本紙購読

特集ページ

« 「生産」の苦労 | メイン | 別府市議会で一般質問始まる »

2017年9月25日 (月)

鉄輪湯あみ祭最終日も賑わう

 第58回鉄輪温泉湯あみ祭り(NPO法人鉄輪あすなろ会主催)が23日まで開催され、大勢の人で賑わった。

0925t3

 23日は同地の温泉を開いた一遍上人の座像を洗い清める珍しい湯あみ法要や、31人の華やかな稚児行列が行われた。
 きらびやかな衣装を着た稚児と一遍上人像は、温泉山永福寺を出発。渋の湯やむし湯で河野憲勝住職が一遍上人像にお湯をかけ、洗い清めた。むし湯前では稚児が上人像にひしゃくで湯をかけて手を合わせた。
 このあと熱の湯前や、かつての鉄輪銀座などを歩いた。大勢の家族らが同行し、カメラやビデオでわが子の姿を撮影していた。
 初めて参加したという市内の安東心春さん(7)は「最初はよく分らなくてドキドキしたけど、歩いてみて、楽しかった。お友達もできた」と笑顔で話した。
 その後、夜になると鉄輪むし湯前広場で踊り念仏の奉納踊りが行われ、餅まきで締めくくった。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気