« コープおおいた日出町で移動販売 | メイン | 西部地区館で高齢者現代セミナー »

2017年8月 9日 (水)

実相寺多目的グラウンド整備

 別府市は、整備を進めている実相寺多目的グラウンドのプレオープンを17日午後6時25分から行う。

0809t3_2

 多目的グラウンドは、2019年のラグビーワールドカップの公認キャンプ地を目指すために整備されているもので、2020東京五輪・パラリンピックのキャンプ誘致や別府市民の生涯スポーツの場としても活用される。
 総事業費は3億4679万7千円。天然芝1万1703平方㍍で、スタンドベンチ約200席、コンクリートベンチ約160席で、既存のコンクリートベンチ約800席と合わせると約1160席を計画。
 4月にみんなで芝生を植えるイベントを行ったが、順調に成長し、防球ネットやナイター設備も整い、いよいよ本格使用が始まる。
 当日は開会式のあと午後6時45分ぐらいからストレッチ体操をして体をほぐしてから、タグラグビー、ミニサッカー、グラウンドゴルフ、ニュースポーツ、ウォーキング、スロージョギングなどを行う。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気