本紙購読

特集ページ

« ビーコンで778人出席し成人式 | メイン | 鉄輪の森山正枝さん100歳に »

2018年1月 9日 (火)

市内の各幼小中学校で始業式

 別府市内の公立幼稚園、小・中学校で9日、3学期の始業式が行われた。

0109o3

 鶴見小学校(新宅俊文校長、464人)では午前9時に全校児童が体育館に集まり、始業式を実施。新宅校長が「3学期は一番寒く、学校に来る日は52日間と一年の中でもっとも短い時期。1日1日を大切に過ごしてください。1年生は4月になったら2年生。目標を立てて過ごし、新1年生にやさしくできるように。6年生は卒業式までどのように過ごすかを考えて、鶴見小に通っていてよかったと思えるようにしてください。そのほかの学年の皆さんも、勉強、スポーツ、遊びを頑張り、クラスを良くしてほしい」と式辞。
 児童を代表して2年生の藤澤侑生さん(8)が「冬休みはもちつきなど楽しんだ。3学期は漢字を頑張ったり友達と仲良く遊びたいです」、4年生の藤原省吾さん(10)が「算数や国語など、分からないところを頑張ります」、6年生の吉田陸さん(12)が「4月からの中学校生活を意識したメリハリのある生活を送りたいです」と、それぞれ冬休みの思い出や新学期の決意を述べた。
 引き続き、各クラスに戻って大掃除や宿題の提出などを行った。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気