本紙購読

特集ページ

« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月22日 (金)

東京五輪・パラのマスコット 石垣小学校で議論

 2020年に開催される東京五輪・パラリンピックの公式マスコットキャラクターの投票が、全国の小学校で行われている。事前にエントリーをし、3つのキャラクター(五輪、パラそれぞれで1セット)の中から、1つを選ぶ。投票は1校1票。別府市内の小学校でも、学校ごとに話し合いをしている。

1222t3

 石垣小学校(佐藤元昭校長)でも、クラスごとに朝や帰りの会、授業の中に学級活動として話し合いをして、選んでいる。キャラクター「ア」は市松模様をあしらった近未来的なもの。「イ」は稲荷のキツネと狛犬をモチーフにした日本文化を感じるもの。「ウ」はキツネとタヌキでこちらも日本らしさを演出している。上側に五輪、下側にパラリンピックのキャラクターが描かれている。
 5年1組は21日午前11時半から、授業の中で話し合った。はじめに、それぞれイラストを見て、自分がいいなと思ったキャラクターを決めた。その後、自分が選んだキャラクター以外を選んだ友達と、何故それが良いと思ったのかを自由に意見交換した。子どもたちは「アの方がクールでかっこいい」「イの下のキャラクターは富士山っぽくて良い」「ウは一番和の感じがする」「ウの下は自分に似ていて、親近感がわく」「日本を楽しみたい外国人もいると思うので、昔ながらの和文化を感じられるものが良い」など、選んだ理由を話した。
 また、逆に選ばなかった理由についても話し合い「アは日本ぽくない」「ウはスポーツが出来る感じがしない」と様々な意見が出て盛り上がった。賛否両論を聞き、最終的な投票を行った。
 石垣小学校では、1年から6年まで16クラスの投票結果を集計し、3学期に発表。一番人気のあったキャラクターを石垣小の1票として投じる。

2017年12月21日 (木)

JICAシニア海外ボランティア

 青年海外協力隊(JICA)のシニア海外ボランティアとして来年1月からペルーのリマ市へ派遣される、的野慶子さん(65)=東荘園=が20日午前10時、猪又真介副市長を表敬訪問した。

1221t2

 的野さんは中学生の頃から水泳をしており、兵庫県などでスイミングスクールのインストラクターをしていた。8年前に、長女が立命館アジア太平洋大学の卒業生という縁もあって、留学生のホームステイやお世話をしようと別府市に移り住んだ。別府では、温水プールで高齢者の健康のための水中歩行の指導をボランティアでしている。
 シニア海外ボランティアとしては7年前、コスタリカで水泳の指導などをした経験があり、もう1度やりたいと今回応募した。ペルーの水泳連盟が室内プールを建設したことから、一般向けの水泳教室の支援として、児童・生徒に対する日本式の礼儀を含む水泳指導やインストラクターに対するトレーニングやコーチングについて教える予定。
 猪又副市長は「沢山の人が健康になるためのプログラムを行ってほしい。ペルーは日本と近い国ですが、是非、別府のことも宣伝してきて下さい。現地では、急がず地に足をつけて頑張ってほしい」と激励した。
 的野さんは「コスタリカに行った時は、正直、帰りたくないと思った。得意な水泳で何か出来ることはないかと思っていたところ、募集があったので、申し込んでみました。水に入ることの楽しさを伝えたい」と話した。期間は平成32年1月まで。

