本紙購読

特集ページ

« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

2017年11月25日 (土)

APUが初めて民間から公募

 立命館アジア太平洋大学(APU)は、現在の是永駿学長が今年12月末で任期が満了となるため、開学以来初めて、候補者を公募して民間から次期学長を選考し、ライフネット生命保険株式会社創業者の出口治明氏(69)が決定。24日午後4時、キャンパス内で記者会見を行った。

1125t3

 これまでAPUの学長は、学校法人立命館の中で、総長と理事長が相談して決められてきた。坂本和一氏(2000年1月~2004年3月)、モンテ・カセム氏(2004年4月~2009年12月)、是永氏(2010年1月~現在)と続き、出口氏で4代目となる。
 会見で、選考委員長を務めた今村正治副学長は「(学長選考で)これまで、APUの意向が反映されていなかった。開学から20年が経とうとしており、そろそろ自分たちの意向を反映させた学長をと願い、理事会が認めてくれた。選考委員会は、教員、職員、卒業生10人で構成し、うち4人は外国人。自分たちで選ぶ以上、公募にしようと決めた」と経緯を説明。出口氏に決定した理由について①ライフネット生命の創業者として、常識にとらわれない起業の経験②強固な国内外のネットワーク③広く深い教養④大学という世界はダイバーシティだが、APUはさらに多文化であり、束ねていく上で、現場の声に耳を傾けて運営をしてきた出口氏はトップにふさわしいーの4つを上げた。
 出口氏は「ライフネット生命を立ち上げる2年ほど前に、東京大学総長室アドバイザーをして、大学って本当に大事だと思った。その国の将来や、10年後、20年後の競争力は大学にあるのだと改めて目を開かれた思いがして、大学の仕事をずっとやっていこうと思ったこともあった。いいスタッフを集め、いい学生を集め、いい教員が研究を行う。それが大学の基本的な役割だと思う。私は、その環境を整えることが一番の責務だと考えている。APUは、普通の大学とは異なり、地域と深く密接な関係を持っている“グローカル”な素晴らしい大学だと思う。初めてのチャレンジで微力ですが、あらゆる皆さんと緊密にコミュニケーションを取って、財務基盤を強化し、APUの世界における地位を少しでも上げていけるように精一杯頑張りたい」と決意を語った。
 任期は来年1月1日から3年間。現在は東京在住でライフネット生命と業務委託契約を交わして「出口塾」などをしているが、それも12月末で終了させ、別府に移り住むという。
 初めて、公募とういう形で、民間から学長を迎えるAPU。2008年に日本国内では74年ぶりとなる独立系の生命保険会社として運営をスタートさせ、2012年には東証マザーズに上場。若手社員と常にコミュニケーションを取りながら、着実に成長させ、インターネットによる生命保険で変革をもたらした出口氏の手腕に注目が集まる。

温泉課担当者会議を別府で開催

 別府市は、温泉課担当者会議を24日午後2時、市営竹瓦温泉2階で行った。別府ONSENアカデミアの一環。

1125t2

 別府市と姉妹都市である熱海市が参加し、アドバイザーとして環境省自然環境局自然環境整備課、大分県自然保護推進室、NPO法人別府八湯温泉道名人会、東京大学温泉サークル「OKR(おける)」から16人が出席した。
 猪又真介別府市副市長が「温泉に関係し、温泉を愛するメンバーが集まってくれました。温泉保護などざっくばらんに話が出来ればと思います」とあいさつ。
 山本麻衣環境省自然環境整備課温泉地保護利用推進室長が「新・湯治の推進について」、大石真義大分県自然保護推進室温泉・地域資源活用半主幹が「おおいた温泉基本計画について」を説明。温泉利用宿泊施設は、後継者不足などを原因に廃業が増えて施設数は右肩下がりだという。環境省では、温泉地の役割を見直し、年代、国籍を問わず楽しめ、長期滞在を行うことが効果的な「新・湯治」を提案している。周辺の自然、歴史、文化、食などを活かした多様なプログラムを楽しみ、地域の人や他の訪問者とも触れ合って、心身ともに元気になることを掲げている。
 また、白石修三別府市温泉課長が「別府市の休養事業と共同温泉」、草津町から資料提供のあった「草地町温泉温水供給事業」、小松智士熱海市公営企業部水道温泉課長が「熱海市の温泉事業」と題して、各市の温泉事情について話をした。さらに、OKRが、竹瓦温泉イベントとして、利き飲泉や温泉卓球大会、温泉流しそうめんなどの案が提案された。

