本紙購読

特集ページ

« 県体ラグビーで別府活躍 | メイン | 百年のDNA »

2017年9月12日 (火)

呉昌碩、王一亭四代及び日中合同展

 日中国交回復45周年記念「呉昌碩、王一亭四代及び日中合同展」が12日午前10時、大分県立美術館(OPAM)で始まった。時間は午前10時から午後6時。17日までで、最終日のみ午後4時まで。

09123

 上海市呉昌碩文化芸術基金会、大分県書道学会主催、上海市呉昌碩記念館、大琳書道会が運営する。
 同日は、呉昌碩氏173歳の誕生日。荒金大琳氏は、この日から開催したいという強い気持ちから今回の開催となった。
 呉氏没後90年なので、当初は90点を展示予定だったが、展示会にあたりぜひ作品を展示したいという要望があり、約100点となった。
 開会式で、中国駐福岡総領事の何振良氏が「今回のような中日合同展が開催できることは、大変うれしく思います。2千年の歴史の中で、文化と芸術は独特な役割を果たしてきました。世界で漢字を使っているのは、中国と日本だけだと思います。書道、漢詩を使えるのは、両国民だけです。呉昌碩先生は、中国だけでなく日本にも大きな影響を与えています。芸術に国境なしということを、改めて感じました」。
 寺岡悌二別府市教育長(市長代理)は「呉昌碩先生の作品など、中国の方々と芸術を通してつながりが深くなることを心からうれしく思います。別府市や日本の子どもたちに、もっと中国の歴史や文化を通して、中国と日本のつながりを深く、そして長く続くことを期待しています」とそれぞれあいさつした。
 その後、何・福岡総領事、呉氏のひ孫にあたる呉超氏ら8人がテープカットした。
 荒金氏は「呉先生、王先生の作品は最高なので、我々もそれに追いつこうと勉強している。その姿を見てほしい。大分で、このような展示会ができて感謝している。多くの皆さんに見てほしい」と述べた。
 開館前から、日中合同展を見に来た来場者が並んでおり、注目度の高さがうかがえた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気