本紙購読

特集ページ

« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

大分ロボケアセンター講演会

 福祉用ロボットを使って身体機能を高めるフィットネスを展開している、大分ロボケアセンター(安永好宏代表取締役社長)=太陽の家内=は、講演会「世界の温泉療法について」を30日午後6時、市保健センターで開催した。約80人が参加。

0131t2

 大分ロボケアセンターは、筑波大学の山海嘉之教授が設立したCYBERDYNE(サイバーダイン)が研究・開発・製造・販売するロボットスーツ「HAL」を用いたトレーニングを提供している。HALは、装着することで身体機能を拡張、増幅、補助することができる世界初のサイボーグ型ロボット。大分センターは平成25年に企業誘致によって設立された。福祉用(下肢用)、自立支援用(単関節)、介護支援用(腰)を扱っている。
 はじめに、来賓の阿南寿和副市長が「ロボケアセンターは、別府の宝であり、これからも連携を取りながら事業展開をしていきたい。畑病院では、HALリハビリを使っていると聞き、医療の水準が上がっていると思う」とあいさつ。
 畑洋一・畑病院長が「温泉の効能と別府温泉」、阿岸祐幸北海道大学名誉教授、健康保養地位学研修所代表、NPO法人健康保養ネットワーク理事長が「ヨーロッパの温泉療法について」と題して講演した。
 畑院長は温泉を利用した水中運動などに携わった経験から「温泉だけでなく、運動や食をプラスし、兼ね合わせていくことが大事だと思う」と話した。
 阿岸名誉教授は共にドイツの温泉療養について「ドイツにはクアオルトというのがある。クアは長期間保養地に滞在し、治療するという意味で、オルトは場所。つまり、保養地という意味になる。日本の温泉利用は、首までつかる全身浴だが、ヨーロッパは全然違う。クアオルトには、公園やコミュニティーの場、専門の病院などがあり、エビデンスに基づいて、ヘルスリゾートメディスンとしてすべての医療活動をしている。医学とウエルネスを融合させ、多彩なプログラムを提供し、楽しみながら長期滞在が可能。そこに、行政や保険制度のバックアップが必要。別府は手つかずのものだけという気がする。文化的なものや楽しめる施設、プログラムを作ることで、もっとインバウンドも増えるのではないか」と話した。
 最後に、安永社長がHALを使った取り組みを紹介。自力で動かす力が弱い人に対し、電極をつけて動きをアシストし、力を増幅させて手足を動かす。機械で強制的に動かすのではなく、あくまでも自分の力で動かし、それをアシストすることで、脳に動かす感覚を反復で再認識させることで、効果が表れた実例などをあげて説明した。

ラグビーW杯の大分銀行ドーム等視察

 来年のラグビーワールドカップに向けて、ニュージーランド代表チームのスティーブ・ハンセンヘッドコーチとダレン・シャンドチームマネージャーが30日午後0時15分、試合会場となる大分銀行ドームを視察した。大会組織委員会が出場チームを招く公式視察が県内に入るのは、昨年12月のウェールズ代表に続き2チーム目。

01313

 視察は非公開で行われ、ヘッドコーチらはグラウンドの芝の状態、選手がスタジアム到着からピッチまでの動線、選手が使うロッカールーム、トイレなどを確認した。
 視察を終えたハンセンヘッドコーチは「ピッチは準備中だが、芝も良い状態だった」と評価した。
 「大分銀行ドームでどのような試合をしたいか。今大会の目標は」の質問に、「試合相手がどのチームになるか分からないが、いつも通りに強い試合をしていく。それを楽しみにしている。1番の目標は、優勝すること。強いチームなので勝てると思うが、他にも強いチームがあるので頑張りたい。もう一つの目標として、日本の文化などを学びたい」と意気込みを語った。

01312

 「ニュージーランドのスタジアムにあって、ここのスタジアムにないものや気になるものは」の質問には、「スタジアムは世界中同じで、変わるのはサイズ。大分銀行ドームは、大きくもなく小さくもないので、ちょうど良いと思う。選手のロッカールームがとても広い。芝が天然芝と人工芝が混じっているので、試合をするのにはとても良い」と述べた。
 その後、ハンセンHCは、大会の公認キャンプ地に立候補している別府市内の施設を視察した。
 ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、2018年春ごろから各チームの意向に基づき公認チームキャンプ地を決定していくとしている。
 ニュージーランド代表チームは「オールブラックス」の愛称で知られており、前回のワールドカップで2連覇を果たしている。
 来年のワールドカップ日本大会の1次リーグでは、大分銀行ドームで敗者復活最終予選を勝ち上がったチームと対戦する。
 また、大分銀行ドームは予選3試合と準々決勝2試合のあわせて5試合が行われることになっている。

