« 2017年9月 | メイン

2017年10月14日 (土)

県農林水産祭の農・林業部門始まる

 平成29年度大分県農林水産祭の農・林業部門「おおいたみのりフェスタ」が14日から、「まるごと“おおいた”いただきま~す」をスローガンに別府公園で始まった。15日まで。

1014t3

 開場式では、実行委員会会長の広瀬勝貞大分県知事が「今年の夏は7月に豪雨、9月に台風18号と農林業にとって大変厳しい環境だった。その中でも、生産者は大災害にもめげずに生産を継続し、実りの秋に多くのものを届けてくれました。手に取り、『うまい』と一言言っていただければ、生産者もまた頑張れる」とあいさつ。二宮伊作県農業協同組合中央会長、内田幹雄県木材協同組合連合会代表理事もあいさつを述べた。
 地元を代表して長野恭紘別府市長が「大分は受難の年でしたが、例年通りの農産物をしっかりと準備していただき、盛り上がりをみせている。別府の秋の名物イベントです」と歓迎のあいさつ。来賓の井上伸史県議会議長も祝辞を述べた。

1014t2_2

 会場には、ふるさと直産・地域とれたて市やふるさとの味レストラン、別府溝部学園高校による「高校生ジビエレストラン」、ヒノキのチップ広場、チェーンソーアート、和牛オリンピックで内閣総理大臣賞を受賞した豊後牛のステーキなど多くの店が並び、野菜や加工品などを安く買えるとあって、どの店も多くの人で賑わった。
 また、今年はパンカフェコーナーもあり、15店舗が出店して自慢の手作りパンを販売した。
 東口入口では、洋ランや切り花、鉢花コーナーがあり、色とりどりの花を選ぶ人でいっぱいだった。さらに、2019年のラグビーW日本大会PRのブースもあり、子どもからお年寄りまでラグビーボールを使ったボウリングなどを楽しんだ。

大分県の地域福祉推進大会

 第12回大分県地域福祉推進大会が13日午前10時半、ビーコンプラザで開催された。福祉関係者が一同に会して地域福祉についての研さんを深め、新たに行動に移す契機として、長年の活動を称えるもの。約2500人が参加。

