本紙購読

特集ページ

« 市立8中学で一斉に卒業式 | メイン | 市暴力絶滅対策協議会の研修会 »

2018年3月 2日 (金)

期待と失望

 文在寅韓国大統領が1日、ソウルで行われた3・1運動記念式典で、従軍慰安婦問題に再び言及。「加害者である日本が『終った』と言うべきではない」「誤った歴史は我々の力で正さなければならない」
 独島を日本の領土と主張することは「帝国主義の侵略に対する反省をしていない」―――など、平昌五輪のムードと打って変って、執拗な持論を展開。朴政権下で合意を迎えた「不可逆」と未来志向を葬り去る言動。
 ここまで来ると、「どうでもいい!」という気になる。これが我々日本人の悪いクセだ。ならば、彼らの土俵で再度検証しよう。事は「日韓併合」の時代から始まる。当時の韓国は日本に併合という形で救いを求めて来た。識字率10%の国民に教育を導入、母国文字ハングルの普及にもつとめた。都市のインフラは道路交通、都市機能、上下水道の完備、司法制度、議会制、特権階級の剥奪、姓の付与による戸籍編さん、日本の国家予算の1割が朝鮮半島に。従軍慰安婦の「強制」連行は確認できず、当時国家公務員中間職30円。慰安婦の給料は約3百円。日本が韓国に先行投資した「資金」は現在の価値で約3~5百兆円。
 北から侵攻された「朝鮮戦争」では、たとえば別府駐留の米陸軍第187空挺が済州島に投入され、膨大な戦死者を出した。日本は終戦直後に再編された、海上保安庁が北が投入した海上機雷を掃討する作業で終戦後初の死者を出した。軍需物資の輸送では民間人も犠牲になった。ソウルからはるか、釜山まで追われた韓国陸軍は、マッカーサーの仁川上陸で形勢逆転となり平壌まで押し戻したが、38度線で停戦合意が成された。事後は日米の手厚い支援のもと、今日の発展を迎えるに至った。日米物言えば「恩きせがましい」と映る。
 忘れたか!スピードスケート5百メートル決戦の光景。小平奈緒が韓国の2位のイサンファを抱きかかえ、その健闘を讃えたことを。韓国旗に手を添えて一緒にビクトリーラン。平昌の国際友情に冷水を浴びせるかのような言動と行為。
 いや、期待していた我々が間違っていたのかもしれない。  (陽)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気