2017年11月24日 (金)

亀川地区防災士会の研修会

 亀川地区防災士会(山川忠臣会長)の防災研修会が23日午前10時、内竈公民館で開催され、同地区防災士20人が参加した。

11242

 山川会長のあいさつ後、遠山香里副会長が講師を務めて「近年の災害から学んだ避難所運営」をテーマに講演した。
 避難所は、ライフラインなどが停止した不便な状態で、被災した極限状態の中で長期にわたり慣れない共同生活をおくる場所となる。開設・運営は市町村が行うこととなっているが、円滑な運営をするためには地域住民の協力が不可欠。役割分担などを事前に話し合っておくとよい。
 また、けが人、持病のある人、高齢者、障がい者、観光客などさまざまな人が避難してくるので、女性への配慮も含めて工夫する必要もあるという。
 続いて、ワークショップ「避難所のレイアウトづくり」を実施。3班に分かれて、内竈公民館とグラウンドが避難所になった想定で、レイアウトを考えた。要介護者、一般などで区分けし、乳幼児・授乳スペースも組み込んだ。完成後、それぞれのレイアウトを発表した。

チャレンジ創造コンテスト市内小学生3人全国大会へ

 第8回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト全国大会に出場する市内の小学生3人が22日午後7時、市教委教育委員会室で寺岡悌二教育長に出場報告を行った。

11243

 全国大会に出場するのは、石垣小学校5年生の山口大和さん(10)、鶴見小学校6年生の田中舷太朗さん(12)、大平山小学校6年生の竹中徹さん(12)の3人。
 3人はチーム「湯けむり発明隊」として、湯けむり・別府タワー・飛行機をモチーフとして作った山車の「べっぷ丸」を作製した。地区予選の結果は東京にある「発明協会」に送られ、全国39都道府県から78地区664チームから「湯けむり発明隊」を含む60チームが選ばれた。
 報告会では、山口さんが「大会では、無事にゴールまでたどり着かせたいです」、竹中さんは「目標は、予選を勝ち抜いて、決勝に進む20チームに残ることです。大分市のチームには、負けたくないです」、風邪のため報告に来れなかった田中さんの代わりに父祐二さんは「本人がまず東京に行けるように、風邪を治すこと。そして、3人で良い思い出を作ってほしい」とそれぞれ述べた。
 寺岡教育長は「作品ができるまで、いろいろな技術が必要だったと思います。全国大会では厳しい争いになると思いますが、皆さんはその前の厳しい審査を経て全国大会出場の切符を勝ち取りました。全国大会では、発想力、独創力、チーム力を発揮して下さい」と激励した。
 コンテストの課題は「からくりパフォーマンス・カー」。メーンテーマは、環境・未来・宇宙・スポーツ・地元などPRしたいものを紹介。作る作品は①からくりパフォーマンスを行う「山車」②山車に連結してパレード走行をする「動力車」―で構成されている。

2017年11月22日 (水)

