本紙購読

特集ページ

« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月27日 (土)

業務代行?

 40年近く前になる。陸上自衛隊に2等陸士として入隊、当時別府にあった第111教育大隊で前期教育を受けた。鮮明に焼き付いたのは、自衛隊は我が国の安全保障を担う武装集団(軍隊)であると同時に、その目的を達成するための人材を育成する教育機関的な存在であるということ。なかでも指揮官(教官)の「卒先垂範」は絵を描くような感があった。十文字原の戦闘訓練場に集合して訓練を行う時のこと。上下ピカピカ、プレスの利いた戦闘服に磨き込んだ半長靴で隊容検査を終えると、班長の「その場に伏せ!」の号令でうつぶせる。2月上旬の厳冬の頃。当時ピカピカの区隊長(2等陸尉)、樋口忠士さん、教育班長の亀甲清広さん(2等陸曹)の2人は、ドロドロの水溜りを見つけて、あえてそこに身を伏せた。我々も指揮官に見習い、ぐちゃぐちゃに。約3百メートル、早駆けやほふく前進をくり返し、突撃行動に移る。前時代的な戦闘訓練だが、これが普通科のイロハの「イ」。
 去る23日、草津白根山噴火で、陸自第12旅団ヘリコプター隊の伊沢隆行さん(49)という陸曹長が噴石から部下をかばうため自ら覆い被さり、背中に「被弾」して亡くなった。訓練中の事故で当然殉職扱いとなり3等陸尉に特別昇任。伊沢曹長は整体師としての資格を持ち、退職後はその道に進むことを夢みた。「人を笑顔にすること」が生き甲斐だったという。伊沢さんに限らず、自衛隊組織の中にはこの種の「物語」や伝説(レジェンド)が数限りなく存在する。残念ながら、国民に伝わる機会が極めて少ない。任務の性格上か、この種の美談を対外広報にフル活用するのは実にヘタクソ。何かにつけ遠慮がち。広報業務を支援するワケではないが、この際だからあえて伝えておこう。「我が国が戦後70年間、平和を維持できたのは、憲法9条のお陰」と、言う憲法学者に伝えよう!「自衛隊のお陰です」――と。  (陽)

別府市美術協会五美会展が開幕

 別府市美術協会(荒金大琳会長)は「第43回五美会展」を27日、市美術館で開幕した。2月8日までで、午前10時から午後5時(最終日は午後4時)。月曜は休館。入館料は100円(小・中学生50円)で、小学

0127oa

生未満の子どもと70歳以上の人は無料。今日新聞社など後援。今年10月に開催される「第33回国民文化祭・おおいた2018」と「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」の応援事業。
 5部門の選抜作家および市美術展入賞者が手がけた日本画17点、洋画21点、書道34点、写真26点、工芸彫刻6点が並ぶ。また、荒金会長をはじめとした各部門の会長5人による5つの作品や、日展会員でもある工藤和男創元会会長の洋画「ラグーザ(シチリア)」、西村駿一市美術館長の洋画「ふるさと」、林淳一郎亀川小学校長による工芸作品「蒼」などの招待作家作品3点もあり、計112点の作品が見る人の目を楽しませる。

0127ob

 洋画「峠の路」を出品した内成在住の会員、藤尾まゆみさん(69)は「内成地区にある旧道を描いた。遠近、光と影などを強調することを心がけました」。舛添木菴書道副部会長兼本部事務局長(49)は「今回は全県をあげて国民文化祭を盛り上げていこうという機運への一助でもある。各部門とも年々、レベルが上がっており、どの作品もバラエティに富み、個性がよく出ている。若い作家さんの作品もある。今後も別府の美術の発展のため、芸術文化にふれていってほしい。見に来る人にも『美術っていいな』と感じてもらえたら」と話している。

0127oc

自立支援センターおおいた大臣表彰

 第11回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受けたNPO法人自立支援センターおおいた(別府市千代町)の後藤秀和理事長ら関係者が26日午前9時半市役所を訪れ、長野恭紘別府市長に受賞の報告をした。

