本紙購読

特集ページ

« 2017年11月 | メイン

2017年12月11日 (月)

平成29年第4回別府市議会 市議5人が上程議案に対して質疑

 平成29年第4回別府市議会定例会が11日、開かれ、議案質疑と委員会付託が行われた。

12112

 ▽安部一郎議員(自民・創生)が「産業連携・協働プラットフォームB―bizLINK」について質問。
 阿南寿和副市長は「産業の活性化を図るため、今年9月に設立した。地場産業の販路開拓などを目的として、民間のノウハウを得ながら行っていく。今後も、認知度を上げていくために広報に力を入れていくとともに、人材育成にも力を入れる」と答えた。
 この他、ラグビーワールドカップ、ザボンブランド化・販路開拓に要する経費の追加額なども質問した。
 ▽野上泰生議員(新風べっぷ)が「職員人件費の追加額」について質問した。
 末田信也職員課長は「人事院勧告により、職員の総計で給料3360万円、職員手当3600万円、共済費2380万円の計9340万円を計上している。内容だが、給料は民間との差を埋めるため、平均0・2%増加。ボーナスについては0・1カ月分引き上げている」と答えた。
 野上議員は「民間との格差を埋めるという言葉が出たが、一般的な会社を民間と言うのか」と追及した。
 この他、指定管理者の指定などについても質問した。
 ▽穴井宏二議員(公明党)は「保育所入所に要する経費の追加額」について質問した。
 勝田憲治福祉本部次長兼子育て支援課長は「保育所の施設運営費の改定により、今年度追加した。経験年数別でも改善されている。また、電算システムの改定もあり、これらは待機児童と保育士の処遇改善となるもの」と答えた。
 穴井議員は「放課後児童クラブの利用者が、増加している。指導員の確保に苦慮していると聞いているが、市は対応策を考えないといけない」と要求した。
 この他、児童健全育成に要する経費の追加額などについても質問した。
 ▽加藤信康議員(市民クラブ)は「別府市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正」についてと質問した。
 梅田智行スポーツ健康課長は「市内と市外の居住者についての区別は、どの施設もしていないため、実相寺多目的広場も区別しない。別府市はスポーツ観光も取り組んでおり、市外の人も泊りがけで来る。積極的に受け入れているが、市外料金については関係団体と協議していく」と答えた。
 加藤市議は市民のための施設であってほしいので、これまで使っていた人にどのような形で貸していくのか協議してほしい」と要望した。
 この他、児童健全育成に要する経費の追加額などについて質問した。
 ▽平野文活議員(日本共産党議員団)は「保育健全育成に要する経費の追加額」について質問した。
 勝田福祉本部次長兼子育て支援課長は「補助基準の引き上げについてですが、放課後児童クラブの1クラスの利用人数によって決まってくる。1クラスあたり40人が基準で、370万円から420万円へと50万円引き上げられている。また、利用者の区分によって基準額が増額される」と答えた。
 「その増額と処遇改善事業は、12月議会で議決されると実行されるが、今年4月までさかのぼって実行されるのか。12月から来年3月が対象なのか」と質した。
 勝田福祉本部次長兼子育て支援課長は「処遇改善事業は、今年度4月からの分となる」と回答した。
 この他、保育所入所に要する経費の追加額についても質問した。
 また、委員会付託として、総務企画消防委員会に11議案、観光建設水道委員会に9議案、厚生環境教育委員会に6議案が付託された。
 今後の議会日程は、次のとおり。(敬称略)
 ▽12日=委員会審査▽13日=一般質問(首藤正、平野文活、市原隆生、森大輔、阿部真一)▽14日=一般質問(穴井宏二、堀本博行、森山義治、松川峰生、野上泰生)▽15日=一般質問(小野正明、荒金卓雄、河野数則、萩野忠好)▽19日=各委員長報告、少数意見者の報告、討論、表決