大分みらい信金の景気動向調査

 大分みらい信用金庫(関啓二理事長、本店=別府市駅前本町)はこのほど、「中小企業景気動向調査」を発表した。3カ月毎に実施しているもので、今回は平成29年10月から12月分。大分市、別府市、中津市、宇佐市、豊後高田市、由布市挾間町、日出町、福岡県築上郡のみらい信金の取引先215事業所が対象。
 小売業61、サービス業60、製造業31、卸売業25、建設業22、不動産業16事業所に面接と聞きとりによる調査を実施した。
 企業の景況感を示す総合業況DI(「良い」と回答した企業割合から「悪い」と回答した企業割合を引いた数値。プラスの数値が高いほど良好)は、9・3で前期比7ポイントの上昇(改善)となった。別府地区の総合業況DIは、9・9で、前期比8・8ポイント上昇した。
 業種別では▽製造業=業況DIは19・3で前期比22・5ポイント上昇▽小売業=業況DIはマイナス10で前期比10ポイント下降▽卸売業=業況DIは8で前期比40ポイント上昇▽サービス業=業況DIは18・3で前期比3・3ポイント上昇▽建設業=業況DIは40・9で前期比18・2ポイント上昇▽不動産業=業況DIはマイナス11・7で前期比11・7ポイント下降。前期と比べると下降した業種があった一方で、小売業や卸売業など、大幅な改善を示す業種もあった。
 しかし、経営者からは「大手との競争が激化している」「従業員が定着しない」「景気回復が実感できない」「今はいいが、来年も良いかは不透明」とあまり好景気は感じていない様子だった。そんな中でも、販路拡大や経費節減を進めていきたいとする前向きな意見もあった。

2017年12月20日 (水)

制作者の「丹精」を見る

 お正月まであと2週間をきった。

12202

 気分だけは気ぜわしい時期だ。だが、この時期に毎年、別府市立少年自然の家「おじか」の方から嬉しい贈り物が……。

 先週親子で参加の"冬のつどい"を開催して門松を作ったそうでりっぱなものを頂いた。毎年ありがとうございます。

「♪早くこいこいお正月♪」

  正月が過ぎても枯らさぬように大事に見守ります。(藤田)

別府翔青高校で交流授業

 国際交流基金日本語国際センター(砂川裕一所長)主催の交流授業が、18日午前8時から県立別府翔青高校(辛島信昭校長)で開催された。ベトナムから来た日本語教師団11人と同校のグローバルコミュニケーション(GC)科1、2年生46人が参加した。

1218o

 同センターの「日本語パートナーズ事業」の一環として実施。国際交流を通して、生徒のコミュニケーションに対する積極的な姿勢を養うのが目的。今年で2回目。
 教師団は校内の施設や生徒の授業風景を見学。その後、午前10時35分からGC科1、2年生との交流授業を行った。
 2年生の教室では、はじめにベトナムについての学習が行われ、ハノイやメコン川の風景などを映像で紹介。その後、生徒が「ベトナムのお金は何ですか」「時差はどのくらいですか」などと質問をした。「日本に興味を持ったきっかけ」について尋ねられた教師たちは、「小さいときに見たドラえもんです」「ドラマの『東京ラブストーリー』で興味を持ちました」などと答えた。その後、生徒が「フルーツバスケット」の遊び方を説明し、一緒に遊んで盛り上がった。
 最後に郡田有紀さん(17)が「ベトナムの方々に会えてうれしかった。楽しい時間をありがとうございました」。上田優真さん(17)も「フルーツバスケットをぜひ、ベトナムでも広めてください」とそれぞれあいさつをした。教師団を代表してレ・トゥイ・ガーさん(43)が「今日は皆さんと一緒にゲームをして仲良くなれて、うれしいです。ありがとうございました」と話した。

べっぷ公民連携LABO

 別府市は、民間事業者と連携して公共サービスの提供等を行う公民連携事業を推進するための情報共有と意見交換の場として「べっぷ公民連携LABO」を来年2月に開設する準備を進めている。準備会としてPPP/PFI推進セミナーを19日午後1時半、市役所で開いた。市内外から民間64社・団体、行政4団体、約110人が参加した。