0127t3

 自立支援センターおおいたは、平成14年1月に設立され、バリアフリー体験を通じて、まちづくりを考えてきた。今回の受賞は、障がい当事者による多面的な自立支援サービスの提供が評価されたもの。バス運転手を対象としたバリアフリー研修や子どもの頃からユニバーサルデザインに興味を持ってもらうための出前授業、バリアフリーマップの作成、バリアフリーツアーセンターを開設し観光施設等調査や情報発信などをしている。また、別府市が平成25年度に導入した、段差や道路の破損などを携帯電話のカメラに撮って、送るだけで行政が現場を確認することができ、対応するアプリ「フィックスマイストリート」を活用してバリアフリー化を進めてきた。フィックスマイストリートを導入しているのは、県下で別府市のみ。
 表彰式は12日午後1時40分、東京の国土交通省で行われた。今回受賞したのは5組8団体で、NPO法人は自立支援センターおおいただけ。
 後藤理事長は「フィックスマイストリートは、行政側に受け入れ体制がないと出来ない。別府を基盤として、まずは県内に波及させられるモデルケースになればと思う。協働で進めていきたい。受賞したことで、次のステップに動いていきたい」と報告。
 長野市長は「皆さんは先駆者なので、いろいろな提案をいただきたい。別府市とも組んで、積極的に取り組んでもらえればと思う。協働で、センターも儲かり、来てくれた人たちも喜んでもらえるようにしていければ良いと思う」などと話した。

2018年1月26日 (金)

新式呼吸法とは

 ガンジー薬草の会(田口幹治会長)の定期総会で、田口会長が最近行っている健康法として「1対2の呼吸法」を紹介していた。
 この呼吸法は、「吸う」と「吐く」にかける時間が1対2になっているもの。実践することにより、自律神経を整えるなどの効果が出てくるのだという。どこでも簡単にできるので、試してみよう。(大平)

その生き様に跪くか

 日本は、世界で一番長い歴史を有する国だ。皇紀2678年、初代天皇の神武天皇が紀元前660年一月一日に即位した。(日本書紀)2位はデンマークで約千年、3位英国は約8百年。太平洋戦争を境に「皇紀」の使用は天皇崇拝につながるとして西暦あるいは元号を公式とした。
 その国民は約1億2千万人。勤勉にして努力を惜しまず、他者の苦を見捨てる事なく、「和を以って貴と成す」気風があり、諸外国に対して極めて親切な民族―――と、評価されている。
 先の大戦で壊滅的な物心両面の損害を被ったにもかかわらず、奇跡的な復活を遂げ、国際社会に大きな評価を得ている。
 国民の心の拠り所は一体何だったのか。世界の「天才」日本を作り上げた発生の根源は一体何だったのか。物の本に「天才」を作り上げる条件は3つあるという。▽あふれる自然▽厳格なる規律や法則(法律)▽跪(ひざまず)く心。
 このうち多くの日本国民は一体何に「跪」いて来たのか。思うに、国家国民の象徴である「天皇」の存在にでは?幸い右も多くの左もこの事に異論はなかろう。今上天皇は125代。来年5月1日即位される皇太子殿下、徳仁(なるひと)親王は126代目となる。1960(昭和35)年=皇紀2620年2月23日のお生まれ。来月58歳になられる。浩宮(ひろのみや)さまの称号で親しまれた。お印は梓(あずさ)。戦後皇室で初めての親王誕生として国民に注目された。(浩宮徳仁=ひろのみや・なるひと)の称号は、祖父の昭和天皇が命名。四書五経にある「浩々たる天」「聡明聖知にして天徳に達する者」を典拠とした。
 ご幼少の頃から活発で利発。弟や妹の面倒をよく見るのんびり屋の長男。教育係を廃し、今上天皇皇后両陛下が手塩にかけて育てた。1993(平成5)年に、当時外務省キャリアの小和田雅子さんと結婚。2001(平成13)年に長女、敬宮愛子内親王を授かった。
 ご公務として献血運動、高校総体、国民文化祭、全国育樹祭などの御臨席。世界水フォーラムの運営ご参加、日本赤十字名誉副総裁をつとめられている。
 今年10月の国民文化祭大分大会では皇太子として最後のご臨席となる。
 昭和57年に学習院大学を卒業。同大学院に進学、人文科学の修士号取得。58年から2年間、英オックスフォード大学留学。63年には英国ケンブリッジ大学では名誉法学博士号も。学習院オーケストラの一員で、OBとしてビオラ演奏にも参加されている。
 温和慈愛に満ちた人となりだが、ただ一度、平成16年の記者会見では、一部マスコミが雅子妃殿下の人格を否定した報道が成されたとご発言。物議をかもした。結婚前の記者会見では「全力で雅子を守りぬく」―――旨の発言があり、多くの国民の好感を呼んだ。
 来年5月1日59歳で即位される。絶え間なく今上天皇ご夫妻と比較されることだろう。苦難な道のり。重荷を背負いて、その坂道を行くが如く―――である。
 多くの国民が彼の生き様に「跪く心」を持てるか、期待と不安入り混じった新たな時代を迎える。      (陽)

