本紙購読

特集ページ

« 明豊中・高で平成30年度入学式 | メイン | 杵築の若宮八幡社で春季大祭 »

2018年4月 6日 (金)

男女同権の模範!

 大相撲巡業の際、京都府舞鶴市長救命のため、土俵に上った女性看護師を、「下りて!」のアナウンスは行司が行った。大相撲の伝統を汚すということらしい。
 ここでふと気が付いた。最近世間を騒がせる話題の根底には、女性差別、蔑視の風潮が今だにある事を。
 森友学園の公文書改ざんは安倍首相夫人への忖度が財務省にあったのではないかという疑惑。人々の心の中には、「総理大臣の妻のくせに……」という、議員夫人へ「内助の功」を求める思いがある。
 稲田朋美防相時代の陸自の「日報」問題が再燃。当時ハイヒールを履いた弁護士出身の彼女は、陸海空幕長に対し理づめで法例解釈を求め、部下諸官の反発をかった。「女のくせに……」があった。防衛文書は公表することで政治利用されるケースがよくある。制服組はこれを嫌ったという一面もある。
 大相撲巡業では、男が命のやり取りをする聖域(土俵)に「不浄の女が上るとは……」という意識が今も続く。
 社会は戦後確実に男女同権の意識のもとに、凄まじい勢いで変革されようとしているのに、国会、軍隊、相撲界は、相変わらずのままか。誠に情けない。
 我が今日新聞社員は男女同数。全く同じ職場環境にあり、完全な男女同権。管理職も同数で、福利厚生は比較的女性が優位だが、就業に対する環境作りは女子社員の配慮が大きい。彼女達の機嫌を損ねようものなら、日々の刊行に多大の影響が出る。「百も承知、二百も合点だ!」―――おい!国会、軍隊、相撲界!今日新聞社を見習え!
     (陽)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気