本紙購読

特集ページ

« 別杵速見地域広域議会が定例会 | メイン | 技能功労、優秀技能表彰に14人 »

2017年11月21日 (火)

せーので測ろう!温泉一斉調査

 別府市内の市営、市有区営、個人の温泉を調査する「せーので測ろう!別府市全域温泉一斉調査」が18日午前9時30分、市内で行われた。温泉マイスターや研究者ら約60人が参加。別府ONSENアカデミアの関連事業。

1120t2

 湧出量の変化は短期間に現れるため分かりやすいが、泉質と泉温の変化はゆっくりと進行するため分かりにくいという。市内でも多くの温泉発電が開発・計画され、漠然とした不安を科学的な測定データを出すことで、持続可能な温泉資源の利用について、考えてもらおうというもの。昨年に続いて2回目で、市営温泉11カ所、共同温泉12カ所、旅館・病院など22カ所、個人所有11カ所の計56カ所の源泉で調査した。
 調査は、泉源ごとに水温と井戸の深さを測り、温泉水のサンプル採取などを行った。市公会堂に集まり、説明を受けたあと11グループに分かれて調査を実施した。
 午後からは、由佐悠紀別府温泉地球博物館長が「別府温泉の源(もと)」をテーマに講演をした他、山田誠龍谷大学講師が一斉調査の速報を報告した。昨年と比較して、大きな変化は見られなかったが、今後、詳細な分析を進める。一定期間、継続的に調査を行うことで、経年変化を確認できることから、今後も調査は続ける方針。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気