本紙購読

特集ページ

« 無用の用 | メイン | 別府まつり振興会の平成29年度総会 »

2017年11月30日 (木)

大分県統計教育研究会の発表会

 平成28、29年度大分県統計教育研究会の指定校となっている、別府市立山の手中学校(重岡秀徳校長)で28日午後1時15分、研究発表会が行われ、公開授業では、総合的な学習の時間として「別府学」に基づいた授業の様子を披露した。研究主題は「一人ひとりの学びを保証する授業のありかた~統計的探究プロセスを用いた『聴き合う』『学び合う』授業づくりを目指して~」。県内の小中学校の教員らが参加した。

1130t2

 全体会で古谷幸子研究会会長(大分市立松岡小学校長)が「この2年間、山の手中学校では、響き合う、学び合う授業実践に取り組んでもらいました。別府学でふるさと別府への誇りや心の育成の面で大きな成果を期待しています。ビッグデータ時代の子どもたちに必要不可欠なのは、統計的探究プロセスで情報を正確に捉え、客観的に考えることが出来るということ。各学校での実践の参考になればと思います」とあいさつ。
 重岡校長が「10年先は半数の仕事は機械にとってかわられると言われており、こんな時代にどんな教育をしたら良いか、日々悩んでいると思います。主体的で統計的で深い教育が求められている。別府学は、統計的教育における学習活動で、必要な力を身につけられる探究プロセスだと思い、研究を進めています。様々な角度からご意見をいただきたい」と述べた。
 参加者は1年3組と2年3組の教室に分かれて授業を見学した。2年3組の授業では「私たちがやりたいこと27の別府1UPプロジェクト」をテーマに、9つのプロジェクトを考え、プロジェクト班がバラバラになって9班に分かれて2分間のプレゼンテーションを行った。各班にはアドバイザーの大人が入り、生徒に質問したり、感想を述べたりした。「砂湯でクルーズ!」では、クルーズ船で景色を見ながら堪能できる砂湯を提案。「とり天を全国に広めよう!」では、オリジナルキャラクターを考えた。外国人留学生が多い特徴を生かし「APUの学生による出張授業」や、地獄蒸しに合う新しい調味料を各国の代表的な調味料で考案するなどと発表した。
 全員がプレゼンに対する評価表を書いて渡し、評価表を元にプロジェクト班ごとに内容を再検討していた。
 1年3組は別府の宝である「温泉」について、7班に分かれてプレゼンを行った。地形と温泉の関係や別府の名物としての地獄、昔の天皇の入った温泉など様々な角度から温泉について考えた結果を発表した。
 引き続き、授業研究会があり、授業の様子から感じたことなどについて意見交換をした。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気