1220t2

 PPPは、官民連携、公民連携という意味で、PFIは民間資金等の活用による公共施設等の整備などを行うPPP手法の1つ。従来のように、単発で行う連携ではなく、民間の裁量によるところが大きく、「包括発注」「性能発注」「長期契約」「民間資金の活用」がキーワードとなる。
 公民連携LABOは、普及啓発、人材育成、交流、情報発信、官民対話の機能を持ち、セミナーの開催等によるノウハウ等の習得行政と民間事業者との情報共有と直接対話、異業種間のネットワーク構築などを行う。
 原田勲明市共創戦略室長が「近年、全国的に公共施設の老朽化や未利用財産の活用が課題になっている。PPPにより新しいビジネスを創出し、民間の活力を生かし、様々な行政分野における民間資金、アイデア、ノウハウを導入していく方針。情報交換、意見交換の場として理解と必要性を共有するセミナーです」とあいさつ。
 稲尾隆公民連携課長が、別府市の公民連携の取り組みやサウンディング調査による鉄輪地獄地帯公園整備、別府海浜砂湯拡張整備事業、亀川地区市営住宅集約建替事業についても説明をした。
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の藤木泰斗政策研究事業本部官民協働室副主任研究員が「PPP/PFI概論・事例紹介」として、PPPとPFIに対する考え方と実例をあげて説明した。
 引き続き、株式会社俊設計の吉田俊文代表取締役が「地域企業におけるPPP/PFIの取り組み」と題して講演した。
 別府市では、来年2月1日午後2時から、亀の井ホテルで「第1回べっぷ公民連携LABO」を開き、本格的に始動することにしている。

2017年12月19日 (火)

12月別府市議会定例会きょう閉会

 平成29年第4回別府市議会定例会は19日午前10時、▽厚生環境教育▽総務企画消防▽観光建設水道の各委員会が議案に対する報告、討論、表決した。

12192

 ▽厚生環境教育委員会の安部一郎副委員長が平成29年度別府市一般会計補正予算の保険年金課部分について「生活保護扶助に要する経費では、生活保護費の医療扶助費が前年対比で増加となったことに伴い、予算に不足が生じる見込みとなったため追加額を計上する説明があり、委員からは生活保護受給者の人数などについて質疑があった。当局からは、生活保護受給者及び世帯数ともに、近年は横ばい傾向との答弁があった」と説明した。別府市介護保険事業特別会計補正予算などについても説明した。
 ▽総務企画消防委員会の阿部真一副委員長が防災危機管理課関係部分について「市高齢者運転免許証自主返納支援事業に係る交付申請者の増加に伴い、交通安全推進に要する経費を200万円の追加補正するとの説明があった。委員から、今後さらに加速する高齢化社会において、この事業の継続をどのように考えているのかとの質疑に対して、当局から、他課で実施されているバス回数券の額面金額の半額を補助する高齢者向けの支援事業が開始されたことから、市全体の高齢者事業も十分に考慮串、縮小または廃止の方向も視野に入れて検討していくと答弁があった」と説明した。財政課関連の別府市土地開発基金条例の廃止などについても説明した。
 ▽観光建設水道委員会の小野正明副委員長が平成29年度別府市一般会計補正予算の産業政策課関係部分について「『元気な別府創生べっぷで飲んで食うぽん券』購入者の未利用や取扱店の未換金による余剰金及び『別府市中心市街地活性化協議会事業』の廃止による余剰金を、別府商工会議所より寄附金として受納することに伴い、商店街活性化に要する経費の財源の一部として充当すると説明があった」と述べた。農林水産課関係のざぼんサイダーの在庫の減少による2万本の増産に伴う経費などの説明もした。
 報告後、表決の結果、すべて可決した。
 厚生環境教育委員会にあった「公的年金制度にかかわる請願」は、委員会で採択しないものとし、本議会でも起立少数のため、否決された。
 一般社団法人別府市産業連携・協働プラットフォームB―bizLINKの経営状況説明書類の提出、別府市国民保護計画の変更、市長専決処分について報告があった。
 議員提出議案として、荒金卓雄議員(公明党)が第10号「小中学校におけるプログラミング必修化に対して支援を求める意見書」が提出された。異議なく可決された。

