本紙購読

特集ページ

« 平成29年秋の全国火災予防運動 | メイン | 別府市社会福祉協議会が発展計画 »

2017年11月10日 (金)

サウペ氏と鶴高生が懇談

 「EU」のことを知ってもらおうと駐日欧州連合代表部による出張授業「EUがあなたの学校にやってくる」が9日午後2時半、別府鶴見丘高校体育館と鶴嶺会館で行われた。1、2年生557人が出席した。

11102

 欧州連合(EU)とその加盟国の大使館員から直接、話を聞くことで、生徒にEUおよび日本とEU関係についての理解を深めるとともに、グローバルな視野を育成することが目的。
 この事業は、駐日EU代表部が2007年より「EUがあなたの学校にやってくる」と題して実施しているもので、在日EU加盟国大使館および駐日EU代表部の大使や外交官を講師として高校に派遣し、EUおよび時刻に対する講演を行っている。昨年は全国20都道府県37校で実施し、延べ1万3千人を超える高校生に講演会を実施した。
 講演は、オーストリア大使館にあるオーストリア文化フォーラム代表のコンスタンティン・サウペ参事官を講師に迎え、「EUが学校にやってくる EU(欧州連合)とオーストリアの基本」をテーマに行われた。
 初めにオーストリアの都市、有名人、スポーツ、食べ物などについて、説明した。
 「EUは、欧州の安定、平和、繁栄のためにともに協力するヨーロッパの国々の集まりです。人口は日本の約4倍。オーストリアをはじめ、28カ国が加盟しており、24の公用語があります」と説明した。
 2つの主要原則は「対立ではなく協力」「国境のない暮らし」としている。
 世界の中のEUは、世界における持続可能な開発を推進する国際的な取り組みで重要な役割を果たしている。特に、2015年12月、パリの気候変動枠組条約締約国第21回会合(COP21)において歴史的な合意に至る上で主導的な役割を果たした。

11102_2

 そのほか、EUと日本として、経済連携協定・戦略的パートナーシップ協定、欧州留学などについてもふれた。
 最後に、高橋凛太郎生徒会長が謝辞を述べた。
 鶴嶺会館で行われた懇談会は、サウペ氏とヨーロッパに関心がある2年生22人が出席した。
 生徒から「オーストリアはウインタースポーツとともに、モータースポーツのメッカといいますがなぜですか」「カフェが有名と聞きましたが、オーストリアだけにあるカフェやスイーツのメニューを教えて下さい」「日本にどんな印象がありますか」などの質問に、サウペ氏は丁寧に答えた。
 懇談会の最後に、22人を代表して秋山恵輝さんがお礼を述べた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気