北海道の男を詐欺未遂で逮捕

 別府警察署と県警本部刑事部捜査第二課は共同で25日午後2時半、札幌市北区麻生町1丁目の職業不詳、亀田丈士容疑者(44)を詐欺未遂(架空請求詐欺)の疑いで現行犯逮捕した。
 調べによると、亀田容疑者は氏名不詳者らと共謀し、平成29年10月下旬から30年1月23日までの間、別府市内の無職女性(82)にNPO法人を名乗り多数回にわたり電話で「新しく建てられる老人ホームの入居者候補になりました。入居しなければ他の人に入居の権利を譲ります」と嘘を言い、女性名義で入居を申し込んだものと誤信させた。さらに「あなたは名義を貸した状態になっています。名義を取り消すために費用を払って下さい。問題が解決すれば全額返金を受けられます」と嘘を言い、女性から現金300万円をレターパックで送付させてだまし取ろうとした疑い。
 知人に相談した女性は1月中旬、別府署に相談し、だまされたフリ作戦を実施。
 レターパックが25日、東京都新宿区内の雑居ビルの集合ポストに届き、それを受け取りに来た亀田容疑者を、張り込んでいた別府署員と県警本部捜査員が現行犯逮捕した。
 女性は平成29年10月下旬から30年1月23日までの間、10数回にわたり約4千万円をだまし取られている。

文化財防火デーに先立ち訓練

 「文化財防火デー」の前日となる25日午後1時半、別府市美術館で第64回文化財防火訓練があり、市消防職員、市教委、市文化財保護審議会、別府市公会堂関係者ら40人が参加した。

01263

 別府市美術館は、昭和25年10月1日に別府市公会堂3階に開館。46年10月、新築された文化会館3階に移転。59年5月10日、上人ケ浜町に移転開館。平成28年7月、熊本地震の被害で休館。29年10月12日、野口原の旧大分県立社会教育総合センターに移転した。
 市美術館所有の文化財は、上人ケ浜町で開館していた際に寄贈された石で作られた「笠塔婆」(昭和47年3月21日指定)と「西野口五輪塔婆」(49年3月19日指定)の2点。
 訓練は、市美術館1階研修室から漏電により火災が発生。同室と2階廊下に1人ずつ逃げ遅れた人がいる―と想定。

01262

 自動火災報知機で火災に気づいた美術館職員が、消火器と屋内消火栓設備で初期消火をするが消せなかったため、119番通報すると同時に、館内にいる客役の市文化財保護審議会委員らを屋外に避難誘導した。
 到着した消防隊は、市美術館東側にホースを延長し1階研修室と文化財の間で放水した。
 救助隊員は、屋内進入し、煙が充満した1階研修室内で倒れている男性を発見。室外に出し、その後、施設外に救助した。その他の救助隊員は、2階に逃げ遅れた要救助者がいるか検索していると、廊下に足をくじいた要救助者を発見し、施設外に救出した。
 訓練終了後、高橋尚敏市消防本部予防課長は「今回の訓練は、文化財防火デーより1日早く実施した。火災発生を早く知り、119番通報や避難誘導をスムーズにするには、日ごろからの訓練が不可欠。今回の訓練を、今後に生かしてほしい」。
 寺岡悌二市教育委員会教育長は「これまで、いろんな施設で訓練を実施しています。これが、市の文化財を守ることに通じます。貴重な文化財を、次世代に継承していかなければならないので、引き続き訓練を重ねていきましょう」とそれぞれ述べた。
 別府市内の文化財は、国指定5、県指定17、市指定36、国登録19の計77点・カ所ある。
 昭和24年1月26日、法隆寺(奈良県斑鳩町)金堂の壁画が火災で焼損したため、文化庁と消防庁が昭和30年に1月26日を「文化財防火デー」に制定。両庁は同年から各都道府県・市町村教育委員会、消防署、文化財所有者の協力を得て、文化財防火運動を始めた。