古市町で要援護者の避難訓練

 別府市と福祉フォーラムin別杵速見実行委員会(西田幸生会長)は、古市町で避難行動要支援者のための避難訓練を10日午前9時から行った。

1211t2

 要配慮者の支援モデルづくりを目指し、日本財団の助成による別府市障害者インクルーシブ事業の一環。昨年に続いて古市町で実施した。住民ら約200人が参加した。
 午前8時50分、地震が発生し、9時半には津波が来るという想定で行われ、住民は自宅からスパランド豊海公民館や関の江新町公民館など6カ所に歩いて避難。車椅子の人や盲導犬、様々な障がいを持つ人、高齢者ら要支援者が多く参加し、車椅子を押してもらったりしてお互いに助け合いながら避難。立命館アジア太平洋大学の学生、外国人留学生も手助けをした。
 古市公民館で反省会を行い、後藤敏之古市町自治会長が「たくさんの人が参加してくれて良かった。まずは自分が助かるためにどうするか。どんな危険があるのか、訓練をした中で考え、教えていただければと想う。自治会で出来ることはしていきたい」とあいさつ。西田会長は「ともに生きる条例が出来てから、内容を充実させるべく、第1の柱である防災に取り組んでいます、市全体のモデルになることを願っています」と述べた。
 参加者からは「声をかければ助けてくれる住民が多いことが分かった」「(視覚障がいのある人には)側溝など道路の危ない所の声かけがや横断のタイミングを教えることが必要だと感じた」「電動車椅子のバッテリーが切れた想定で引っ張ってみたが、3人は必要で、交代で支援する体制が必要」などの意見が出た。

2017年12月 9日 (土)

自撮走

 7日に別府市立上人小学校で行われたマラソン大会では、児童が頑張って走る姿の写真を撮るため、私もコースのあちらこちらを走り回った。
 誘導や交通整理、児童の応援をしていた地元住民からは「あなたが一番走ってるんじゃないんですか」と言われ…とてもいい運動になりました。(大平)

市立中部中学校が70周年記念式典

 別府市立中部中学校(篠田誠校長、439人)は、開校70周年を迎え、9日午前9時から記念式典を開催した。

1209tb2

 中部中学校は、1947(昭和22)年に「別府市立第三中学校」として開校。学級数は7、生徒365人でスタートした。24年に現在の場所に移転し、26年に「中部中学校」と名称を変更した。その後、鶴見台中学校の開校によって、中須賀、南須賀などの地区が校区から外れて現在の通学区となった。卒業生には、鉄腕で知られた故・稲尾和久さんやニホニウムを発見した森田浩介九州大学大学院理学研究院教授らがいる。
 開校70周年実行委員長の大塚俊夫PTA会長が「長い歴史の中で、個性と想像力が溢れ、心身共に健やかな生徒を育み、多くの卒業生を輩出しています。献身的に教育に携わってくれた歴代校長や教員、地域の皆さんの見守り、生徒のたゆまぬ日々の努力のたまものだと思う。保護者としての責任を自覚するとともに、PTA活動を充実させ、心新たに前進していきたい」。

1209ta2

 篠田校長は「これまで1万6500人を超える卒業生がおり、県内外の多方面で活躍しています。歴史と伝統がしっかりと受け継がれている。在校生の頑張りや活躍も素晴らしく、新たな歴史の1ページが出来つつあると思う。学校教育は多くの課題を抱えていますが、次世代を担う生徒が大きな夢を抱き、実現させられるよう誠心誠意取り組んでいきたい」とあいさつ。
 来賓の長野恭紘別府市長、国実大治同窓会長も祝辞を述べ、元PTA会長でもある権藤和雄学校運営協議会委員長が「ハッピーバースデートゥユー」を歌い、会場を盛り上げた。
 70周年のキャッチフレーズ「受け継ぐ70年の想い 今、未来へ」を考えた豊田裕貴さん(2年)、シンボルマークを考えた伊藤希海さんと佐藤葵さん(いずれも2年生)に表彰状が贈られた。また、PTAが同窓会の協力を得て作った、優勝旗を記念品として学校に進呈した。
 引き続き、不登校児童生徒のメンタルトレーニングと学習の場「こころ応援塾」代表でタレントのつだつよしさんが「キラキラ輝く夢を育てるステキな応援方法」と題して講演。
 歴代校長や卒業生などゆかりのある人たちからのビデオメッセージも上映された。生徒を代表して、岡崎美空生徒会長(3年生)が「今の私たちがいるのは、先輩達が伝統を築き、次に伝えてくれたから。次は私たちが伝える番。力を合わせて助け合い、励まし合いながら精一杯努力していくことを誓います」と述べた。最後に全員で「明日への手紙」と校歌を歌った。