2018年1月30日 (火)

生学フェス大盛況

 平成29年度第25回別府市生涯学習フェスティバルが、1月の中央公民館あったか祭りとサザンクロス発表会の開催をもって終了した。
 昨年10月から市の各公民館で実施されたこの催しでは、公民館を利用する別府市民によるステージ発表や作品展示が行われ、私がカメラを持つと「お兄さん、こっちも写真撮ってよ」と引っ張りだこ。活動のPRをここぞとばかりに行える、またとない機会である。市民の皆の笑顔が、ここに結集したかのよう。来年度も楽しみだ。(大平)

くらしの中の竹工芸展始まる

 第54回「くらしの中の竹工芸展」(「竹・ルネサンス」実行委員会主催)が30日から、別府市竹細工伝統産業会館で始まった。期間は2月12日までの午前8時半から午後5時(最終日は午後4時)で、2月5日は休館日。

0130t2_2

 別府竹工芸の伝統を受け継ぎ、地場産地と共に「竹の新作展」として歴史を重ね、名称を「くらしの中の竹工芸展」と改め、「竹の器と暮す心豊かな生活」をテーマに、竹工芸を提案している。生活に潤いをあたえる豊かな造形と伝統の技を兼ね備えた新しい竹工芸品を募っている。美術制のみならず、産業工芸、生活工芸として日常生活に密着した商品性のある作品を顕彰し、別府竹工芸の振興に努めることを目的に開催。
 審査基準は、別府竹工芸の品格を有し、生活に潤いを与える実用性と造形美を兼ね備えた、新しい感覚の作品。65人から107種、142点が出品された。

0130t3

 各賞の表彰のあと、岩尾一郎竹・ルネサンス実行委員会会長が「スタート当初から、あらゆるジャンルの製品を表彰しています。美術制の高いものも暮らしに直結するものもある。若手の登竜門にふさわしい。常連は技術、技量が優れている。これからも研さんを重ね、若手の壁になってほしい。最近では、行政も様々な竹の施策を取ってくれている中で、出品数がほとんど変わらないのというのは残念。来年はもっと多くの出品を期待しています」とあいさつ。
 来賓の阿南寿和副市長が祝辞。受賞者を代表して、県知事賞を受賞した谷村政治さん(73)=大分市=が「本当に感激しています。この受賞を糧に今までの優れた技法、技術を踏襲しつつも、創意工夫し、伝統的な別府竹細工の発展に少しでも貢献するため、日々精進したい」とお礼を述べた。
 受賞者は次のとおり(敬称略、カッコ内は部門と作品名)。県知事長、市長賞の作品紹介などは明日以降行う。
 ▽大分県知事賞・特別賞(竹・ルネサンス賞)=谷村政治(茶・花「棗 春夏秋冬」)▽別府市長賞=西川理(同「櫛目花籠(五角)」)▽別府竹製品協同組合理事長賞=中臣一(住「Frill2018」)▽別府竹製品卸商業組合理事長賞=清水貴之(食「PANIER(レギュラーボトルサイズ)」)▽別府市議会議長賞=米澤二郎(住「瑞雲」)▽大分県竹産業文化振興連合会長賞=小屋了子(茶・花「純真」)▽別府商工会議所会頭賞=三沢俊一(同「六角網代花篭」)▽別府市観光協会長賞=林純平(住「泡沫」)▽大分合同新聞社長賞=足立チエ(茶・花「壁かけ一輪ざし」)▽光雲斎賞=遠藤元(同「花篭 曉」)

別府市PTA連合会が防災講演会

 別府市PTA連合会(後藤智会長)は、平成29年度防災講演会を27日午前9時半から、豊泉荘で行った。保護者や学校、コミュニティースクールの関係者約250人が出席した。