1014t2

 物故者に黙とうを捧げたあと、広瀬勝貞大分県知事が「日頃から、地域の高齢者やの見守りや声かけ、子育て中の若いお父さん、お母さんの支援、障がいのある人への相談、支援など様々な分野で地域福祉の向上のために貢献していただいている。住民が安心して心豊かに過ごせるようにしていただき、頭の下がる思いです。大分県は、子育て満足度日本一、健康寿命日本一、障がい者雇用日本一の3つの日本一を目指しています。皆さんのお力がないとどれも成し得ない。皆が安心して暮らせる人に優しい大分県、誇りが持てる大分県として挑戦していきたい」とあいさつ。
 高橋勉大分県社会福祉協議会長もあいさつを述べ、表彰を行った。大分県知事表彰84人、6団体。県知事賞72人、17団体。県知事感謝状33人、2団体。県社協会長表彰130人、17団体。県社協会長感謝状31人、13団体。県共同募金会長感謝状26人、17団体。県老人クラブ連合会長表彰46人、29団体の代表者に表彰状と記念品が贈られた。
 受賞者を代表して県知事表彰の久恒光子さん(中津市)がお礼を述べた。引き続き、NPO法人つどい湯さくらちゃんの丸尾多重子理事長が「笑顔で介護、介護で笑顔!大切な人が住み慣れた家、地域で暮らし続けるために」と題して特別講演を行った。
 大会宣伝では、誰もが孤立しない社会の実現を目指し、「『孤立ゼロ社会の実現』に向けてまい進する」とした。別府市の受賞者は次のとおり(敬称略)。
【県知事表彰】▽民生委員児童委員=肝付マスヱ、楫原康修、森澤明子、佐藤富美子、佐藤弘代、山川恵子、後藤とし子、河野厚子、遠藤憲子、石原孝子▽社会福祉施設等職員=今吉豊、木元栄子、栗田浩敏、越智芳子、野口和子、安部美千代▽社会福祉事業協力者=渡邉昭子
【県知事賞】▽明るい高年賞=山本益生、木村勝美、安永榮、牛島忠▽高齢者介護賞=衛藤キヌ子、堀井ひとみ▽優良老人クラブ賞=青山町いきいき長寿会▽老人クラブ指導者功労賞=野中正人
【県知事感謝状】▽民生委員児童委員=吉松諄、糸永美代子、松川昌幸、安部素子、小野利津子
【県社協会長表彰】▽民生委員児童委員=荒金潮、加川英輔、宮崎(右側 立に可)みき子、宗圀洋、加藤光雄、二宮徳夫、平井多喜江、佐藤初代、清田征代、三重野千鶴子、高橋伸子、田中稔子、須藤和世、安部當信、三ケ尻政子、山川妙子、安部ちとせ、渕野美代子、渡邉津貴子、笠置由紀江、後藤智▽社会福祉施設職員=小島明、神田拓士、栗田糸美、大林五十鈴、永井妙子、向祐二、是永世津美、渡邉加津子、大津享子、中野秀子、吉住美恵、黒田哲也▽自立更生者=坂口巌▽ボランティア功労者・団体=堀順
【県共同募金会長感謝状】▽篤志寄付者・団体=別府市仏教連合会、陸上自衛隊別府駐屯地、大畑敦志
【県老人クラブ連合会長表彰】▽老人クラブ功労者=工藤隆、利光正敏、栁瀬陽之助▽優良老人クラブ=四の湯一区ふれあい会、九十九会

2017年10月13日 (金)

「竹と月夜の調べ」に562人

 第19回竹と月夜の調べ(竹・ルネサンス実行委員会主催)が7日午後6時、別府市竹細工伝統産業会館(東荘園8丁目)で開催され562人が参加した。

10122_3

 別府市民に同会館を見てもらい、改めて竹細工を理解してもらうことが目的。
 同会館の駐車場には浮灯ろう300個、竹のオブジェ18個、竹灯ろう200セットが飾られ、オレンジ色の淡い光が来場者を出迎えた。
 開場は午後6時だったが、先着300人にお茶の接待があるため、多くの人が列を作った。開場すると、抽選番号の書かれたチラシを受け取り同会館の中に入った。
 お茶のお接待が行われる中、同館駐車場では、主催者の岩尾一郎実行委員長が「抽選で当たった竹製品だけでなく、買っていただくとともに、館内も多くの竹工芸がありますので、堪能していただければと思います」、来賓の長野恭紘市長もそれぞれあいさつした。
 多くの参加者が見る前で別府竹製品協同組合で伝統工芸士の小野信さん、佐藤正弘さんが大竹かご「四海波」の製作実演した。完成すると、参加者から大きな拍手が贈られた。
 演奏会では、大分初公演の「竹凛共振TeamB」が竹の弦楽器を使いクラシックなどを披露した。
 抽選会では、別府竹製品協同組合員の作品と、2人が作った四海波の計100点が提供された。番号が呼ばれるたびに、歓声が挙がった。

