本紙購読

特集ページ

« 別大デザイン会議・JLC合同清掃 | メイン | これも渡世の義理だ! »

2017年7月10日 (月)

天は自ら…

 東京都議に会選挙は自民党の歴史的な敗北に終わり、小池百合子都知事率いる「都民ファーストの会」が圧倒的勝利に終わった。
 「安部政権にノー!」を突き付けた―と報道されているが、まあ冷静に分析するとそうでもない。都民の都政不信は実は石原慎太郎都知事の終盤から。猪瀬直樹知事の政治献金、舛添要一前知事の政治献金の私的流用、予算の乱用。これが小池氏の登場で一気に頂点に達し、加えて自民党都連のボスの存在とその暗躍が、舛添氏の問題で大きくクローズアップされた。確かに都議選前自民党政権の批判は次々とくり返された。「森友」「加計」に加え、自民2回生議員達の失言暴言、不倫スキャンダルからパワハラ女性議員、閣僚の失言、暴言。――「低次元の批判」と言われるが、議員自体が「低次元」すぎる。だから自民党の脇の甘さが目立った。加えて安倍政権は、朝日、毎日系と読売、産経新聞系とに色分をして、対応。「改憲の詳細を知りたければ読売新聞を読め」とある政権幹部の弁・この差別、区別感がマスコミの批判に拍車をかけたようだ。己の意に異を唱える者を重用し、否とする者を除く。権力者の放漫と映っても仕方がない。
 また首相番、政権担当記者は大手の場合現下は若手が当たる。改憲に否定的な意識でズバズバ物を言うタイプは政権も力でねじ伏せる。それでも昔は中に入って調整する役職者がいた。典型的なのが幹事長時代の故田中角栄さん。そういった面から見れば、今の自民党(自民に限らず各党も)は人材不足だ。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気