全日本ジュニア空手道大会3位石田選手

 第11回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会(11月18、19日、千葉県幕張メッセ)で士道館別府道場の石田大空(そら)選手(7)=鶴見小1年=が、小学1年男子の部で第3位入賞を果たし、8日午後4時、長野恭紘別府市長に報告をした。

1209t2

 石田選手は3年ほど前に空手を始めた。これまで数多くの試合に出場し、第5回士道館杯争奪ストロングオープントーナメント九州空手道選手権大会では、小学1年男子の部で優勝の経験も。今回の大会は、5月にべっぷアリーナで開催された予選会で準優勝を飾り、出場権を得た。
 試合はトーナメント方式で行われ、1年生男子の部には約50人が出場。順調に勝ち進み、準決勝で今大会優勝した村上雄哉選手(大阪府)に敗れ、3位となった。
 報告会には、寺山享一郎師範、寺山勇師範、嶋幸一県議らも同席。長野市長が「静かな中で試合をするのは、緊張したと思う。よく頑張りましたね」と声をかけると、石田選手は「オス!」と答えた。
 石田選手の得意技はローキックで「大会はきつかったけど、行って良かった。次は優勝したい」と話した。

2017年12月 8日 (金)

熊八翁の偉大さを実感

 別府史談会(友永植会長)の外山健一副会長(今日新聞社社友=80)は、油屋熊八の足跡を辿る研究を行っている。

1207

 このほど、千葉県浦安市に在住の熊八翁の長男、油屋正一氏(85)をたずね、熊八翁が昭和4年に再渡米した際の米国での歓迎会の写真を入手した。以下外山氏の話。

 1929(昭和4)年、「米国太平洋海岸ホテル協会」の招待を受けた「日本ホテル協会」を代表して熊八翁らが再渡米した。この旅行を時系列で辿ってみると、昭和4年1月25日、北米合衆国のホテル業視察を目的外国旅券下付(パスポート)を受ける。

 同年2月27日コレヤ丸で横浜を就帆し、3月2日サンフランシスコ到着。3月14日「日本のホテルマンを迎えての朝食会」、エルネストジュルリー氏主催の大歓迎を受ける。会場はサンフランシスコの有名ホテル・ウィットコンブ・サンフランシスコの宴会場である。

 シアトルでは「国際ホテル業者大会」に出席した。飛行機でロサンゼルスへ、3月22日「日本のホテルマンと鉄道関係者を迎えてのディナーパーティーと歓迎の夕べ」で大歓迎を受けた。会場は「アンバサダーココアヌードグローブホテル」である。このホテルは、後にアカデミー賞の受賞式典や、ケネディ大統領の弟ロバート・フランシス・ケネディ氏が暗殺されたことなどで広く世に知られている一流ホテルである。

 この歓迎会の後に熊八は、メキシコの公開賭博場(カジノ)を視察し、4月5日に横浜に帰着した。

 熊八はまさに世界の舞台で活躍した人物だった。1889(明治22)年米穀事情視察で朝鮮へ。1897(明30)年商業視察で米国へ。1926(大正15)年観光宣伝で中国、北京蘇州、南京へ。1929(昭和4)年ホテル業視察で北米へ、4回の海外旅行をしている。