21世紀を担う別府っ子表彰式

 別府市は、平成29年度第20回21世紀を担う別府っ子表彰式を21日午後4時、市役所で行った。

1122t3

 地域活動やボランティア活動を積極的にしている青少年の個人や団体、指導者、団体を表彰するもの。今回は、青少年の部で個人2人、4団体、指導者の部で個人1人、3団体。
 長野恭紘別府市長が青少年に、寺岡悌二教育長が指導者に表彰状を手渡した。長野市長は「別府市では、ひとまもり・まちまもりをもとに町づくりをしています。子どもたちの明るい未来のための環境づくりに努めていかないといけない。地域の子どもは地域で守り、育てるを愛言葉に、活動をしてもらっている。21世紀を担う若者の成長に期待をしています」とあいさつ。寺岡教育長も「人ため、社会のために役立とうという気持ちは崇高なもの。これからも、ふるさと別府を愛し、誇りを持って夢と希望に向かって活躍してくれることを期待します」と述べた。
 来賓の三重忠昭市議会副議長(議長代理)と木村浩和別府警察署長が祝辞。受賞者を代表して、青少年の部団体の市立朝日中学校生徒会の渡邊あん会長(15)=3年=が「素晴らしい賞をいただき、ありがとうございました。私たちの活動が多くの方々に認められ、感謝の気持ちでいっぱいです。私たちは、地域とともに行う清掃活動やあいさつ運動などに力を入れています。これからも、賞の名に負けないように、ボランティア活動など、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝え続けていきます」とお礼を述べた。受賞者は次のとおり(敬称略)。
【青少年の部】▽個人の部=渡邊もか(別府翔青高校2年)岡田亜武(明豊高校2年)▽団体=朝日中学校生徒会、明豊ソーラン「しらしんけん隊」、別府溝部学園高校生徒会、別府大学別府BBS会
【指導者の部】▽個人の部=豊原吉宣▽団体の部=亀川地踊り保存会、青山地区更生保護女性会、読み聞かせグループ「ひとつぶのたね」

別府市とバスクリンが包括協定

 別府市と入浴剤の大手バスクリン(古賀和則代表取締役社長、本社・東京都)は、包括連携に関する協定を、別府市旅館ホテル組合連合会(西田陽一会長)とバスクリンは、共同企画に関する協定をそれぞれ結び、21日午後1時15分、別府市役所で締結式を行った。

1122t2

 別府市は「別府ONSENアカデミア」の中で、アスリートの温泉を活用したリカバリーとパフォーマンス向上について調査・研究する際に、バスクリンが以前から同様の入浴に関する効果について、トップアスリートと連携していることを知り、意見を聴いたことがきっかで、今回の協定となった。
 一方バスクリンは、自治体と協定を結ぶのは初めて。これまで、全国の温泉地と商品開発を進めてきたが、別府温泉には人には良いが浴槽をいためる恐れのある成分が多く、商品開発ができずにいた。協定を結ぶことで、成分を知り、商品化できそうなものを見つけたという。
 協定では、別府ONSENアカデミアでバスクリンが科学的研究の成果を発表するとともに、温泉入浴効果の調査研究への協力、情報発信、健康寿命延伸のために別府市が開催する運動教室への協力などを行う。また、地域活性化として、地域限定入浴剤の商品企画を旅館ホテルが協力して、中身やパッケージなどを共同で開発する。発売は来年7月頃を見込んでいる。
 長野市長は「国内外で幅広く活躍しているバスクリンと協定を結べたことは、心強く、地域活性化はもとより、市民の健康増進にも期待を寄せている。多くの人に協力してもらいながら、別府の魅力を発信していきたい」。古賀社長は「120年前に入浴剤を世界に初めて出した。多くの人の健康を下支えしていきたいとやってきたが、別府温泉はこれまでやりたかったが難しかった。バスクリンは、名前だけでなく、成分もきちんとしたものを作るため、これまで商品化が出来なかった。世界に入浴の良さを発信していきたい。
 西田会長も「別府温泉を由来とする地域限定の商品が来年できるということで、楽しみにしている。入浴剤を使った人が、本物の別府温泉に入りに来てくれることも期待している。先人から守り育てられた温泉を、新しい土俵に上げていけるよう、精一杯頑張りたい」と話した。

2017年11月21日 (火)

