« 関の江海水浴場5日で閉鎖に | メイン | 実相寺多目的グラウンド整備 »

2017年8月 8日 (火)

コープおおいた日出町で移動販売

 生活協同組合「コープおおいた」(青木博範理事長)は、日出町との包括連携協定に基づく買い物弱者支援対策として、移動販売車の運行開始式を7日午前10時半、南端目刈区自治公民館で行った。

0808t3

 協定は、お互いの社会資源、経営資源を有効活用し、地域住民の福祉の向上や暮らしの安全・安心に努める。買い物支援や地域の見守り、声かけ、高齢者および障がい者の雇用、子育て支援、災害時の物資供給など幅広い分野で協力するというもの。
 小野雄三コープおおいた執行役員組織支援本部長が「これまでも、高齢者の買い物のお手伝いなどをしてきました。県内では9台の移動販売車があり、日出町でもそのような役割を担い、暮らしの向上に努めていきたい」とあいさつ。
 本田博文町長は「高齢化が進み、買い物になかなか行けない人が増えています。中心部から離れた地域では、これまであった商店が廃業するなどのケースがある。住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、移動販売が親しまれるものになればと思います」と話した。
 移動販売車には、肉や魚、野菜の生鮮食品からお菓子、パン、手作りおはぎなどの食料品、乾電池、洗剤、ロウソクなど日常品まで約300種類があり、毎週月曜日、南端地区3カ所、豊岡地区の6カ所、合わせて9カ所に停車して販売を行う。
 目刈区自治公民館には多くの住民も訪れ、さっそく買い物をして「いろいろあって便利」などと喜んでいた。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気