2署合同で山岳救助訓練

 別府市消防本部、由布市消防本部、県防災航空隊は12日午前10時、伽藍岳(標高1045㍍)で合同山岳救助訓練を行った。

10133

 管内には毎年多くの入山者がおり、初心者や高齢者の入山者も多く、救助事案等の災害発生が予想される。山岳救助事案発生時は迅速な対応が求められ、各関係機関の協力が必要不可欠であるため、応援体制の確立及び連携の強固が目的。
 伽藍岳を登山中の2人が、塚原鉱山付近で足を滑らせ約10㍍下に滑落。1人が携帯電話で119番通報して救助要請をした。また、ほぼ同時刻に伽藍岳から下山中の2人のうち1人が気分不良を訴え動けなくなったと119番通報があった。入電した由布市消防本部は、隣接の別府市消防本部及び大分県防災航空隊にも出動要請を行った―と想定。
 別府市消防10人、由布市消防13人が出動。県防災航空隊8人が県防災ヘリ「とよかぜ」で空から救出に向かった。塚原越周辺で、遭難者を発見し、負傷した男性を救助。応急処置をして担架で運び、防災ヘリで引き上げた。
 訓練終了報告を古長清治由布市消防署湯布院出張所長、講評を本田敏彦別府市消防署長が行った。

べっぷの海辺のにぎわい創生協議会

 べっぷの海辺のにぎわい創生協議会(会長・猪又真介副市長、19人)の第7回が12日午前10時から行われ、社会実験の中間報告や追加検討などを行った。

1013t2

 現在、べっぷの海岸みまもり隊(清掃活動)、ビーチバレーコート、べっぷシーサイドバーベキューの社会実験を行っている。みまもり隊は、昨年11月から活動を開始し、今年10月8日までに延べ340人が参加し、合計8713㌔㌘のゴミを拾った。第2日曜日で固定しているが、お盆などの行事と重なるため、見直しを検討するとともに、雨天時の活動の連絡体制などを課題としてあげた。
 ビーチバレーは、寒い11月から3月にかけては利用者が激減し、夏場の暑い時期も少し低調になる傾向。アンケートを行った結果、2時間程度の利用が多く、リピーターも多い。利用者の満足度は高く、今後の有料化についても200円から500円なら使いたいという声が多いことから、今後は有料化を視野に入れて実験を続ける。
 バーベキューは8月26日から始まったばかりだが、9月末までに29組301人が利用。実施時間が午前10時から午後6時までのせいか、平日の利用は少なく、土・日曜日に集中している。利用者は20~40代の男女の利用が多く、手ぶらで利用できるシンプルなスタイルと安価な面で評価されている。アンケートでは、「良かった」という声が多いが、「料金設定を1人当たりではなく、1セット当たりにしてほしい」「水道などが近くにほしい」などの意見もあった。
 また、「海辺の健幸フェスタ2017inべっぷ」(11月25日予定)、冬場の利用者増を目指して、スタードームの設置などの追加実験についても報告があり、了承された。委員からは「バーベキューはニーズがあると思うので、粘り強く続けてほしい」「次年度の計画を早く作り、国民文化祭のイベントとからめてもよいのではないか」などの意見が出た。

2017年10月12日 (木)

高齢アスリー トに捧げる

 第5回世界一短い徒競争選手権大会が9日、市立南立石小学校グラウンドで開催された。
 出場者に話を聞くと、10㍍と短い距離だが、いざ走ってみると予想以上に距離があるという。
 第1回目は、こけてしまう人もいたが、回数を重ねるとこける人が少なくなった。そして、大会に照準を合わせてコンディションを整える人も出てきて、大会のレベルが上がってきている。
 運動不足の記者から見ると、園児から後期高齢者が全力で走る姿は美しくもあり尊敬する。(田口)

別府市美術館が野口原に移転 12日からは市美展も

 昨年4月に発生した熊本地震の影響で、昨年7月1日から休館していた別府市美術館(西村駿一館長)が野口原の旧大分県立社会教育総合センターに移転し、12日にオープン。オープニング特別展として「第60回別府市美術展」(今日新聞社など後援)が開催されている。