 国際的なホテルやカジノの視察が、大正、昭和の初頭。世界に通じる別府温泉の存在を志高く掲げた翁の活躍、この足跡は朽ち果てることなく、今日に続く。改めて熊八翁の偉大さを実感した。

温泉総選挙で特別賞を受賞

  うるおい日本プロジェクト(一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアム)主催の「温泉総選挙2017~温泉で元気に!温泉を元気に!」で別府市は「温泉八湯」でエントリーをし、スポーツ・レジャー部門で第3位、外国人おもてなし部門で第5位、特別賞としてボランティアMVPを受賞した。

1208t2

 温泉総選挙は昨年から行われているもので、環境省、観光庁、経済産業省、内閣府が後援し、温泉地の活性化を推進する国民参加型の地域活性化プログラム。今年から国民による投票制となった。9つの部門があり、別府市は、スポーツ・レジャー部門、歴史・文化部門、外国人おもてなし部門の3つにエントリーしていた。

 特別賞は、部門賞では表彰できない顕著な取組みを実践している自治体(温泉地)が表彰されるもので、別府市が7月に行った「湯~園地」で多くのボランティアが主役となって成功させたことが評価された。高校生からお年寄りまで延べ1200人のボランティアが参加し、熱中症対策としてうちわであおいだり、打ち水をしたり、水を配ったり、ゴミ拾いや記念撮影まで幅広く活動し、「湯~園地」を陰で支えた。

 表彰式は4日午前11時半、東京で行われ、松川幸路観光課長らが出席して、表彰状を受け取った。会場には、「湯~園地」で参加した東京にいるボランティア参加者らが訪れ、一緒に受賞を祝った。

2017年12月 7日 (木)

近藤選手ムエタイ日本チャンプ

 別府市浜脇のモール街内にタイの国技である「ムエタイ」のジムを置く、BRAVELY GYM(伴政和代表)所属の近藤伸俊選手(35)が11月26日に東京で行われたWPMF日本スーパーライト級で王者となり、6日午後1時半、長野恭紘別府市長に報告した。

1207t2

 伴代表と近藤選手は別府市出身。2009年に伴代表がジムを開くのを受けて、同級生でボクシングをしていた近藤選手に声をかけた。伴代表は福岡などでムエタイをしていたが、いつかは地元でジムを開きたいと考えていたという。
 タイトルマッチに挑戦したのは今回で3回目で、対戦相手は、加藤真也選手(東京・平井道場)だった。相手の特徴を徹底研究し、作戦が功を奏して、見事勝利をおさめ、九州から初めての王者となった。来年2月25日に別府市のビーコンプラザで開催される「KODOー魂動-」で世界タイトルへの挑戦も内定しており、九州初の世界チャンピオンを目指す。
 伴代表は「九州にいてもチャンピオンになれるんだという、パイオニアになれたと思う。タイトルは返上することになるが、地元別府開催でチャンピオンを目指したい」と話した。
 長野市長は「本当におめでとうございます。世界戦に出るには、日本チャンピオンを返上すると聞いたが、挑戦することはすごいこと。今がいいチャンス。頑張ってほしい」と激励した。
 近藤選手は「練習通り、作戦通りの試合が出来た。最初は実感がなかったのですが、知らない人からも声をかけていただけるようになって、段々と実感がわいてきた。世界戦は地元開催なので、しっかりと練習して頑張りたい」と決意を語った。

ゆうちょ銀行で強盗対策模擬訓練

 ゆうちょ銀行別府店(餅ケ浜町、三浦臣司店長)で6日午後5時半、強盗対策模擬訓練が行われた。ゆうちょ銀行別府店から10人、別府署員4人が参加し、市内の郵便局長がこれを見学した。

