本紙購読

特集ページ

« 陸上自衛隊別府駐屯地60周年 | メイン | せーので測ろう!温泉一斉調査 »

2017年11月20日 (月)

別杵速見地域広域議会が定例会

 別杵速見地域広域市町村圏事務組合議会(松川峰生議長、25人)は、平成29年第2回定例会を20日午前10時から、別府市議会本会議場で開いた。

1120t2_2

 秋草葬祭場の利用料を改定するための条例の一部改正と、平成28年度の決算認定を上程した。管理者の長野恭紘別府市長が「住民以外の使用料について、県内の葬祭場と比べて著しく低料金で設定されているため、増額改定を行う。また、告別室の資料時間は短時間が多いことから、3段階の料金設定へ改定を行う」と説明した。
 住民以外が利用する場合、火葬室の利用は、遺体1体で12歳以上は4万円、12歳未満と生後1カ月未満は各3万2千円、死産児1万6千円、手術肢体及び胞衣汚物は1個1万6千円、改葬に伴い再火葬は1回1万6千円となる。告別室の利用は、30分以内なら住民は2570円(住民外6420円)、30分以上1時間以内5140園(同1万2850円)、1時間以上2時間以内1万280円(同2万5700円)で、2時間を超える場合は、1時間ごとに2050円(同5140円)を加算する。
 28年度決算は、一般会計は7億9939万5181円、特別会計の秋草葬祭場は9621万4485円、藤ケ谷清掃センター9億3511万6464円、介護認定事業2500万8662円で、いずれも繰越金はなく、実質収支はゼロ円。
 岩尾育郎氏(杵築市議)が一般質問を行い、藤ケ谷清掃センターの売電収入について執行部の対応を質した。岩尾氏は「15年間の委託契約は約88億円で、売電収入と資源売払収入を含むと約108億円の提示だが、大幅に上回る売り上げがある。私の計算では、年ベースで1億円の差額が出ている。こんな契約あり得るのか。交渉をしていると言うが、目途が立たないのなら、裁判に訴えるしかない」と質問。長野管理者は「おっしゃることは同感だが、最後までしっかりと交渉を積み重ねている。熱い思いと法的な契約は分けて、冷静な交渉が必要。交渉中なので、詳しいことは話せない部分もあるが、住民の負担を軽くるのが責務だと思っている。厳しい話し合いを続けているので、ご理解いただきたい」と答え、裁判に訴えるのは最終手段との考えを示した。
 引き続き、上程中の議案を総務福祉委員会(阿部長夫委員長)と環境衛生委員会(池田淳子委員長)で審議をし、いずれも原案通り可決することとした。
 その後、本会議を再開し、委員長報告が行われ、全会一致で原案を可決した。さらに、監査委員の辞任に伴い、田邉貞夫氏(65)=山香町=を後任とすることに同意した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気