« NZラグビー協会がコーチ派遣 | メイン | 東九州新幹線調査結果を報告 »

2017年10月 4日 (水)

別府ONSENアカデミア

 別府市は、11月に開催する「別府ONSENアカデミア」の一環として、アクティブシニア層向けの健康増進モニターツアーを9月と10月、福岡県、関西(京都、大阪)、四国(八幡浜市)から10組20人を招いて実施している。
 活動的なシニア層を対象に、温泉、運動、食を組み合わせた旅行プランの造成を目指す。日程は4泊5日で、鉄輪の地獄蒸し調理が可能な入湯旅館柳屋、双葉荘、大黒屋に宿泊してもらう。初日と最終日には唾液からアミラーゼを、血液検査でコルチゾール(副腎皮質から分泌されるホルモン)をはかり、ストレス度をチェックする。
 期間中は、市内観光や散策、温泉入浴、地獄蒸しなど決められたプランを行ってもらう。食は、別府大学と別府溝部学園の食物栄養学科の協力でカロリー等に配慮して作った地獄蒸し料理に挑戦した。
 1日から7日(船中泊含む)の関西コースには、加藤贇さん(70)・法子さん(同)夫婦=京都府伏見町=、大畑至さん(69)・邦子さん(同)夫婦=同=、家本彰さん(69)・喜久子さん(70)夫婦=京都府宇治市=、小市文昭さん(65)・桃子さん(63)夫婦=大阪府八尾市=の4組が参加。
 2日正午に別府市保健センターでメディカルチェックを受け、昼食をとって宿泊先の双葉荘へ。鉄輪ゆうぐれ散歩に参加して、周辺を歩いて回り、夕食は双葉荘の地獄蒸し釜を使って、おこわ、蒸しタコ、おおいた冠地鶏を使った蒸し料理などを調理。役割分担をしながら、和気あいあいとした雰囲気で調理を進めた。
 完成した料理を一口食べて、塩分控えめの薄味に思わず「味が薄いなぁ」と言っていたが、素材本来の味を生かす地獄蒸しを「美味しい」と堪能した。
 3日は海岸線でウォーキングとヨガ体験、別府海浜砂湯体験、地獄めぐり。4日は豊の国千年ロマンコース体験、5日は九州オルレの志高湖コースのミニコース、鉄輪むし湯体験などを行い、最終日は北浜温泉(テルマス)で湯中運動を体験し、メディカルチェックをして解散となる予定。
 すでに福岡県は9月25日から29日に終了し、四国は16日から20日に実施。検証結果は、11月25日の別府ONSENアカデミアのシンポジウムの分科会で発表する。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気