本紙購読

特集ページ

« 台風18号あす昼過ぎに最接近 | メイン | 吸う人の立場でマナーアップ »

2017年9月16日 (土)

「放置」の責め

 北朝鮮はミサイル発射をくり返す。核実験や弾道ミサイル発射により、核武装国としての存在感を示し、金正恩体制を世界にアピールしつづけ、「軍事大国」のイメージを焼き付けようにかかる。平和ボケで脳天気な日本は、Jアラートの不備みたいな瑣末な事象ばかりがクローズアップされる。核実験やミサイル発射など、一触即発となる長髪更衣をなぜ続けるのか。答えは実は簡単明瞭だ。中国にしても北朝鮮にしても韓国にしても、人民解放軍、人民軍、国軍のそれぞれが、「開戦」を経験した事がない。真の戦争の悲惨さを味わった事がないからだ。それぞれの国軍は国境線での武力介入や、義勇軍としての参戦はあったが、国家国民の安全保障という総体的な立場での「戦争経験」はない。

 日本はどうか。明治維新から近代化に入り、清国、ロシアそして太平洋戦争という3つの戦争を経験して、原爆投下による敗戦という、人類史上極めて悲惨な体験を身をもって受け止めてきた。

 誰が喜んで戦争への道を歩むか!まず犠牲となるのは若き兵士であり、その家族である。

 金正恩氏は「先軍思想」を協調するが、真に軍隊に対する思いは感じさせない。国(武)力を表示するための進化としての扱いに映る。

 外国人を平気で拉致し、その自由、人命、財産を奪う。一頃はテロ活動に専念してテロ国家としての名声を築き上げた国。今回のミサイル発射で安倍首相はこの国に「明るい未来はない!」と断じた。

 日本には対処能力が存在する。ただ過去の経験から暴走を戒め忍耐を正義とし、その行使を放棄する傾向がある。そしてこの国をそのまま「放置」して来た責任も等しくある。  (陽)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気