技能功労、優秀技能表彰に14人

 別府市は、平成29年度技能者表彰式を21日午前10時、市役所で行った。優れた技能者を表彰することで、広く技能尊重の気風を浸透させ、技能者の地位向上と産業の発展に寄与することが目的。

1121t3

 今回は、理容業、美容業、調理業、電気業、建具業、竹工芸業などから技能功労賞、優秀技能賞各7人が表彰された。
 長野恭紘市長が1人ひとりに表彰状を手渡し「長年培った技能と豊かな経験で、それぞれの業界の技能向上、産業発展の原動力になっている。自己研さんを重ね、後進の育成や技能の継承、さらなる産業の発展にご尽力いただきたい」とあいさつ。
 来賓の三重忠昭市議会副議長(議長代理)と渡邊秀一別府商工会議所専務理事(会頭代理)が祝辞を述べた。受賞者を代表して、技能功労賞の加藤紀代子さん(76)=中須賀東町、美容師=が「それぞれの分野で長年携わり、技術を磨き、後進の育成にも努めてきました。受賞は身に余る光栄で、深く感謝します。この思いを胸に刻み、気持ちを新たに、技術の向上、研さんを重ね、栄誉に報いたいです」と謝辞を述べた。加藤さん以外の受賞者は次のとおり(敬称略)。
【技能功労賞】久恒友弘(理容師)油布昌孝(竹工芸業)上坂達樹(調理師)西郡國弘(電気業)岩尾一郎(竹工芸業)山下平八郎(味噌・醤油製造業)
【優秀技能賞】植木啓太(音響技師・舞台監督)須賀義人(遊戯機器メンテナンス)上田修治(調理師)梶原貴子(美容師)門永恭子(電気業)木戸匠崇(調理師)渡邉真孝(建具業)

せーので測ろう!温泉一斉調査

 別府市内の市営、市有区営、個人の温泉を調査する「せーので測ろう!別府市全域温泉一斉調査」が18日午前9時30分、市内で行われた。温泉マイスターや研究者ら約60人が参加。別府ONSENアカデミアの関連事業。

1120t2

 湧出量の変化は短期間に現れるため分かりやすいが、泉質と泉温の変化はゆっくりと進行するため分かりにくいという。市内でも多くの温泉発電が開発・計画され、漠然とした不安を科学的な測定データを出すことで、持続可能な温泉資源の利用について、考えてもらおうというもの。昨年に続いて2回目で、市営温泉11カ所、共同温泉12カ所、旅館・病院など22カ所、個人所有11カ所の計56カ所の源泉で調査した。
 調査は、泉源ごとに水温と井戸の深さを測り、温泉水のサンプル採取などを行った。市公会堂に集まり、説明を受けたあと11グループに分かれて調査を実施した。
 午後からは、由佐悠紀別府温泉地球博物館長が「別府温泉の源(もと)」をテーマに講演をした他、山田誠龍谷大学講師が一斉調査の速報を報告した。昨年と比較して、大きな変化は見られなかったが、今後、詳細な分析を進める。一定期間、継続的に調査を行うことで、経年変化を確認できることから、今後も調査は続ける方針。

2017年11月20日 (月)

