本紙購読

特集ページ

« 入湯税引き上げで西田会長 | メイン | 別府市社会福祉協議会の発展・強化 »

2018年3月12日 (月)

鎮魂の思い新たに

 7年前の3月11日、東日本大震災が発生し、被災地だけでなく日本中の人の心に大きな傷を残した。
 午後2時46分、地震発生時間に黙とうを捧げた。被害者総数は2万2千人という。
 市営温泉でも、東日本大震災の発生時やその後の津波のことが話題になっていた。南海トラフ地震のことも話していた。
 別府市も他人ごとではない。東日本大震災でそれぞれが得た教訓を家族や仲間で共有することが、亡き人たちへの鎮魂になるのでは…。(田口)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気