本紙購読

特集ページ

« 日出町も条例制定へ検討会報告 | メイン | 大学入試センター試験始まる »

2018年1月13日 (土)

陸自別府駐屯地で成人式

 陸上自衛隊別府駐屯地(山田憲和司令)は、新たに成人を迎えた68人の成人式を12日午前10時から、駐屯地で行った。

0113t3

 今年成人を迎えた隊員は、第41普通科連隊60人、第3普通科直接支援中隊7人、第304基地通信中隊別府派遣隊1人で、男性66人、女性2人。
 はじめに、グラウンドにタイムカプセルをみんなで埋めた。20年後の自分に向けたメッセージや思い出の品などを入れた。山田連隊長兼司令をはじめ、幹部職員も一緒に6人ほどのグループになって少しずつ土をかぶせた。
 祝賀会食では、山田連隊長が「新成人の諸君、おめでとう。家族の方や皆がお世話になった人への感謝の気持ちを忘れないようにしてほしい。諸君に3つ要望をします。1つ目は、皆の倍以上生きてきた者として伝えたい。みんなはこれから嬉しい事、楽しい事、幸せな事、いろいろあるけれども、例えば苦しい事、悲しい事、勘弁して下さいっていう事は倍以上ある。チャレンジするかどうかで皆の意識が変わるので、楽しい事、幸せな事に繋がってくると思う。2つ目は、自分を鍛えて、後輩部下隊員をしっかり鍛えて、事に臨んでは危険を顧みず、その責務を完遂して国民の負託に応えること。3つ目は、一別府市民としてこの晴れの日を、この別府で迎えられることをいい思い出として長く心に刻んでほしい」と祝辞。
 来賓の長野恭紘別府市長がお祝いを述べた。新成人を代表して、堀田隆一陸士長(大分市出身)が「本日は私たち成人者を祝って頂きありがとうございます。本日成人式を迎えましたが今の私にはまだまだ足りないところがたくさんあります。まずは誰が見ても恥ずかしくない行動、言動が出来るよう、しっかりしていかなければいけないと思います。仕事面においては、さらに知識、技能等を身に付けていき、将来は操作手、分隊長となり、後輩隊員の模範となれる様頑張っていきたいと思います。私を産んで育ててくれた両親にも感謝し、これから更に成長していく私をみて誇らしく思ってくれればうれしいです。私たちは常に上を目指す事を忘れずに、失敗することを恐れずに過去を振り返った時に、戻りたいと思えるような過去にする為これからの毎日を楽しみながら頑張っていきます」と決意を述べた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気