« 西部地区館で高齢者現代セミナー | メイン | 別府市が「地域福祉計画策定」へ »

2017年8月 9日 (水)

おもてなしリーダー育成セミナー

 別府大学は大分県教委の依頼で県下の高校生が参加する「おもてなしリーダー育成セミナー」を9日午前10時、同大3号館ホールで開催した。県内商業系高校10校から37人、別大留学生9人などが参加した。

08093

 地方創生を踏まえビジネス活性化を推進するため、生徒に望ましい勤労観・職業観、職業に関する実際的な知識や技能を身につけさせる、また、学習意欲を監視するとともに職業選択の能力や態度を育成する。さらに、実社会や職業との関わりを通して、高い職業意識、規範意識、接遇マナー、コミュニケーション能力などの実践力と、顧客満足を高めて経営の推進を図る人材を育成することが目的。
 平成29年度は基本、30年度は実践、31年度は地域貢献活動と継続事業のため、各高校の1年生が参加している。
 開会にあたり、大分県教委高校教育課産業教育指導班の金田敏政指導主事が「皆さんには、平成31年に開催されるラグビーワールドカップで、おもてなしのリーダーとして海外から来たお客さまに観光案内などをしてもらえればと思っています。リーダーとして、勉強した内容を実践に活かして下さい」。
 友永植別府大学学長補佐は「きょう一日、しっかりと学んで下さい。そして、来年以降につながっていけばいいと思います」とそれぞれあいさつした。
 講演を、オカナ・トマース別大国際言語・文化学科講師が「外国人から見た大分」をテーマに行った。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気