本紙購読

特集ページ

« 溝部学園高校と同校看護専攻科の卒業式 | メイン | 語が苦 »

2018年2月28日 (水)

プロレスラー佐藤嗣崇さんが浜脇中を訪問

 別府市出身のプロレスラー・佐藤嗣崇選手(22)=WRESTLE-1所属=は26日午後1時、母校である市立浜脇中学校(小野智靖校長)を訪問し、3月9日午後7時に大分イベントホール(大分市)で開催されるプロレス大会への出場をPRした。

0227o

 佐藤選手は高校卒業後に会社員として働いていたが、2016年10月にプロレス総合学院(東京都)へ3期生として入校。半年間の学院生活を送った後、2017年4月にWRESTLE-1の練習生となった。5カ月間の練習生期間を経て、同年9月2日に開催された神奈川・横浜文化体育館での大会でデビューを飾った。身長185㌢、体重100㌔。得意技はランニングエルボーとコブラツイスト。
 浜脇中学校に、佐藤選手と同団体所属で覆面レスラーのアレハンドロ選手(24)、大分でプロレスを盛り上げる活動をしている都留慎治大分レスリングサミット代表の3人が訪問。同中1年生と給食を一緒に食べた後、校長室で生徒会執行部7人と歓談した。
 佐藤選手はプロレスラーになったきっかけについて「成人式のとき、幼稚園の自分が『プロレスラーになりたいです』と話している映像が流れた。それを見て当時の思いがよみがえってきた。一度きりの人生、今しかないと一念発起し、この道に入った。それがなかったら、プロレスラーを目指してなかったかもしれない」などと話した。また、生徒から「尊敬する選手はいますか」という質問があり、「闘魂三銃士の武藤敬司さん、蝶野正洋さん、橋本真也さんです」と答えていた。
 生徒を代表して高野蒼空生徒会長(14)=2年生=が「今日はありがとうございました。短い時間でプロレスの多くのことを知ることができました」とお礼の言葉を述べた。佐藤選手も「今回が初めての、地元での凱旋試合。見に来てくれる友人や昔の会社の同僚の前で、勝利をプレゼントできれば」と話した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気