本紙購読

特集ページ

« 行革に全庁体制で取組む | メイン | 20、21日にスプリングコンサート »

2018年4月11日 (水)

みんなで選ぶ温泉大賞表彰式

 インターネットプロバイダ「BIGLOBE」が主催する「第10回みんなで選ぶ温泉大賞」で、別府温泉郷が温泉地部門で西の横綱(1位)を受賞し、11日午前11時半、別府市役所で表彰式が行われた。別府の1位は3年連続。

0411t2_2

 投票は、国内最大級の温泉サイト「BIGLOBE温泉」および、温泉検索の無料アプリ「温泉天国」で実施された。温泉地部門、旅館ホテル部門、エリア別ランキングの3部門があり、東日本エリアと西日本エリアに分けて昨年12月14日から今年2月5日までの間に行われた。2万7750票の有効票があった。
 東の横綱は群馬県の草津温泉が10年連続で獲得。別府温泉郷については「まちのあちこちから湯気が沸き風情がある」「温泉のバリエーションが豊富で観光地としても楽しめる」といった意見があった。旅館ホテル部門では、杉乃井ホテルが3年連続で横綱の座を守った。
 表彰式では、BIGLOBEバリューサービス本部ライフデザイン推進部の長島隆部長が、長野恭紘別府市長に表彰状を手渡した。また、東の横綱になった草津温泉から、別府からの応援メッセージに関するお礼の動画が流された。
 長野市長は「お客様の声で選ばれたことは、率直にとてもうれしい。皆さんの要望に応えていけるようにしないといけない。熊本地震などたくさんの試練もあったが、それが逆に市民の団結、お客様に別府の良さを知ってもらえるきっかけになったと思う。東の草津も元気になってきたと聞いているので、打倒草津を目指したい。また、由布院との広域的な連携も必要だと思う。資源の保護もしっかりやっていきたい」と話した。
 長島部長は「初めて別府に来ましたが、海があって、山があって地獄があって温泉は天国。選ばれる要素が揃っている所だと感じた」と述べた。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気