1012o

 新美術館の面積は3327平方㍍で、旧館に比べて約2倍のスペース。県内出身で活動する画家や版画家、書家の作品を設置した展示室など10室、主催講座などを行う研修室3室の、計13室がある。移転費用は2869万7千円。移転した作品数は美術品545点、文化財・歴史資料412点の計957点で、現在約190点を展示している。開館時間は午前10時から午後5時(入館は午後4時半)まで。月曜日は休館で、月曜が祝日の場合は翌日が休館となる。観覧料は小、中学生50円、高校生以上100円。小学生未満と70歳以上の人は無料。
 プレオープン式典が11日午後1時半から同館で開催され、関係者約100人が参加した。長野恭紘別府市長が「市の美術館が一時的にとはいえ市内になかったことは、多くの市民にさびしい思いをさせてしまったと思う。しかし、皆様の協力のおかげでこうしてオープンの日を迎えることができた。今まで以上に親しんでもらえる美術館として、今後も新たな工夫や企画を考え、1度も美術館に来たことがないという人にも来館してもらえたらうれしい」。来賓の三重忠昭別府市議会副議長(議長代理)が祝辞。長野市長、三重副議長、工藤利明大分県教育長、荒金大琳市美術協会会長、寺岡悌二教育長、西村館長がテープカットを行った。その後、西村館長が美術館の概要を説明した。
 式終了後に内覧会が行われ、参加者はそれぞれの部屋を見学し、作品の鑑賞をした。 
 市美展の開幕式が12日午前10時から行われ、約50人が参加した。荒金会長が「今年は60回の節目。これを契機にして、今後どういう風に運営していくか論議をしていきたい。開催100回を目指し、長い歴史のパターンを作りたい」とあいさつした。その後、荒金会長、阿南寿和別府副市長、工藤和男市美術協会顧問など関係者8人によるテープカットが行われた。
 作品は協会会員や公募による日本画43点、工芸・彫刻19点、洋画41点、書道122点、写真47点の272点を展示している。特別出品として、長野市長による書道「湧湧」もある。
 自身も書道「花」を出品している市内在住の波多野巳代子さん(76)は「書は見るだけでも心が落ち着きますね」と話した。
 市美展は29日までで、午前10時から午後6時(29日は午後4時)まで行われ、最終日の午後1時半には各部門入賞作の授賞式がある。

朝日小学校で不審者対応訓練

 市立朝日小学校と朝日幼稚園は「不審者侵入時の対応・避難訓練」を11日午前9時40分から、同所で実施した。小学生606人、園児41人、別府署員5人、スクールサポーター1人、新別府自治会自主防犯見守り隊10人が参加した。

10122

 はじめに、同校体育館で園児と小学1年生106人を対象に、別府警察署オリジナル防犯ソング「いかのおすしであんぜんに」を披露。
 「いかのおすし」とは、防犯標語で「いか」ない、「の」らない、「お」おきな声を出す、「す」ぐ逃げる、「し」らせるの頭文字を取ったもの。同署のオリジナルソングには、振り付けもあり、子どもでも分かりやすく不審者への対応が覚えられる。
 続いて、中休みとなり、児童が運動場で遊んでいると、不審者役の別府警察署生活安全課員が侵入。校舎内にいた教員が気づき、不審者のもとに走って近づいた。それと同時に、警察に通報。複数の教職員が、運動場に遊んでいた児童を校舎内に避難誘導を行った。

10122_2

 保護者と言い、教職員の制止を無視して歩を進める不審者に対して、複数人の教職員が机、ホウキ、さすまたを手にして取り囲んだ。通報を受けた警察官も合流すると、不審者は近づけさせまいと腰に差していた包丁を取り出し、振り回し始めた。
 警察官が透明の盾で防御しながら、周囲から別の警察官と教職員がさすまたなどで不審者を取り押さえた。
 教室に戻った児童らは、教職員が他に不審者がいないことなど安全が確認されたため、体育館まで避難した。
 体育館で、別府署生活安全課員が「今回の訓練で、校庭に入ってきた不審者に近づく児童がいましたが、本当に不審者を見たときは逃げて下さい」。
 伊藤敏幸新別府自治会自主防犯見守り隊隊長は「訓練をしっかりしておくことが、いざというときに役に立ちます。朝日小の児童が事件に巻き込まれないようにしましょう」とそれぞれ述べた。
 最後に、高橋一成校長が「皆さんの命は1つしかありません。今回は、命を守る行動をする訓練でした。反省すべき点があったと思いますので、きちんと反省をして下さい。いつ不審者が来るか分かりませんので、引き続き命を守る行動をして下さい」と生徒に呼びかけた。