別杵速見地域広域議会が定例会

 別杵速見地域広域市町村圏事務組合議会(松川峰生議長、25人)は、平成29年第2回定例会を20日午前10時から、別府市議会本会議場で開いた。

1120t2_2

 秋草葬祭場の利用料を改定するための条例の一部改正と、平成28年度の決算認定を上程した。管理者の長野恭紘別府市長が「住民以外の使用料について、県内の葬祭場と比べて著しく低料金で設定されているため、増額改定を行う。また、告別室の資料時間は短時間が多いことから、3段階の料金設定へ改定を行う」と説明した。
 住民以外が利用する場合、火葬室の利用は、遺体1体で12歳以上は4万円、12歳未満と生後1カ月未満は各3万2千円、死産児1万6千円、手術肢体及び胞衣汚物は1個1万6千円、改葬に伴い再火葬は1回1万6千円となる。告別室の利用は、30分以内なら住民は2570円(住民外6420円)、30分以上1時間以内5140園(同1万2850円)、1時間以上2時間以内1万280円(同2万5700円)で、2時間を超える場合は、1時間ごとに2050円(同5140円)を加算する。
 28年度決算は、一般会計は7億9939万5181円、特別会計の秋草葬祭場は9621万4485円、藤ケ谷清掃センター9億3511万6464円、介護認定事業2500万8662円で、いずれも繰越金はなく、実質収支はゼロ円。
 岩尾育郎氏(杵築市議)が一般質問を行い、藤ケ谷清掃センターの売電収入について執行部の対応を質した。岩尾氏は「15年間の委託契約は約88億円で、売電収入と資源売払収入を含むと約108億円の提示だが、大幅に上回る売り上げがある。私の計算では、年ベースで1億円の差額が出ている。こんな契約あり得るのか。交渉をしていると言うが、目途が立たないのなら、裁判に訴えるしかない」と質問。長野管理者は「おっしゃることは同感だが、最後までしっかりと交渉を積み重ねている。熱い思いと法的な契約は分けて、冷静な交渉が必要。交渉中なので、詳しいことは話せない部分もあるが、住民の負担を軽くるのが責務だと思っている。厳しい話し合いを続けているので、ご理解いただきたい」と答え、裁判に訴えるのは最終手段との考えを示した。
 引き続き、上程中の議案を総務福祉委員会(阿部長夫委員長)と環境衛生委員会(池田淳子委員長)で審議をし、いずれも原案通り可決することとした。
 その後、本会議を再開し、委員長報告が行われ、全会一致で原案を可決した。さらに、監査委員の辞任に伴い、田邉貞夫氏(65)=山香町=を後任とすることに同意した。

陸上自衛隊別府駐屯地60周年

 陸上自衛隊別府駐屯地(山田憲和1等陸佐=第41普通科連隊長兼別府駐屯地司令)は、創立60周年記念式典を19日午前8時半から駐屯地を一般開設して行われた。約6千人が訪れた。

1120t2

 式典では、恒例となった書道パフォーマンスが行われ、今年は三浦悠希士長が記念行事のテーマである「感謝」の文字を書いた。山田連隊長駐屯地兼司令が「昨今の我が国周辺の安全保障環境は、皆様ご存知のとおり、非常に厳しい状況にあると言わざるを得ません。大規自然災害も多数発生しています。このような中、国民の皆様の付託に応えるには、各種事態に対応するため、厳しい訓練をするとともに、物心両面の準備をしっかり整え、事態に即応した任務を完遂しなければならない。また、自衛隊員が後顧の憂いなく任務にまい進するには、地域の皆様、関係諸団体の皆様の協力が不可欠です。引き続き、ご理解とご協力をお願いします」と式辞。

1120t3_2

 来賓の二日市具正大分県副知事(知事代理)、衛藤征士郎、岩屋毅・両衆議院議員、宇都隆史、衛藤晟一・両参議院議員が祝辞を述べた。
 山本博仁副連隊長を指揮官に、観閲行進が行われ、41連隊をはじめ別府に駐屯する第4後方支援連隊第2整備大隊第3普通科直接支援中隊、別府駐屯地業務隊、第404会計隊、第304基地通信中隊別府派遣隊の他、支援部隊として久留米、玖珠、福岡、目達、竹松、小郡、湯布院、健軍といった県内外の駐屯地からも参加し、今回は築城基地第6飛行隊所属のF2戦闘機が初めて参加した。
 式典終了後のアトラクションでは、大分東明高校吹奏楽部の演奏や41連隊音楽部とあやドレミチアの競演、格闘や銃剣道の訓練披露で盛り上げた。また、訓練展示、装備車両試乗・展示などがあり、大勢の人で賑わった。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気