本紙購読

特集ページ

« 別府市とバスクリンが包括協定 | メイン | チャレンジ創造コンテスト市内小学生3人全国大会へ »

2017年11月22日 (水)

21世紀を担う別府っ子表彰式

 別府市は、平成29年度第20回21世紀を担う別府っ子表彰式を21日午後4時、市役所で行った。

1122t3

 地域活動やボランティア活動を積極的にしている青少年の個人や団体、指導者、団体を表彰するもの。今回は、青少年の部で個人2人、4団体、指導者の部で個人1人、3団体。
 長野恭紘別府市長が青少年に、寺岡悌二教育長が指導者に表彰状を手渡した。長野市長は「別府市では、ひとまもり・まちまもりをもとに町づくりをしています。子どもたちの明るい未来のための環境づくりに努めていかないといけない。地域の子どもは地域で守り、育てるを愛言葉に、活動をしてもらっている。21世紀を担う若者の成長に期待をしています」とあいさつ。寺岡教育長も「人ため、社会のために役立とうという気持ちは崇高なもの。これからも、ふるさと別府を愛し、誇りを持って夢と希望に向かって活躍してくれることを期待します」と述べた。
 来賓の三重忠昭市議会副議長(議長代理)と木村浩和別府警察署長が祝辞。受賞者を代表して、青少年の部団体の市立朝日中学校生徒会の渡邊あん会長(15)=3年=が「素晴らしい賞をいただき、ありがとうございました。私たちの活動が多くの方々に認められ、感謝の気持ちでいっぱいです。私たちは、地域とともに行う清掃活動やあいさつ運動などに力を入れています。これからも、賞の名に負けないように、ボランティア活動など、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝え続けていきます」とお礼を述べた。受賞者は次のとおり(敬称略)。
【青少年の部】▽個人の部=渡邊もか(別府翔青高校2年)岡田亜武(明豊高校2年)▽団体=朝日中学校生徒会、明豊ソーラン「しらしんけん隊」、別府溝部学園高校生徒会、別府大学別府BBS会
【指導者の部】▽個人の部=豊原吉宣▽団体の部=亀川地踊り保存会、青山地区更生保護女性会、読み聞かせグループ「ひとつぶのたね」

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気