「フロムーン別府ハウス」落成

 別府市は、おためし移住施設「フロムーン別府ハウス」の落成式を18日午後3時、楠町の現地で実施した。

1219ta2

 空き家の有効活用と移住・定住を推進するもので、別府市に移住を希望する人が、まずはお試しで住んで町を体感してもらおうというもの。面積は64・98平方㍍で、1LDK。テレビやソファー、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、IHクッキングヒーターがある。また、お風呂は源泉掛け流しの温泉となっている。設計・施工は大分県建築士会別府支部。
 外観の玄関部分は、大正ロマンを思わせる擬洋風建築で、内装は大分県産材の自然素材を使っている。アプローチは様々な色合いの別府石を敷き込んで、変化をもたせている。
 18日から受け付けが始まり、希望者は申込用紙に必要事項を明記して、本人確認添付書類、事前アンケートを市役所にメール、ファクス、郵送で送る。応募者多数の場合は抽選を行い、当選者に通知。利用料金の納付を確認後、カギの受け渡しを行う。利用は5泊以上10泊以内で、1泊5千円。

1219tb2

 また、利用者には「別府市ハーフ住民クラブ」に加入してもらう。ハーフ住民クラブ会員は、SNS等で積極的に別府の情報を発信してくれる人に会員になってもらい、交流人口を定住人口へ結びつける制度。対象は、別府市街に住民登録があり、フロムーン別府ハウスの利用者、市内の旅館、ホテル等に1年間の間に通算5泊以上する人、その他市長が認める人。ホームページからダウンロードして申請を。入会金、年会費は無料。会員証を発行し、別府に滞在中は一部の行政サービスを市民と同様に受けることが出来る。
 落成式で長野恭紘別府市長は「快く貸していただいたオーナーさんに心から感謝します。移住、定住の前段階でプチ移住をしてもらうためのもの。ハーフ住民クラブという新しい制度も導入し、新しい取り組みを掛け合わせて別府の新しい良さを発信できればと思う。地元の皆さんには、戸惑うこともあるかもしれませんが、よろしくお願いします」とあいさつ。来賓の黒木愛一郎市議会議長が祝辞を述べた。
 設計を担当した浅野健治県建築士会別府支部長が「楠港が見えるこの地は、大正初期から昭和に賑わったということで、大正ロマンをデザインに入れた。建具は、浜脇高等温泉で使われていたドアのデザインを採用しました。清潔感をという要望でしたので、白を基調にしました。お風呂には高崎山と別府湾、湯けむりの壁画を描き、別府らしさを出した」と説明。
 長野市長、黒木議長、西謙二別府商工会議所会頭、堀精治市旅館ホテル組合連合会専務理事(会長代理)、オーナーの二宮浩彰さん(39)=愛媛県八幡浜=がテープカットをした。第1号入居者は、お笑い芸人のダイノジで、2人が別府への愛を語った。
 その後、内覧会が行われ、間仕切りをなくした広い室内に温泉のお風呂の様子などを見て回った。オーナーの二宮さんは「元々はひいおじいちゃんとひいおばあちゃんが暮していた家で、祖父母が受け継ぎ、その後は一番近い所にいる私が受け継ぎました。しかし、管理がなかなか行き届かずに、別府市からお話をいただいて、喜んで貸すことにしました。多くの人に利用してもらえれば」と話した。

2017年12月18日 (月)

ひとまもりまちまもり自治区形成事業始まる

 別府市は、少子高齢化による地域運営の担い手不足や、自治会に加入しない人がいるなどの理由で自治会等の組織力が弱まっていることを受けて、中学校区単位で課題解決のための取り組みを強化するための「ひとまもり・まちまもり自治区形成事業~持続可能な地域づくり・自分たちのまちは自分たちでまもる~」を行っており、各地区で様々な取り組みが始まった。

