本紙購読

特集ページ

« 急傾斜地崩壊危険箇所の点検など | メイン | 別府市が職員の非常招集訓練 »

2018年4月25日 (水)

内竈大人・こども食堂が開店

 内竈大人・こども食堂(渡邊和子代表)が24日午前11時、内竈9組の(有)渡辺土木内で開店した。同町の住民など12人が参加した。

04253

 渡邊代表が、地域のために何かしたいと考え、別府市ボランティア連絡会の野中博美会長に相談し、大人と子どもの交流の場となる「食堂」を立ち上げることにした。今回は大人が対象。子どもは夏休み・冬休み・春休みなどの長期休校のときに参加してもらう。また、子どもにどんな料理を出すかなどの打ち合わせも行った。
 始めに渡邊代表が「何を用意してよいか分からなかったので、今回は山菜づくしにしました。感想を言ってもらえれば、次に反映させていきたいと思います」とあいさつした。
 今回は、ちらしずし、ワカメのお吸い物、ワラビとタケノコの煮付け、フキとシイタケの煮付け、ポテトサラダ、ホウレンソウのごま和え、タケノコの木の芽和え、酢レンコン、唐揚げを食卓へ。
 食材は、内竈で取れたもの。「地産地消」で参加者は「美味しい!」と舌鼓を打った。
 また、希望者は入浴もできる。今回は、「現代の名工」でもある恒松恵典内竈自治会長がお風呂に花を生け、参加者は驚きの声を上げていた。
 参加した岡田浩子さん(75)は「山菜づくしで、美味しかった。また、薄味で食べやすく、味付けが優しい。食事代も安く、魅力的。みんなとワイワイ言って、楽しめた」と話した。
 次回は、5月23日を予定。食事代は大人300円、子ども200円。
 参加申し込みや問い合わせは、渡邊代表(電話67―8273)まで。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気