0130t2

 市P連では、子どもの安全・安心を守るため、災害に遭遇した時の行動や支援者としての活動のあり方を学ぼうというもの。地域との連携や親としていかに行動するかを学び、心の準備をするため、3カ年計画で行う初年度。
 後藤会長が「知識があるかどうかが、1つの命を守れるかどうかにつながる大切なこと。各地区に持ち帰り、防災について伝えてもらいたい」とあいさつ。来賓の長野恭紘別府市長は「様々な災害において、知っていれば助かった命があったと思う。東日本大震災も熊本地震もそうだが、時が経つにつれ、体験や経験が風化していく。そうならないように、自らがどんなことをするかが大切だと思う」と述べた。
 村野淳子市防災危機管理課防災推進専門員が「子どもの安全・安心を考える 学校・地域・人づくり」と題して講演した。村野さんは、東日本大震災、新潟中越地震など数多くの災害現場を体験してきた。「災害には、前もって分かるものと分からないものがある。情報を早く届けるということは、支援がいち早く受けられるということで、とても大切なこと。釜石の奇跡と呼ばれているものも、日頃からどうすればいいか、学校現場で小さい時から訓練した結果」。
 また、支援物資の現状については「物は届いているけれど、大きなトラックでは避難所には行けないことがあり、荷物を載せ替えられる小さな車もガソリンもないため、物資が末端にまで届けられないということがある」と被災地の現実を語った。避難所の運営のあり方などについても話をした。

別府観光の年末年始入込速報値

 別府市は、平成29年度の年末・年始(12月28日~1月3日)の入り込み調査の速報値を29日に発表した。
 調査対象の施設は、アフリカンサファリ、別府ロープウェイ、城島高原パーク、高崎山自然動物園、ハーモニーランド、別府地獄めぐり、うみたまご、別府ラクテンチ、スギノイパレス、地獄蒸し工房鉄輪の10施設。交通機関は、別府インターチェンジ、フェリーさんふらわあ、宇和島運輸、大分空港。宿泊施設は市内のホテル・旅館30施設。
 昨年の「九州ふっこう割」の反動で減少が懸念されたが、曜日の並びや天候にも恵まれた他、海外からの観光客(インバウンド)の増加もあり、各施設ともほぼ横ばいまたはプラスで、宿泊客数も前年を上回った。
 高速道路の利用車は降車数5万5077台(前年対比1・8%減)、フェリーなど船舶利用者は8677人(同9・4%増)、降車数は3023台(同7・8%増)、飛行機の降客数2万5710人(同0・2%増)だった。船舶については、大分ー神戸間の船便が一部欠航し、同便の利用客が別府航路に移ったことが影響し、利用客数が大きく増加したと見られる。
 宿泊施設は、4万4636人で前年比1・1%増加。地区別にみると、北浜・中央地区1万4735人(前年比2%減)、鉄輪・明礬地区5225人(同1・2%増)、観海寺・堀田地区1万7699人(増減ゼロ)、その他6977人(同11・5%増)だった。
 観光レジャー施設は、一部で悪天候の予報やカウントダウンを取りやめた施設もあり、大晦日と元日は前年割れしたが、その他の日は横ばいで、入場者数は15万4270人となり、前年比0・1%減だった。

2018年1月29日 (月)

サギ被害撲滅!

 いまだに無くならない特殊詐欺被害。今回も、82歳の無職女性が約4千万円の被害に遭っている。
 別府署によると、還付金詐欺や架空請求詐欺だけでなく、オレオレ詐欺もまだかかってきているという。
 現金をATMで送金させる手口は減少しており、ギフトカードを購入し番号を伝える手口が多いという。伝えていこう、サギ撲滅を!(田口)

ラグビー「サンウルブズ」別府合宿

 ラグビーの最高峰「スーパーリーグ」に参加している、日本のチーム「ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ」が28日から、別府市の実相寺多目的グラウンドを中心に別府合宿をスタートさせ、同日午後には県内でラグビースクールに所属する子どもたち約600人を対象に交流会を行った。

