本紙購読

特集ページ

« 韓国済州市から公式訪問団 | メイン | 女性リーダー達の国際奉仕団体 »

2017年8月 1日 (火)

3日賑わった「湯~園地」閉園

 7月29日から別府ラクテンチで開催されていた「湯~園地」(実行委員会主催)は、31日に最終日を迎え、午後3時頃からグランドフィナーレを実施した。

0801t3_2

 ジェットコースター下の「パーティーバスルーム!音楽湯~とぴあ」会場で最後のイベントがあり、温泉成分を含んだ泡を噴射するなどして大盛り上がりだった。最後は一緒にダンスを踊り、長野恭紘別府市長も泡まみれになりながら、来場者と一緒に楽しんでいた。この日は天候の悪化が予想されたことから、予定よりも1時間早く閉園となった。
 3日間で、約9千人が訪れ、大きなトラブルもなかった。人気のアトラクションでは4時間待ちという場面もあり、並んでいる人たちのためにマジックを披露して楽しませたり、ボランティアスタッフが園内を回って熱中症対策を呼びかけるなど、細かい配慮をした。
 温泉さながら、水着の上にバスタオルを巻く人や浴衣姿の人などもいて、3日間にわたり、思い思いに楽しんでいる様子だった。
 グランドフィナーレ終了後、長野市長は記者に対し「事故がなくて、よかった。出来るだけ再現しようとみんなで努力し、これだけ多くの人に来て喜んでいただいた。誰にとってもラクテンチが重要な場所で、古いけれど新しいアイデアで斬新な新しい価値観を生み出せた。これからの活動の原点になると思う」と振り返り、次のイベントについて聞かれると「温泉と音楽の融合で豪華な皆さんをお招きしてということになると思います」と話すなど、新たな企画についても構想を持っていることを明かした。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気