本紙購読

特集ページ

« ジビエ使いギョウザ作りに挑戦 | メイン | 河野義博参議院議員が表敬訪問 »

2018年5月 1日 (火)

別府市子連定期総会に34人出席

 別府市子ども会育成会連合会(池辺栄治会長)は平成30年度定期総会を4月29日午後3時半、市中央公民館講座室で開催し、34人が出席した。

05012_3

 総会では、表彰状贈呈を行った池辺会長が「子ども会は現在、非常に厳しいですが、天満子ども会の温泉まつりへの参加や春木川校区の桜丘子ども会が市子連に加入してくれたりと嬉しいことがありました。今年度も会員増をめざして、頑張っていきます」とあいさつ。
 来賓の長野恭紘別府市長が「温泉まつりの湯・ぶっかけまつりへの参加など、別府市でなければできない貴重な経験をする子どもが増えたことはありがたいと思います。子ども会は、貴重な体験や経験ができる場です。これからも行政、市教委、地域と連携しながら、機会の創出などを考えていく」。
 森大輔別府市議会副議長(議長代理)は「家庭はもちろん、学校、行政が大切な役割を担っていますが、近年、地域の触れ合いの中で子どもを育てることが重要視されています。地域社会の中で、子どもと大人が一緒に成長していくためにも、子ども会の活動は必要です。」がそれぞれ祝辞を述べた。
 また、寺岡悌二市教育長、高橋修司教育次長兼社会教育課長、市子連顧問の首藤正・子ども会を支える市議会議員連盟会長(市議)が紹介された。
 池辺会長を議長に議事に入り、昨年度の理事会、総務部、文化部、体育部、研修部、ジュニアリーダースクラブの行事、決算、監査が報告された。
 役員改選(任期1年)があり、池辺会長、副会長に後藤智さん(担当、総務部・体育部)、大鍜治光子さん(文化部)、山川忠臣さん(JL部)、溝部雅宏さん(研修部)、糸永成二郎事務局長の7人がそれぞれ再任した。
 今年度の行事計画は、絵画教室、市子連夏休み児童絵画作品コンクール、第37回県子連芸能文化祭の参加、第41回冬だ!「わくわく広場inおじか&城島」など、それぞれ総務部、体育部、研修部、ジュニアリーダースクラブの計40行事計画と予算が承認された。
 被表彰者は、次のとおり。(敬称略)
 ▽永年健全育成寄与=重石英治(朝日校区馬場子ども会)、秋月るみ(山の手校区西地区中島町子ども会)、上村松治(南校区、浜脇地区浦田子ども会)

google

  • 検索(β)

    サイト内検索
    ウェブ全体から検索

大分の天気