12073

 年末年始に向け防犯意識を高め、窓口での強盗事件の発生に備えて訓練を実施した。
 別府署生活安全課の男性警察官1人が強盗役に扮した。サングラスにマスクで顔を隠した犯人が、カウンター内の女性行員に拳銃を見せて小声で「金を出せ」と要求した。
 行員が模擬紙幣をバッグに入れて渡すと、犯人らは銃口を行員に向け、動きをけん制しながら店外に逃走。もう1人の犯人役が用意していた車に乗り込み、同店西方向に走り去った。男性行員らが後を追い、犯人が乗った車の特徴を覚えた。
 犯人逃走後、すぐに窓口の行員は犯人の身長、服装、髪型、車のナンバーなどをメモした。そして、駆けつけた警察官にその特徴を報告した。
 訓練終了後、麻生博史別府警察署生活安全課係長が「役割分担がしっかりとしており、行員同士の連携が取れていた。実際に事件が起きたとき、犯人がナイフを急に出したりする可能性もあるので、犯人を興奮させないようにしてほしい」と講評した。
 「今回は小声で犯行に及んだ。このようなとき、カウンターから離れたところにいる人は強盗に気づきにくいため、近くにいるお客さまの避難誘導をどうすればよいか考えてほしい」と注意を促した。
 三浦ゆうちょ銀行別府店長は「行員は誰が何を覚えるというように役割分担をしているが、いざというときのために再度徹底させたい。また、犯人は事前に下見にくると思うので、建物の周りに目を配り、目を合わせてあいさつを行うなど、未然防止に努める。お客さまが安心して利用できる環境をつくる」と述べた。
 大分県警の各署管内でこの時期、防犯意識向上なども兼ねて同様の訓練を行っている。

2017年12月 6日 (水)

平成29年第4回別府市議会が開会

 平成29年第4回市議会定例会が6日午前10時、開会した。会期はきょうから19日までの14日間。

1206122

 定例会では、市執行部が平成29年度一般会計補正予算や競輪事業特別会計補正予算など予算関係6件、条例関係9件、その他2件の計17議案を上程した。
 長野恭紘市長が提案理由の説明に先立ち、「別府市産業連携・協働プラットフォームB―bizLINKの設立」、「ラグビーワールドカップ2019日本大会のキャンプ誘致に向けた取り組み」、「別府ONSENアカデミア」、「別府のみらい検討会議」、「第3次別府市行政改革大綱と第4次別府市行政改革推進計画の策定」について報告した。
 提案理由の説明にうつり、29年度一般会計補正予算について次のように述べた。
 ▽補正額は9億1950万円で、補正後の予算額は502億3590万円。
 ▽主なものとして、給与改定等に伴う職員人件費の補正。
 ▽総務費は、老朽化により使用不能となっている議会棟本会議場の音響設備を更新する経費を計上。
 ▽民生費は、受給者数や需給件数の増加に伴う自立支援給付費及び生活保護費の追加額を計上。基本担架の改定や各種加算の改定及び創設に伴う保育所運営費負担金及び放課後児童クラブ事業委託料の追加額を計上。
 ▽農林水産業費は、市特産品のザボンを活用して製造・販売している「別府ざぼんサイダー」の売り上げが好調に推移しているため、増産費用を計上。
 ▽教育費は、小・中学校の就学援助奨励費のうち、新入学児童・生徒学用品日について、単価改定に伴う追加額を計上。入学後の7月に支給していた同奨励金を入学前の3月に支給するため、予算の前倒し計上を行っている。
 ▽災害復旧費は、9月17日の台風18号による被害に対する農林水産業施設・公共土木施設の災害復旧事業を計上した。
 特別会計予算の補正額は3億8350万円の増額で、補正後の予算額は486億4163万8千円。
 予算外の議案は、条例関係として「別府市個人情報保護条例及び別府市情報公開条例の一部改正」、「別府市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正」など9件、その他の「指定管理者の指定」についてなど2件を説明した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気