2017年10月11日 (水)

熱中症は続く

 運動会など秋のイベントが実施されている9日、夏によく聞くセミの鳴き声が聞こえた。
 従来であれば、10月になれば長そでを着て動く人が多くなるが、温暖化の影響か半そででも汗ばむ陽気があり、セミも元気に鳴いている。
 大分地方気象台は、5日からの1カ月の平均気温は高い確率が60%、7~13日の気温は、平年より高い確率が70%と予想している。
 まだまだ暑い日があるので、熱中症にならないよう水分・塩分の補給をこまめにしないといけません!(田口)

別府湯けむり健康マラソン大会

 第30回別府湯けむり健康マラソン大会(同実行委員会)が8日午前9時半、志高湖・神楽女湖周辺で開催され、3つのコースに1319人が出場し、応援や観客など計3579人が参加した。市教委、別府商工会議所、市観光協会、市体育協会、市自治委員会など後援。陸上自衛隊別府駐屯地、市スポーツ推進委員協議会、別府青年会議所、市陸上競技協会、市医師会、市消防本部、市旅館ホテル連合会、東山地区自治会など支援。

10113

 大会実行委員長の田北浩司市観光戦略部長が開会宣言。
 主催者で大会会長の長野恭紘別府市長が「第30回の記念大会ですが、市内外から多くの人が出場します。それぞれが自分のペースで走って下さい。3つのコースがあり、順位やタイムを競うために自分の限界をめざして頑張る訳ですが、一番は気持ちの良い汗をかいてもらい、自然を満喫してもらえればと思います」とあいさつ。
 来賓の黒木愛一郎市議会議長が「志高湖周辺は、別府でも素晴らしい自然があります。この大会は、秋の一大イベントとなっています。走りながら自然を満喫することはできないかもしれませんが、水分補給を忘れずにして下さい。終了後は、別府温泉で疲れをいやして下さい」と祝辞を述べた。
 また、別府市議会観光建設水道委員会の小野正明副委員長、竹内善浩委員が紹介された。続いて、姉妹都市の韓国木浦市から参加するランナー訪問団14人が紹介された。
 準備運動後、今大会ゲストランナーの湯田友美さん(元ワコール女子陸上部、現アディダスランニングアドバイザー)が「『いだてん』と『いきいき』コースに出る人は、いつもより狭い歩幅で走ると足への負担が減ります。また、視線は自分の2㍍先にするといいです」とワンポイントアドバイスした。
 小学生以上の男女が参加した4㌔㍍の「のびのびコース」、一般の男女が参加し健脚を競う16㌔㍍の「いだてんコース」、中学生以上の男女が出場した8㌔㍍の「いきいきコース」の順でスタートした。
 ラストスパートで全力を出し切り、ゴールして一歩も動けなくなる選手もいた。
 各コースの入賞者、遠来賞、最高齢者賞は、次のとおり。(敬称略)
 【いだてんコース(16㌔)】▽一般男子=①野中洋輝54分8秒(臼杵市、臼杵市消防本部)②日野雅也58分21秒(由布市、日野装飾)③古野鷹輔59分16秒(中津市、中津市消防本部)▽一般女子=①藤波奈美1時間8分21秒(豊後高田市)②黒川沙莉愛1時間9分39秒(福岡県)③岩尾千代乃1時間12分14秒(大分市、大分の部活大分)▽シニア男子=①江頭徹1時間37秒(福岡県、Eランナーズ)②安本昭1時間2分47秒(同県、同)③堀勇進1時間5分20秒(竹田市、年って残酷)▽シニア女子=①吉田由里子1時間19分20秒(宇佐市、USAスタジオ)②宮本通子1時間23分43秒(大分市)③神原由美1時間30分06秒(大分市、RunRuns)
