本紙購読

特集ページ

« 鶴嶺会第13回生が同窓会でお花見 | メイン | 「日報」の問題とは »

2018年4月 7日 (土)

実相寺多目的グラウンドGオープン

 実相寺多目的グラウンドのグランドオープンイベントが7日午前10時から行われ、午後4時まで行われ、無料開放されて多くのスポーツ愛好者で賑わった。

0407ta2_2

 午前10時から式典があり、長野恭紘別府市長が「1年前と比べると素晴らしいグラウンドとなり、オープンを迎えることが出来ました。昨年4月には皆で芝をまいた時は、こんな感じは想像ができなかったと思う。サンウルブズにキャンプに来てもらうなど、評価の高いグラウンドだが、一番の願いは、市民ができるだけ多くこのグラウンドを使うこと。皆の歓声が響くグラウンドに育ててほしい」。
 来賓の森大輔市議会副議長(議長代理)は「ラグビーW杯のキャンプ誘致をきっかけに整備を行ってきた。このグラウンドでキャンプをしてもらえるように、関係機関・団体と一丸となって取り組んでいきたい」。別府市ラグビーフットボール協会長でもある西謙二別府商工会議所会頭も「素晴らしいグラウンドが出来たと感動でいっぱい。別府の誇り。世界に別府を発信し、素晴らしい交流ができると思う」と祝辞を述べた。

0407tb2

 ストレッチ体操をした後、餅まき。11時から無料開放がスタート。ミニラグビー、ミニサッカー、グラウンドゴルフ、ニュースポーツ、ウォーキング等があり、好きな競技を体験した。参加者は「素晴らしいグラウンドが出来た」と喜び、気持ちの良い汗を流した。

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気