« 別府市議会の一般質問2日目 | メイン | 別府市議会の一般質問最終日 »

2017年9月27日 (水)

別府市議会の一般質問2日目

 別府市議会の平成29年第3回定例会・一般質問2日目は休憩をはさんで午後1時から質問を再開した。
 午後からは、安部一郎氏(自民・創生)、松川峰生氏(同)、国実久夫氏(同)がまちづくりや防災、教育問題、南部振興などについて幅広く質問をした。

安部 一郎氏(自民・創生)

 安部氏は、別府市の契約の中で、地獄蒸し工房鉄輪の指定管理取り消しを受けて「業者の選定に問題があったと思う。全国で指定管理のあり方が問題になっており、総務省は指定管理の運用について、公共サービスの水準の確保という要請を最も適切なサービスを提供する者としている。指定管理の一番の目的は、市民サービスの向上。形式だけですべて業者まかせだったのではないか。ガイドラインの改定内容は」と質問。
 本田明彦総合政策課長が「モニタリングの精度を向上させ、さらなる利用者ニーズの把握をすることや募集要綱案の見直し、決算報告は公認会計士や税理士が行ったものでなければならないとした」と説明。
 さらに安倍氏は「ガイドラインが改定されて、各課も頑張っているが、同じ行政でサービスが違ってはいけない。徹底的に共有して、必要に応じて改正してもらいたい」と要望。
 忰田浩治企画部長が「各部課と協議して改定したが、必要が認められれば随時改定したい」とした。また、取り消しとなった団体への処分についても質問。伊藤慶典観光戦略部参事が「(相手側の)平成28年度決算が出て、返還金は約3100万円になると思う」と答えた。
 防災問題について、「要支援者をいかに助けるか。人の命にかかわることなので、地域の人がいかに助けるかが大切」と指摘。中西康太防災危機管理課長は「避難行動要支援者名簿が完成した。個人情報も多く、取扱いの手引きや運用マニュアル作りをし、確認作業が終わったところ」と説明した。

松川 峰生氏(自民・創生)

 松川氏は、2018年に開催される「国民文化祭おおいた2018」「全国障害者芸術・文化祭大分大会」について「様々な芸術文化を誰もが楽しめるもの。別府ではどのような事業を計画し、気運を高めるための啓発はどうしているのか」と質問。
 杉原勉文化国際課長が「リーリング事業や9つの分野別の事業を行う。チラシを配布したり、市報で周知していきたい」と答えた。
 松川氏は「発信力と別府力を発揮して、成功させないといけない。別府が最高だったとなるような体制を整えてほしい。体制はどうなっているのか。経済波及効果はどう考えているのか」と質問。
 田北浩司観光戦略部長が「必要経費は現在積算中で、3分の2は大分県負担となる。準備室は現在3人だが、来年度については考えたい」。杉原課長も「来年度の事業内容が決まっていないので、経済波及効果についてはまだ積算していない」と答えた。
 長崎県大村市が別府市に隣接する由布市七蔵司に場外舟券売場の設置を予定しており、その後の経過についても質問。原田勲明共創戦略室長が「県に明確に反対する意見書を提出した」と述べた。
 長野恭紘市長も「懸念材料が沢山ある。地元としっかり話し合う機会を持てなかったのですれ違いがあったかもしれない。(10月の選挙で)新しい由布市長にボートピアありきではなく、地元住民も喜び、交流拠点となるような新しいものを具体的に作っていきませんかと提案していきたい」とした。
 他にも教科書選択などについても質問をした。

国実 久夫氏(自民・創生)

 国実氏は、南部振興について「10年前には図書館を作るという話もあったが話はなくなり、現在はソフトボールやゲートボール、少年野球などが行われている。長野市長になってから、プロジェクトチームを作ってもらったりしたが、東側の市道を拡幅しない限り無理だと言ってきた」とし、都市計画道路の変更と今後について質問。
 山内佳久都市政策課長が浜脇秋葉線は7月の都市計画審議会で審議。8月8日付で告示をし、法的措置が終了したと経過を説明。今後については「関係部署との協議はもちろんだが、別府市としても重要な道路と考えており、しっかりとした計画を立て、取り組んでいきたい」と答えた。
 これを受けて、国実氏は「秋葉通りも20数年かかった。道路延長からみても10年かかると言われているが、5年以内に拡幅してほしい」と要望。
 また、平成28年2月に倒壊の危険があるとして、別府市が行政代執行を行った永石アパートのその後について「野ざらしになっていて、草も伸び放題。管理はどうするのか」と質問。
 渡邊克己建築指導課長は「解体費用の回収の方策を協議、検討してきたが、5人のうち1人の相続人が特定でき、市に寄付してもらうことになった。あと4人分が分からないので、不在者財産管理人の選任の申し立てをし、売却候補者も決定した。裁判所の許可が出て、問題がなければ売却し、管理は新しい所有者が行うことになる」と答えた。
 他にも、野口原陸上競技場の整備やインターコンチネンタルホテルなどについても質問した。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気