本紙購読

特集ページ

« おもてなしリーダー育成セミナー | メイン | 油八珈琲煎餅を発売 »

2017年8月10日 (木)

別府市が「地域福祉計画策定」へ

 別府市は、「地域福祉計画」策定のための第1回委員会を9日午後2時から市役所で開き、策定方針や今後のスケジュールなどについて話し合った。
 厚生労働省は、社会福祉の増進のための社会福祉事業法等の一部を改正する等の法律による改正後の「社会福祉法」において、地域福祉の推進を掲げ、地域福祉計画の策定を市町村が主体的に取り組むように通知している。

0810t2

 委員は、有識者、福祉活動者、行政、福祉活動団体、医療団体から10人で構成されている。
 阿南寿和副市長(市長代理)が委員1人ひとりに委嘱状を交付。委員長に衣笠一茂大分大学福祉健康科学部長、副委員長に阿南副市長を選任した。
 福祉計画では▽地域の課題解決力の強化▽地域丸ごとつながり強化▽地域を基盤とする包括的支援▽人材の確保ーを柱に、支え合い、助け合い、全体の福祉ネットワークの構築を目指す。地域ごとの住民のつながりを通じて、地域の福祉力を高める。期間は平成30年度から32年度までの3カ年。
 広く住民の意見を聞くため、18歳以上の市民3千人を無作為で選び、アンケート調査を9月に実施する。近所付き合いの度合いや困っていることはないかなど30項目を提示。内容については、委員の意見を聞きながら、最終的に決める。
 アンケート調査を元に、10月頃に地区座談会を実施し、直接、市民の意見を聞き、計画に反映させていく方針。様々な取り組みが行われている福祉政策において、総合的に考え、自助、公助、共助をミックスすることで安心して暮らせる地域の体制づくりを目指す。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気