1218t2

 組織力が低下する一方で、高齢者の見守り、子育て支援、空き家、防災対策など地域力強化のニーズは高まっている。地域ごとに抱える課題は微妙に違うが、共通の課題も多くある。自治区を青山・東山、中部、鶴見台、朝日、山の手、北部、浜脇の7中学校区に分け、地域が連携・協働して自治機能を維持するための取り組みを行い、相互に支える中規模多機能自治の実現を目指している。
 事業は、中学校における複数の自治会による組織を対象に、1校区当り100万円を上限に補助金を交付するもの。地域の安全・安心を守る事業や子どもたちがイキイキと成長する、住民の生き甲斐・やり甲斐を創出する「ひとまもり事業」や歴史、伝統、文化、産業を磨き継承したり地域資源を生かしたり、美しいまちを作るなどの「まちまもり事業」がある。
 東山地区、西地区、北地区がすでに事業を実施している。東山地区は、伝統の東山太鼓を継承するために、西地区は住環境への悪影響や近隣トラブルにもなりかねない犬、猫のフン尿や野良猫へのエサやりを禁止する看板を設置。北地区は地区内7つの共同温泉で一括して大掃除を業者委託した。
 17日午前8時半、南的ケ浜温泉で清掃が行われた。普段は町内の人に営業後の清掃をお願いしている。この日は元々、町内の人が集まって大掃除をする予定にしていたが、地区内は共同温泉が多いことから、中山慶一郎市自治委員会北地区支部長(南的ケ浜町自治会長)を中心に大掃除を業者に頼んで新しい年をキレイな温泉で迎えようということになった。
 普段は出来ない高い天井まで、掃除をした。中山支部長は「別府市からの補助金で大掃除が出来て、地区内みんな感謝している。南的ケ浜町の温泉も掃除をしてくれる人の確保や昭和40年に建てられた古い建物で、建て替えの問題などもある。多くの町内がそうではないかと思う。今回は大掃除が出来たが、今後のことも考えていかなければいけない」と話した。

鶴高PTAがとり天カレーで激励

 県立別府鶴見丘高校(酒井達彦校長)で16日午後0時15分、同校体育館で同校PTA主催の「点取りカレーで3年生を激励する会」が開かれた。とり天をトッピングをした手作りカレーライスを食べて、センター試験の点数を取り頑張ってもらおうとの趣旨で、今回で5回目。

12182

 3年生269人を前に、酒井校長が「楽しい一年前と比べて、今は試験に向かって頑張っていると思います。これからの受験を控えた皆さんのために、PTAの皆さんがカレーを作りました。味を堪能して、保護者の期待を胸に先生から言われたことを思い出して、試験に臨んで下さい」。
 野崎長武PTA会長は「毎日きついかもしれませんが、皆さんの周りにはかけがえのない仲間や先生がいます。あなたたちは一人ではありません。この力を糧として、温かい春を迎えられるように頑張って下さい」とそれぞれあいさつした。
 生徒を代表して冨田慎平さんが「センター試験まで残り1カ月をきりました。点取りカレーを食べて、最後まで頑張ります」と決意を述べた。

12182_2

 その後、クラスごとがPTAが「頑張ってね」と声をかけながらカレーライスと、学年主任、進路指導、各クラス担任のメッセージ付きのお菓子が一緒に手渡された。
 生徒は、クラスや仲の良い友人と輪になって、一口ごと味わっていた。
 岡兼世さん(17)は「まろやかな味。愛情がこもっており、とても嬉しいし、ありがとうという気持ちでいっぱいです。点取りカレーを食べたので、本番では今までより1点でも多く取れると思いますし、取れるよう頑張ります」と述べた。
 センター試験は来年1月13、14日に迫っており、同校は授業終了日の今月22日以降も、24日から28日まで冬季補修を行う。来月4、5日には模擬試験を実施する。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気