0129t2_3

 今回の合宿は、スーパーラグビー2018シーズンを前にしたもので、日本代表のリーチ・マイケル選手や浅原拓真選手、石原慎太郎選手など約40人が参加している。
 交流会は2回に分けて行われ、1回目はマイケル選手やエドワード・カーク選手、サム・ワイクス選手ら10人が参加。2回目は堀江翔太選手、日野剛志選手ら10人が参加。また、交流会には参加しなかったものの、他の選手も全員顔を見せて盛り上げた。
 交流会では、子どもたちから選手へ「好きな言葉は何ですか」「強かったチームはどこですか」「家族のサポートでうれしかったことは」などの質問があり、選手は「好きな言葉は『勇気なくして、栄光なし』」「昨年のスコットランドの代表チーム」「普通にいてくれることが助かる。頑張れとかあまり言わず、普通にしてくれること」などと答えた。

0129t

 また、選手にタックルしたり一緒にスクラムを組んだりと貴重な体験をした。浅原選手が、ボールの持ち方について「両手でしっかり持つこと。サンウルブズの選手は片手で持っていることもあるけど、みんなはまず、しっかりとボールを持つことを意識してほしい」などとアドバイス。最後はサイン、握手、写真撮影会があり、熱心なファンに選手達も予定時間を過ぎてもサインに応じていた。
 多くの選手からサインをもらった別府市ラグビースクールの手嶋大智さん(12)は「(選手は)とても大きかった。(憧れの選手は)田中史朗選手」と話し、選手のテクニックも見ることが出来た様子だった。
 合宿初日を終えて、日野選手は「昨年初めてスーパーラグビーでプレーさせてもらい、自信に繋がりました。福岡出身なので、別府市は同じ九州ということで馴染みもあり、ホームを感じられる場所。新しいメンバーともしっかりコミュニケーションをとり、チームとしての一体感を作りながら、成果を出せるように努力していきたい」。徳永祥尭選手は「別府を訪れるのは、今回が初めてでる。地元の子どもたちの歓迎を受け、キッズ交流会でも多くのファンの方が応援してくださっていることを知り、ラグビーの温かい街だなと感じました」とコメントを発表した。
 チームは2月2日まで合宿を行い、一部をのぞいて一般にも公開されている。

ソロプチミスト別府認証30周年

 国際ソロプチミスト別府(草本貴美子会長、24人)は、認証30周年記念式典を28日午前11時、別府湾ロイヤルホテルで開催した。姉妹クラブなど九州各県から24クラブ約160人が参加した。

0129t2

 別府クラブは、1987年10月、大分クラブを親クラブとして、32人でスタート。県内5番目、南リジョンでは39番目のクラブとして活動を開始した。
 草本会長が「女性や女児の地位向上など地域に根差した活動を続け、努力が段々と実っている感じがします。皆さんのご支援があって、頑張れる。40年、50年に向けて頑張っていきたいので、これからもよろしくお願いします」とあいさつ。
 来賓の長野恭紘別府市長は「地域に溶け込み、時代に応じて様々な活動をいただいている。これからも、お力添えをいただきたい」と祝辞を述べた。太田瑞穂子国際ソロプチミストアメリカ日本南リジョンガバナーがアメリカ連盟会長メッセージを代読した。

0129t3

 30周年記念事業実行委員長の穐吉節子さんが、記念事業を報告。社会福祉法人別府市知的障害者育成会別府朝日園、公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団ピノキオコンサート、ソロプチアメリカ連盟資金調達協議会、公益財団法人ソロプチ日本財団、ソロプチアメリカ日本南リジョンにそれぞれ寄付。別府市社会福祉協議会に車椅子5台を寄贈した。
 また、親クラブのソロプチ大分の豊田素子会長に草本会長から感謝の花束が贈られた。
 引き続き、記念事業として「南こうせつチャリティーアフタヌーンコンサート」が行われ、「初恋は白鳥座」からスタートし、映画にもなった「妹」や「夢一夜」「神田川」など新しい曲から懐かしい曲まで思い出エピソードとともに演奏し、盛り上がった。

2018年1月27日 (土)

「積極果敢」が創るもの

 日出町のホンダR&C太陽に勤める中島眞一さん(47)。中学生の頃に「目立ちたいから」という理由で切り絵を始めて以来、数多くの作品を作り出している。創作サークル「元気の出るアート!」の一員としても活躍。アートプラザなどで展示も行っている。また、国民文化祭の「盛り上げ隊」日出町代表でもあるという。
 先天性による手足のマヒにも負けず、毎年10点の作品を制作している。何事にもポジティブで積極的な姿勢を、見習いたいと思った。(大平)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気