本紙購読

特集ページ

« 新入学にパフォーマンス | メイン | 国際交流会館に巨大な円が出現 »

2018年4月12日 (木)

技術職から産業部門へ

別府市経済産業部長

白石 修三(しらいし・しゅうぞう)さん(54)

 土木の技術職として市役所入り。ずっと「技術屋」としてやってきた。経済産業部は、創業・企業支援や企業誘致、竹関連をはじめ、農林水産業、競輪事業と産業における幅広い分野を受け持つ。

0412t2

 「どの課も実務経験がないので、勉強中です」と話す。
 大分県の伝統工芸である竹細工は、伝統産業会館のリニューアルも終わり、今後、ニューヨーク支店開設を控えている。競輪事業では、ナイター施設の整備等が終わり、ナイター、ミッドナイト競輪などが行われさらなる収益アップを図る。また、平成31年にはG1レースの開催も決まっている。
 「大きなイベントが終わった後をどうするかが大切だと思う。継続的に維持できるフォローが出来るようにしていきたい」と言う。
 別府市出身だが、親の転勤で各地を回った。大阪工業大学工学部卒。平成5年に別府市に採用された。この年、社会人経験者の採用が初めて行われ、そのうちの1人。大学を出てから、大阪で建設コンサルタントで働き、行政と一緒に仕事をする機会も多く「計画・立案に携わる仕事は行政でしかできない」と考えた。
 JR別府駅前広場やJR亀川駅の自由通路等の事業に携わった。「社会人時代にJRとの仕事も経験していたので、それが役に立った。いつも最後まで事業に携わることは出来なかったが、立ち上げは大変なので、やり甲斐があった」と振り返る。
 平成28年に温泉課長を2年間務め、部長級に。「温泉課では、まだまだやりたいことがあった。事務の見直しや温泉の利活用などを進めていた矢先。別府海浜砂湯の整備もこれからという時期だった」と語る。
 趣味は広範にわたり「その時により、マイブームがあって、こだわるととことんこだわってしまう」と言う。一番長くやったのはスキーだが、現在のマイブームはない。「自分の目で見ないと気がすまない」という現場第一主義。「原理原則は守らないといけない。筋道がたたないことは気持ち悪い」と力説する。大畑で妻とミニチュアシュナウザーと暮している。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気