本紙購読

特集ページ

« 西石油グループがラクテンチ経営権取得 | メイン | 別府市が自治委員に委嘱状交付 »

2018年4月17日 (火)

常に変化し前進を

別府市教育委員会教育参事
稲尾 隆(いなお・たかし)さん(57)

 初めての教育委員会での勤務だが、これまで財産活用課や公民連携課などでの関わりも多い。

0417t2_2

 平成33年度に浜脇中学校と山の手中学校の統合を控えている他、市立図書館と市美術館の一体整備、子どもの学力向上などハード、ソフト両面で課題がある。
 「教員の働き方改革の話もあるが、教員の働きやすい環境は子どもの教育に集中できる環境とイコールだと思う。学校ごとに特色があると思うので、現場とのコミュニケーションをしっかりと取りながらやっていきたい。これまで、中間的な立場で調整する役割が多かったので、経験を生かせると思う」。
 「地域や保護者など関わる人の数が多い。正しい情報を集めて、冷静に判断する。最後には決断力が大事だと思っている」と話す。
 財産活用課長の時には、財産活用推進会議を作り、市有財産の有効活用について道筋をつけ、公共施設マネジメントの取り組みもこの頃に始めた。その後、公民連携室から課になって再び、公共施設マネジメントに携わることに。
 政策推進課長の際にはスクラップ・アンド・ビルドの視点から、補助金の見直しなどに取り組んだ。「財政が厳しいのはベースとして常にあり、行革の取り組みをしながら新規事業にお金をかけていかなければいけなかった」と振り返る。それも、その後の公民連携への取り組みにつながっていく。
 「公民連携は、行政と民間をつなぐのではなく、民間と民間をつなぐのが究極の目的。少しずつ動き出している」と語る。
 昭和60年4月に別府市採用。「自治体の経営というのが話題になっている時期で、自分もそういった事に興味があった」と言う。平成22年に財産活用課長、23年に政策推進課長、27年に保険年金課長、28年に公民連携室長、29年に公民連携課長を歴任。
 「やってみないと正しいかどうかは分からない。現状維持は後退と同じ。常に変化をしていかないといけないと思っている」と言う。趣味は、写真。「30代の頃、秘書広報課にいって初めて一眼レフを手にして、興味を持った。7年程前からまた再開した」と言う。青山町在住。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気