本紙購読

特集ページ

« 別府市中体連の激励壮行会 | メイン | 韓国済州市から公式訪問団 »

2017年7月31日 (月)

「背広」と「制服」

 稲田朋美防相の引責辞任を経て、改めて問題点を確認整理してみよう。
 南スーダンPKOの「日報」隠ぺいが暴露され、指揮官としての能力、資質がウンヌンされた。
 冷静にふり返ってみよう。防相就任当初は将来の首相候補と持ち上げたマスコミの責任もある。議員2回当選が何で、ポスト安倍の有力候補になり得るか。次いで彼女が就任直後に発言した『防衛白書』は面白くない!」――当り前だ。深刻な国防問題、諸外国の日本侵攻を想定した分析文書が面白いワケがない。防相としてふさわしくない服装。立ち振る舞い。都議選時の応援演説。森友学園の顧問弁護士としての活動。――大枠その程度だが、深層はそこにはない。
 稲田氏と防衛省首脳との確執、陸自の文書リークの方が一大事。防相の首を取ったということは、陸自の「クーデター」。内部文書のリークは自衛隊法第58条にキッチリ抵触する。出来の悪い防相のために防衛事務次官、陸幕長が首を連ねたが、内部文書を流した制服組と、稲田氏の存在をことごとく潰しにかかった防省幹部や制服組に問題がある。この者達を探し出し、処分しなければ、第2、第3の「クーデター」が発生する危険性がある。
 稲田氏の防相執務は明らかにこれまでの方針に反する傾向がある。しかしだからといって、己の意に沿わぬ程度で業務怠慢あるいは静かなる反逆の志を抱くことは、「シビリアンコントロール」の原則から逸脱している。換言すれば「反逆の罪」に通じる。
 業務内容が深大化する「PKO」において、最高指揮官の欠落する資質は、引いては前途有意な若者をムダ死にさせることにつながる――百も承知二百も合点ながら、だからといって反旗を翻す事は、国家崩壊の序曲を自ら奏でることになるのではないか。
 防相引責7月27日をもって制服、背広の垣根を越えて北ミサイルに対処すべきだ。「背広」も「制服」も同じ志を抱く日本人同志として、等しく身に纏うべきものではないか!
     (陽)

 

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気