矢吹紫帆さんがコンサート

 三重県熊野市を拠点に音楽活動などのパフォーマンスを行っている音楽家、矢吹紫帆さんはコンサートを、25日午後1時半から別府市風呂本の別府永福寺で開催した。23人が参加。

0126o

 矢吹さんは熊野市で音楽ホール&カフェ「くまの天女座」を運営するかたわら、「10万人とふれあうコンサート」をテーマに、日本国内やイスラエル、イタリアなど700カ所でピアノやシンセサイザー、クリスタルボウルの演奏、手品の公演を行っている。矢吹さんのファンである別府市在住の松尾登志子さんとの縁で、別府での初の開催が決まった。
 シンセサイザーの演奏では、ジャズと笑いをテーマにした即興演奏2曲を披露。その後、自身が音楽担当をした1990年代のNHK紀行番組「美の回廊をゆく」の楽曲から「悲しみのアーナンダ」を演奏した。参加者は心地のよい音楽に聴き入っていた。その後、名刺や百円玉などを使ったマジックで会場を盛り上げた。また、スライドショーで天女座の紹介もした。
 さらに、それぞれ高さや直径が違う7つのクリスタルボウルを使って演奏。参加者は畳の上に寝そべって目をつぶり、ボウルから発せられる音の響きや振動を楽しんだ。終了後、参加者が「体がピリピリして心地よかった」と感想を述べた。最後に、河野憲勝永福寺住職の横笛や小太鼓、鐘と矢吹さんのシンセサイザーによる踊り念仏を全員で踊った。
 矢吹さんは「九州に来るとなぜかうれしくなる。鉄輪という湯けむりの町に、すごく憧れている。コンサートができて幸せです。また開催したい」と笑顔で話した。

県防災教育モデル実践発表会

 平成29年度大分県防災教育モデル実践事業公開研究発表会が25日午後2時半、別府市立鶴見小学校で行われた。学校関係者が参加した。

0126ta2

 大分県教育委員会は、小学校2校、中学校1校、高校1校、支援学校1校をモデル実践校に指定し、火山災害や地震・津波、水害対策について実践的な防災教育を行うことで、自らの命は自らで守るために適切な判断と主体的な行動がとれるようにする。別府市内では、鶴見小学校が火山災害対策に2年連続で指定されている。
 寺岡悌二別府市教育委員会教育長は「防災教育の必要性は言うまでもなく大切。充実し、深く研究しなければならないと思う。いろんな災害に備えて、防災意識を高めることが、1人ひとりの命を守ることにつながると思う」とあいさつ。新宅俊文鶴見小校長は「自然災害に対する正しい知識を持ち、考え、正しい判断で危険から身を守れる児童を育てるため、2年間指定を受けてやってきました。多様なプロの目で予防対策のあり方を学びました」と述べた。

0126tb2

 鶴見小学校による研究発表では、児童会の白石隼一会長(12)と滋野皐生議長(12)が8月22、23日に訪問した長崎県南島原市の雲仙普賢岳などについて発表。「草津白根山の本白根山の噴火のように、鶴見岳もいつかは分からないけど、噴火します。家の1階にまで土砂が流れ込んでいたり、被害の激しさを知りました。別府の火山のことも考えておかないといけないと思った」などと話した。
 防災を担当した岩久輝嘉主幹教諭が防災遠足や防災計画、引き渡しマニュアルなどの取り組みを紹介。吉沖佳子教務主任が授業での取り組みについて報告。また、県防災教育アドバイザーの小山拓志大分大学教育学部准教授が「CERD(大分大学)の取り組みからみた大分県で起り得る自然災害~『命を守る教育』の実現に向けて~」と題して講話。井上哲一県教委体育保健課学校防災・安全班副主幹が指導・講評を行った。

2018年1月25日 (木)

黒猫横断

 最近、夜間に車を運転していて、ヒヤリとする場面に出くわしたことがあった。猫の飛び出し。
 視界の端に何かの影が見えたと思った瞬間、車の前を猛スピードで黒い猫が飛び出して来た。急ブレーキをかけて、何とか最悪の事態は避けることができた。
 もしこれが人だったらと思うと、冷や汗がどっと出てきた。黒猫の車前横断は縁起が悪いとされる。飼い主さん!たのみますヨ~。(田口)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気