本紙購読

特集ページ

« APU是永駿氏退任で感謝の集い | メイン | 別府溝部学園高校で百人一首大会 »

2018年1月11日 (木)

ビームスの最終サンプルチェック

 別府市とセレクトショップ「ビームス」、BEPPU PROJECTのコラボレーション事業「BEAMS EYE on BEPPU」商品開発事業の最終サンプルチェックが9、10日に平和マネキンで実施された。

0111t3

 「別府らしさ」を備えた新しい土産物づくりがコンセプトで、2月に東京のビームスジャパンで行う「BEAMS EYE on BEPPU」の中で販売し、その後も別府の土産物として販売できるような商品を作っていこうというもの。25事業者から応募があり、書類選考で16事業者に絞り、商品のパッケージ、内容、展示方法など細かく打ち合わせを重ねてきた。3回目となる今回は、最終チェックとなり商品の確定を行った。
 飲食店、アクセサリー、竹細工、文房具、和菓子、コーヒー用品、化粧品、食品加工、大学など幅広い分野から参加をしている。
 審査を担当するビームスジャパンバイヤーの鈴木修司さんと太田友梨さんが商品を手に取りながら、試食・試飲の方法、ポップ、商品数などについて「限られたスペースなので、内容をあまり欲張らずに、絞ってみせる形の方が良い」などとアドバイスを行った。
 参加事業者は熱心に話を聞きながら、「時間が取れれば、店に行き店頭に立ちたい」「別府の法被があれば、それを着て接客したい」「とにかく、味を知ってもらいたい。それから売り上げにつなげていきたい」「別府の底上げになれれば」と意欲をみせ、今回の事業への意気込みが強く感じられた。今度は、サンプル撮影などをして、2月に本番に備える。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気