 【いきいきコース(8㌔)】▽一般男子=①山下虎之佑28分13秒(長崎県、長崎大学)②後藤光希28分39秒(佐伯市、佐伯市役所)③田中秀貴29分17秒(津久見市、津久見駅伝クラブ)▽一般女子=①冨高由香33分25秒(佐伯市、佐伯市駅伝)②首藤麻希34分44秒(豊後大野市)③大村奈実希34分56秒(福岡県、久留米工業大学)▽高校生男子=①岩尾直樹37分42秒(別府市)②梶本鈴朗39分37秒(別府市、南石垣支援学校)③米野弘敬42分26秒(大分市、岩田学園)▽中学生男子=①土井康平30分32秒(大分市)②田中亮太34分34秒(福岡県、おかげさま『椎中』)③遠山寛人38分39秒(大分市)▽中学生女子=①丸尾寧々38分49秒(大分市、大分附属排球部)②金澤万緒39分40秒(大分市、附属中バレー部)③清川水結45分52秒(大分市、大分大学附属中学)▽シニア男子=①佐藤勝人30分07秒(玖珠町、玖珠郡陸協)②河野幸夫30分38秒(別府市、別府市役所)③武内聖憲32分57秒(大分市、大人の部活大分)▽シニア女子=①恵良さとみ40分35秒(大分市、大人の部活大分)②黒川彰子42分42秒(福岡県)③工藤武子42分46秒(大分市、大人の部活大分)
 【のびのびコース(4㌔)】▽一般男子=①後藤大地13分13秒(大分市、ぼてぼてクラブ)②平野勇太13分18秒(日出町)③伊藤雄太朗14分11秒(長崎県、峯陽RC)▽一般女子=①小田育美14分33秒(山口県)②狩生あおい15分19秒(大分市、ぼてぼてクラブ)③古賀優佳16分47秒(福岡県)▽高校生男子=①鶴岡直樹17分53秒(別府市、中津支援学校)②鴛本滉也19分20秒(別府市、南石垣支援学校)③江藤未弘20分03秒(同)▽高校生女子=①三ケ田江梨22分09秒(別府市、南石垣支援学校)②岩澤智子23分49秒(同)③三ケ田木葉30分59秒(同)▽中学生男子=①橋本昂明14分57秒(宇佐市、宇佐北部中学校)②田中佳貴16分33秒(津久見市、津久見第一中学校)③鶴岡伸臣16分43秒(別府市、中津支援学校)▽中学生女子=①有松京香16分34秒(大分市)②弥吉琴理16分59秒(大分市、附属中)③浜田唯花17分05秒(山口県、下関市立安岡中学)▽小学生男子=①後藤琉碧14分38秒(福岡県、芦屋JC)②山元幹太14分59秒(同、本城陸上クラブ)③佐藤有悟15分06秒(同、曽根東小学校)▽小学生女子=①永島心音15分35秒(福岡県、芦屋JC)②有富春菜16分27秒(同)③﨑●山小春19分09秒(同)▽シニア男子=①甲原芳範15分02秒(大分市、戸次ごぼう抜隊)②阿部俊文17分03秒(杵築市)③小笠原明17分20秒(山口県)▽シニア女子=①橋本紀江19分41秒(山口県)②瀬山洋子19分56秒(佐伯市)③宮口礼子22分03秒(兵庫県)
 【最高齢者賞】今田信也(84)=のびのびコース出場=
 【遠来賞】矢後等(福島県会津若松市)=いだてんコース一般男子出場=

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気