本紙購読

特集ページ

« 今年4人目の交通死亡事故 | メイン | 別杵速見地域広域議会が定例会 »

2017年11月20日 (月)

陸上自衛隊別府駐屯地60周年

 陸上自衛隊別府駐屯地(山田憲和1等陸佐=第41普通科連隊長兼別府駐屯地司令)は、創立60周年記念式典を19日午前8時半から駐屯地を一般開設して行われた。約6千人が訪れた。

1120t2

 式典では、恒例となった書道パフォーマンスが行われ、今年は三浦悠希士長が記念行事のテーマである「感謝」の文字を書いた。山田連隊長駐屯地兼司令が「昨今の我が国周辺の安全保障環境は、皆様ご存知のとおり、非常に厳しい状況にあると言わざるを得ません。大規自然災害も多数発生しています。このような中、国民の皆様の付託に応えるには、各種事態に対応するため、厳しい訓練をするとともに、物心両面の準備をしっかり整え、事態に即応した任務を完遂しなければならない。また、自衛隊員が後顧の憂いなく任務にまい進するには、地域の皆様、関係諸団体の皆様の協力が不可欠です。引き続き、ご理解とご協力をお願いします」と式辞。

1120t3_2

 来賓の二日市具正大分県副知事(知事代理)、衛藤征士郎、岩屋毅・両衆議院議員、宇都隆史、衛藤晟一・両参議院議員が祝辞を述べた。
 山本博仁副連隊長を指揮官に、観閲行進が行われ、41連隊をはじめ別府に駐屯する第4後方支援連隊第2整備大隊第3普通科直接支援中隊、別府駐屯地業務隊、第404会計隊、第304基地通信中隊別府派遣隊の他、支援部隊として久留米、玖珠、福岡、目達、竹松、小郡、湯布院、健軍といった県内外の駐屯地からも参加し、今回は築城基地第6飛行隊所属のF2戦闘機が初めて参加した。
 式典終了後のアトラクションでは、大分東明高校吹奏楽部の演奏や41連隊音楽部とあやドレミチアの競演、格闘や銃剣道の訓練披露で盛り上げた。また、訓練展示、装備車両試乗・展示などがあり、大勢の人で賑わった。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気