本紙購読

特集ページ

« 熱中症は続く | メイン | 別府市美術館が野口原に移転 12日からは市美展も »

2017年10月12日 (木)

朝日小学校で不審者対応訓練

 市立朝日小学校と朝日幼稚園は「不審者侵入時の対応・避難訓練」を11日午前9時40分から、同所で実施した。小学生606人、園児41人、別府署員5人、スクールサポーター1人、新別府自治会自主防犯見守り隊10人が参加した。

10122

 はじめに、同校体育館で園児と小学1年生106人を対象に、別府警察署オリジナル防犯ソング「いかのおすしであんぜんに」を披露。
 「いかのおすし」とは、防犯標語で「いか」ない、「の」らない、「お」おきな声を出す、「す」ぐ逃げる、「し」らせるの頭文字を取ったもの。同署のオリジナルソングには、振り付けもあり、子どもでも分かりやすく不審者への対応が覚えられる。
 続いて、中休みとなり、児童が運動場で遊んでいると、不審者役の別府警察署生活安全課員が侵入。校舎内にいた教員が気づき、不審者のもとに走って近づいた。それと同時に、警察に通報。複数の教職員が、運動場に遊んでいた児童を校舎内に避難誘導を行った。

10122_2

 保護者と言い、教職員の制止を無視して歩を進める不審者に対して、複数人の教職員が机、ホウキ、さすまたを手にして取り囲んだ。通報を受けた警察官も合流すると、不審者は近づけさせまいと腰に差していた包丁を取り出し、振り回し始めた。
 警察官が透明の盾で防御しながら、周囲から別の警察官と教職員がさすまたなどで不審者を取り押さえた。
 教室に戻った児童らは、教職員が他に不審者がいないことなど安全が確認されたため、体育館まで避難した。
 体育館で、別府署生活安全課員が「今回の訓練で、校庭に入ってきた不審者に近づく児童がいましたが、本当に不審者を見たときは逃げて下さい」。
 伊藤敏幸新別府自治会自主防犯見守り隊隊長は「訓練をしっかりしておくことが、いざというときに役に立ちます。朝日小の児童が事件に巻き込まれないようにしましょう」とそれぞれ述べた。
 最後に、高橋一成校長が「皆さんの命は1つしかありません。今回は、命を守る行動をする訓練でした。反省すべき点があったと思いますので、きちんと反省をして下さい。いつ不審者が来るか分かりませんので、引き続き命を守る行動をして下さい」と生徒に呼びかけた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気