本紙購読

特集ページ

« 道路関係3期成会が総会 | メイン | 日出総合高校生が職場体験 »

2017年7月28日 (金)

はっきり断る勇気を 消費生活モニター啓発講座など

 別府市は平成29年度の消費生活モニター(13人)の業務説明会と啓発講座を開催した。

0727t2

 消費モニターは、商品の小売価格を調査して市に報告。併せて自身も消費選択に対する知識を学び、意見を出し、これが消費行政に反映される。1人1店舗を受け持ち、毎月1回、米、牛乳、肉(豚、牛、鶏)、魚(さば、あじ、いわし)、野菜類など29品目の価格を調べるほか、年1回、試買調査会に参加し、表示通りの量で販売されているかなどをチェック。各種講演会にも参加する。
 啓発講座では、県消費生活・男女共同参画プラザ(アイネス)の村上美佳子相談員が「消費者トラブルについて」と題して講話した。「いらないものはきちんと『いりません』『お断りします』と言うことが大切。クーリングオフにも出来るものと出来ないものがあるので、まずは相談をしてほしい。通販でのトラブルでは、初回の安い値段で買ったら、実は定期購入で解約出来ないというケースが相変わらず多い。小さい字で書かれていることもあるが、今はちゃんと明記されているので、買う時にしっかり確認することが重要。皆さんの声を受けて、法律は消費者に優しいように改正されていくので、是非、困ったことがあれば気軽に言ってほしい。どのようなケースがあるのか分らなければ改善ができない」などと話し、注意を促した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気