本紙購読

特集ページ

« 実相寺多目的グラウンド整備 | メイン | おもてなしリーダー育成セミナー »

2017年8月 9日 (水)

西部地区館で高齢者現代セミナー

 別府市西部地区公民館(首藤忠良館長)は高齢者現代セミナーを、8日午後1時半に同館で開催した。約20人が参加。

0809o

 別府市健康づくり推進課から保健師の豊田まりさん、管理栄養士の林美貴さん、運動指導員の嶋田清美さんらが「健康寿命(日常生活の動作が問題なく行える期間)を延ばそう!」をテーマに講話や運動指導などを行った。
 豊田さんが、別府市民の平均健康寿命は男性が78・08歳、女性が83・17歳と全国平均(男性79・69歳、女性86・25歳)に比べて低いことを説明。「健康寿命を延ばすカギは『栄養』と『運動』にあります」と解説した。
 また、嶋田さんが青竹を使った運動を紹介。青竹を踏んで足指や足の裏をほぐし、「足から強くしていきましょう」と呼びかけた。このほか、健康寿命を延ばすための食事内容についての説明や、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)を予防するためのトレーニング指導も行った。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気