« 南小で市内初の対処訓練を実施 | メイン | 別府湯けむり健康マラソン大会 »

2017年10月11日 (水)

現場第一主義を貫く

別府市議会議長 
黒木 愛一郎さん(65)

 9月の定例別府市議会で議長に選出された。現在5期目。

1011

 別府市生まれの別府市育ちで「こんな最高な町はないと思う。別府をよくしたいと議員になり、これまで別府のためにと頑張ってきた。議員はみんなそうだと思う。その気持ちを忘れず、議会運営をしていきたい。『愛言葉』は全力投球です」と語る。
 これまで「現場第一主義」を貫いてきた。東日本大震災の時は4回にわたり岩手県大槌町で、5年前の豪雨では日田市で災害ボランティアを会派で行った。昨年の熊本地震では、旧西小学校に開設された避難所で住民と共に避難所運営をした経験も。
 「何か出来ることをしたい、という思いから災害ボランティアをして、活動の中で防災について考えるようになった。困った人を助けるのは当たり前。しかし、わがままはダメだと思う」と話す。旧西小では最後は避難者が自主的に掃除をするなどしてまとまりのある避難所となった。
 5人兄弟の4番目で「父親がまとめ役で、兄弟仲良くと教えられてきた。毎日『福澤心訓』を読んでいるのを聞いて育ち、中でも『世の中で一番尊い事は、人の為に奉仕して決して恩にきせない事です』や『世の中で一番悲しい事は、うそをつく事です』というのは、自分の中で大切にしていること」と話す。
 体育の先生になろうと福岡大学体育学部体育学科を卒業したが、家業のお茶屋を手伝ってほしいと兄に言われ、いつかは戻って手伝いたいとの思いもあり、家業を手伝うことに。40歳の時に南高架商店街の会長になり、お客を呼びこむために名称を「べっぷ駅市場」にするなど活動。
 会長4期目に周囲から市議に出てはどうかと言われたが「自分は才能もないし、口下手。あるのは、ハートだけ」と断るも「それが大事だ」と言われ、立候補。平成11年に初当選を果たした。
 平成12年には総務文教委員長、19年に副議長を務めた。長野恭紘市長が市議時代には2人で会派を組んでいたことも。「当時最年少だったが、すごい人だなと思った。行政と議会は車の両輪。もちろん、是々非々でやっていく。認めるところは素直に認めるべきだし、筋が通らないことは意見を言っていきたい」としている。
 西小、山の手中、別府鶴見丘、福岡大学卒。学生時代は野球をしていたが、スポーツ全般が好き。8年前から毎年100㌔ウォークに参加。今年もエントリーしていたものの、公務のため出場が叶わず。家族は妻と1男、2女で、子どもたちは独立し、現在は光町で夫婦水入らずの生活。

本紙購読

特集ページ

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気