に気づいた通行人が110番通報した。
 小原さんは、救急車で別府国際観光港多目的広場に搬送され、そこからドクターヘリで由布市内の病院に搬送された。
 事故現場は、片側2車線で信号機と横断歩道がある交差点。
 別府署は別府署長名で14日から18日までの5日間、交通非常事態宣言を発令。歩行者保護の活動を徹底するとともに交通指導取り締まりを強化する。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気