本紙購読

特集ページ

« キッズスポーツ陸上体験教室 | メイン | 老いよ、さらば! »

2017年8月29日 (火)

別府親と子の劇場のワークショップ

 別府親と子の劇場(砥綿夕貴子代表)のワークショップ「スプリングドラゴンを作ってみよう!」が29日午前10時、野口ふれあい交流センター第5研修室で開催され、園児、児童、保護者ら計約20人が参加した。

08293

 講師は、劇団むすび座の藤中智光さん。同劇場が10月9日に開催する第232回鑑賞会「地獄八景亡者戯Ⅱじんたろうと眠り竜の巻」に、出演する。
 今回のワークショップは鑑賞会に先立ち、藤中さんの指導の下、チラシを使ったスプリングドラゴンを作り、鑑賞会の作品をより身近に感じてもらうことが目的。
 用意されたチラシをテープで貼ったり、山折りや谷折りをして、徐々に竜の形になった。頭や角の大きさや太さ、しっぽのふさの大きさなどは、それぞれが自由に作り、個性が出ていた。
 親や藤中さんのアドバイスで、子どもたちの「世界に一つだけの竜」が完成した。中には、ひげや牙を付けている竜もあり、動かし方のコツを教えてもらった参加者は思い思いに動かした。
 最後に、それぞれが作った竜を手に持ち、記念撮影をした。
 初めて参加した小野光大さん(7)=東山小2年=は「胴体を作るとき、紙を折るのが楽しかった。自分の竜のポイントは、先のとがった口。家でも作ってみる」と笑顔で話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気